青春映画のネタバレ

「青空エール」のネタバレあらすじ結末

青空エールの紹介:2016年日本映画。河原和音原作の人気コミック「青空エール」を、三木孝浩監督が映画化した青春映画。吹奏楽の名門高校に憧れて入学した女子高生小野つばさと、偶然にも同じ甲子園の映像を見て憧れて入学した同級生の野球部員山田大介がお互いへの気持ちを胸に、励まし合いながら甲子園への夢を追い実現に向かってある「約束」のため、全力で高校生活を走り抜ける青春ストーリー。
監督:三木孝浩 原作:河原和音 出演者:土屋太鳳(小野つばさ)、竹内涼真(山田大介)、葉山奨之(水島亜希)、堀井新太(城戸保志)、小島藤子(春日瞳)、松井愛莉(脇田陽万里)、平祐奈(澤あかね)、山田裕貴(碓井航太)/志田未来(森優花)、上野樹里(杉村容子)ほか

「フレフレ少女」のネタバレあらすじ結末

フレフレ少女の紹介:2008年日本映画。ひょんなことから、廃部寸前の応援団の応援団長になってしまったヒロインが、OBや仲間たちの支えにより成長し、応援の素晴らしさや楽しさに目覚め、活躍する姿を描いた青春ストーリー。
監督:渡辺謙作 出演者:新垣結衣(百山桃子)、永山絢斗(山本龍太郎)、柄本時生(遠藤譲二)、斎藤嘉樹(大坪泰平)、染谷将太(田村晃)、ほか

「木更津キャッツアイ ワールドシリーズ」のネタバレあらすじ結末

木更津キャッツアイ ワールドシリーズの紹介:2006年日本映画。人気テレビドラマ「木更津キャッツアイ」映画版の第2段です。余命宣告をされながらも前回まで元気に生きていた主人公ぶっさんですが、本作では亡くなっています。仲間たちはぶっさんとちゃんとお別れをしなかったため、「仲間とちゃんとお別れをしよう。」ということがテーマとされて、物語が進んでいきます。あいかわらず、はちゃめちゃでとんでもないストーリーですが、今回は仲間との別れが中心に描かれており、しんみりとした内容となっています。残されたものはちゃんと前を見て進んでいこうという意図がこの作品からは感じられます。
監督:金子文紀 出演:岡田准一(ぶっさん)、櫻井翔(バンビ)、岡田義徳(うっちー)、佐藤隆太(マスター)、塚本高史(アニ)、酒井若菜(モー子)ほか

「木更津キャッツアイ 日本シリーズ」のネタバレあらすじ結末

木更津キャッツアイ 日本シリーズの紹介:2003年日本映画。人気テレビドラマ「木更津キャッツアイ」映画版です。ドラマメンバーに加えてゲストを迎えて、はちゃめちゃだけどしんみりする作品をテレビ版よりスケールアップして製作しています。ドラマ放映当初は視聴率が悪く映画化の話などみじんも出なかったそうですが、なぜか深夜の再放送でブレイクして映画化となったという異色の経路を歩んでいる作品です。脚本は官藤官九郎なので、テンポ良くストーリーが進み、伏線も至るところにちりばめているので見どころがあります。
監督:金子文紀 出演:岡田准一(ぶっさん)、櫻井翔(バンビ)、岡田義徳(うっちー)、佐藤隆太(マスター)、塚本高史(アニ)、酒井若菜(モー子)ほか

「ピカ☆☆ンチ LIFE IS HARD だから HAPPY」のネタバレあらすじ結末

ピカ☆☆ンチ LIFE IS HARD だから HAPPYの紹介:2004年日本映画。前作「ピカンチ☆ LIFE IS HