青春映画のネタバレ

「ランブルフィッシュ」のネタバレあらすじ結末

ランブルフィッシュの紹介:1983年アメリカ映画。兄に憧れ続ける少年の繊細な心情を巧みに描いた青春映画。「バイクボーイ」と呼ばれ、皆から一目置かれる存在の兄。弟ラスティはいずれ兄のようになれると盲目的に信じていたが、2か月ぶりに街に帰って来た兄は変わっていた。喧嘩を厭い、魚に心を奪われる兄の姿にラスティは困惑する。原作はS・E・ヒントンの小説。
監督:フランシス・フォード・コッポラ 出演者:マット・ディロン(ラスティ・ジェームズ)、ミッキー・ローク(バイクボーイ)、ダイアン・レイン(パティ)、デニス・ホッパー(ラスティとバイクボーイの父)、ダイアナ・スカーウィッド(カサンドラ)ほか

「恋の渦」のネタバレあらすじ結末

恋の渦の紹介:2013年日本映画。演劇作品の映画化で、「モテキ」の大根仁監督の第二作目の長編映画。山本政志監督主催のワークショップ「シネマ・インパクト」内の企画として制作。「部屋コン」で知り合った男女9人の本音、嘘、エゴが交錯する恋愛模様を描く。
監督:大根仁 出演:新倉健太(コウジ)、若井尚子(トモコ)、柴田千紘(カオリ)、後藤ユウミ(ユウコ)、松澤匠(ユウタ)ほか

「おもいでの夏」のネタバレあらすじ結末

おもいでの夏の紹介:1970年アメリカ映画。避暑地での少年の初体験を甘美に描いた青春映画。地味な内容ながらアメリカ国内で評判を呼び、ゴールデングローブ賞で作品賞と監督賞を受賞。アカデミー賞でもミシェル・ルグランが作曲賞を獲得した。
監督:ロバート・マリガン 出演:ジェニファー・オニール(ドロシー)、ゲーリー・グライムス(ハーミー)、ジェリー・ハウザー(オシー)、オリヴァー・コナント(ベンジー)

「君の膵臓をたべたい」のネタバレあらすじ結末

君の膵臓をたべたい(キミスイ)の紹介:2017年日本映画。住野よるのベストセラー小説「君の膵臓をたべたい」を実写映画化した青春ドラマ。高校教師生活6年目を迎えた【僕】は辞職を考えながらぼんやりとした日々を過ごす。ふと、彼はかつて唯一の「友達」だった山内桜良の事を思い出す。クラスの人気者、桜良は誰にも言えない「秘密」を抱えていて、「僕」こと、春樹はその秘密に徐々に触れてゆく。余りにも儚い2人の過去と現在。そして、誰にでも起きる日常の生と死を描く。「君の膵臓をたべたい」このタイトルの意味とは?
監督:月川翔 出演:浜辺美波(山内桜良)、北村匠海(【僕】志賀春樹)、大友花恋(恭子)、矢本悠馬(ガム君/宮田一晴)、桜田通(委員長)、森下大地(栗山)、上地雄輔(宮田一晴)、北川景子(恭子 12年後)、小栗旬(【僕】12年後)、ほか

「裸足の季節」のネタバレあらすじ結末

裸足の季節の紹介:2015年フランス,トルコ,ドイツ映画。世界中の映画祭で数々の賞を受賞し、アカデミー賞外国語映画賞にもノミネートされた作品。古い慣習がはびこるトルコの村に住む5人の美しい姉妹。周囲の大人達は、思春期を迎えた彼女らに結婚を強要することが当然だと考えている。自由に生きる道を求めて、末っ子のラーレは村からの脱出を試みる。エルギュヴェン監督の実体験も影響したという本作は、女性ならではの繊細な視点とやわらかな色彩映像が際立っている。
監督:デ二ズ・ガムゼ・エルギュヴェン 出演者:ギュネシ・シェンソイ(ラーレ)、イライダ・アクドアン(ソナイ)、トゥーバ・スングルオウル(セルマ)、エリット・イシジャン(エジェ)、ドア・ドゥウシル(ヌル)、ニハル・コルダシュ(祖母)、アイベルク・ペキジャン(エロル)ほか

「オン・ザ・ロード」のネタバレあらすじ結末

オン・ザ・ロードの紹介:2012年フランス,ブラジル映画。1940年台後半のヒッピー時代の自由奔放な放浪生活をテーマとした作品です。ジャック・ケルアックの自伝的小説「オンザロード」を原作に、アメリカを旅する若者達のドラマが描かれます。
監督:ウォルター・サレス 出演者:サム・ライリー(サル・パラダイス)、ギャレット・キャサディ(ディーン・モリアーティ)、クリステン・スチュワート(メリールウ)、キルスティン・ダンスト(カミール)、ヴィゴ・モーテンセン(オールド・ブル・リー)ほか

「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?(実写版)」のネタバレあらすじ結末

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?の紹介:1993年日本映画。1993年に放送された同名テレビドラマを岩井俊二監督が再編集して1995年に映画版「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」として制作したものです。転校を控えた少女と、彼女との駆け落ちを考える二人の仲良し少年の甘酸っぱい青春を描いており、物語はやがて二つの異なる展開へと突き進んでいきます。「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」は、2017年8月に菅田将暉と広瀬すずのダブル主演(声優)でアニメ映画化もされました。岩井俊二監督はこの作品で日本映画監督協会新人賞を受賞しました。
監督:岩井俊二 出演者:山崎裕太(典道)、奥菜恵(なずな)、反田孝幸(祐介)、ランディ・ヘブンス(和弘)、小橋賢児(純一)ほか

「グミ・チョコレート・パイン」のネタバレあらすじ結末

グミ・チョコレート・パインの紹介:2007年日本映画。大槻ケンヂの同名小説を盟友ケラリーノ・サンドロヴィッチが映画化した作品です。冴えない高校生がアンダーグラウンドなロックや憧れの同級生との出会いなどを経験していくストーリーです。
監督:ケラリーノ・サンドロヴィッチ 出演者:石田卓也(大橋賢三)、黒川芽以(山口美甘子)、森岡龍(川本良也(カワボン))、金井勇太(小久保多久夫(タクオ))、大森南朋(現在の大橋賢三)ほか

「ガチ☆ボーイ」のネタバレあらすじ結末

ガチ☆ボーイの紹介:2007年日本映画。プロレスの試合を見ていた五十嵐良一はプロレス研究会を訪れた。そこはガチンコのプロレスではなく作戦プロレスだった。熱心に学び事細かにメモを取った。だが2ヶ月経っても段取りを覚えられない。初試合でめちゃくちゃの試合をした。良一は事故に遭い眠るとその日の記憶が無くなる病気になったのだ。毎朝自分の書いたノートで事故以降の出来事を知るのであった。
監督:小泉徳宏 出演:佐藤隆太(五十嵐良一/マリリン仮面)、サエコ(朝岡麻子)、向井理(奥寺千尋/レッドタイフーン)、仲里依紗(五十嵐茜)、川岡大次郎(佐田正樹/ドロップキック佐田)、ほか

「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」のネタバレあらすじ結末

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだらの紹介:2011年日本映画。「もしドラ」の愛称で大ヒットとなった岩崎夏海の同名小説を映画化したもので、病に倒れた親友の代わりに万年弱小の野球部マネージャーになった女子高生が、ピーター・F・ドラッカーの書いたマネジメント本を手に部の改革を進めていく姿を描いた青春ドラマです。
監督:田中誠 出演者:前田敦子(川島みなみ)、瀬戸康史(浅野慶一郎)、峯岸みなみ(北条文乃)、池松壮亮(柏木次郎)、川口春奈(宮田夕紀)、大泉洋(加地誠)ほか

「中学生円山」のネタバレあらすじ結末

中学生円山の紹介:2012年日本映画。団地に住んでいる円山は色んな妄想をしては楽しんでいる平凡な中学生です。そんな中、下井というシングルファーザーが上の階に引っ越してきます。ある日、近所で殺人事件が発生します。円山はもし下井が犯人だったらという妄想をしていくようになりますが、その妄想は半分が現実であることがわかります。監督・脚本が宮藤官九郎さん、下井役に草彅剛さんが演じています。
監督・脚本:宮藤官九郎 出演:草なぎ剛(下井辰男)、平岡拓真(円山克也)、鍋本凪々美(円山あかね)、刈谷友衣子(清水ゆず香)、YOU(清水)、ほか

「東京フレンズ The Movie」のネタバレあらすじ結末

東京フレンズ The Movieの紹介:2006年日本映画。歌手・大塚愛の主演によるDVDドラマの続編にあたる劇場版です。田舎から上京してきた女性が、音楽や仲間たちとの出会いを通じて成長していく姿を描いています。
監督:永山耕三 出演者:大塚愛(岩槻玲)、松本莉緒(羽山ひろの)、真木よう子(藤木涼子)、小林麻央(我孫子真希)、瑛太(新谷隆司)ほか

「心が叫びたがってるんだ。(実写版)」のネタバレあらすじ結末

心が叫びたがってるんだ。の紹介:2017年日本映画。2015年公開の長編アニメ映画「心が叫びたがってるんだ。」を実写映画化。幼い頃のトラウマにより言葉を失った少女が、ミュージカルを通して心を開いていく姿を描く。NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」の芳根京子、Sexy Zoneの中島健人、佐藤浩市の息子の寛一郎が出演。
監督:熊澤尚人 出演:中島健人(坂上拓実)、芳根京子(成瀬順)、石井杏奈(仁藤菜月)、寛一郎(田崎大樹)、西山潤(三嶋樹)、福山康平(山路一春)、石井杏奈(仁藤菜月)ほか

「ひるなかの流星」のネタバレあらすじ結末

ひるなかの流星の紹介:2017年日本映画。映画版「ひるなかの流星」はやまもり三香の少女漫画を原作とした作品です。親の都合で東京の高校に転校してきた与謝野すずめが、担任教師の獅子尾五月と同級生で女嫌いの馬村大輝との間で揺れ動く様子を描く。
監督:新城毅彦 出演:永野芽郁(与謝野すずめ)、三浦翔平(獅子尾五月)、白濱亜嵐(馬村大輝)、山本舞香(猫田ゆゆか)、小野寺晃良(犬飼学 )、佐藤隆太(熊本諭吉)、ほか

「ひなぎく」のネタバレあらすじ結末

ひなぎくの紹介:1966年チェコスロヴァキア映画。ある姉妹が奔放に生きる様を映した映画です。この映画はチェコのヌーヴェルヴァーグの代表作であり、当時の社会情勢や時代背景などに詳しくないと、真に理解することは難しい作品です。ですが、独特なセンスや特殊な映像技法をいくつも盛り込んでいる実験映像的なところもあり、映像だけでも充分楽しめます。
監督:ヴェラ・ヒティロヴァ 出演者:マリエ1(イヴァナ・カルバノヴァー)、マリエ2(イトカ・ツェルホヴァー)ほか

1 2 3 4 5 6 7 8 16
TOP↑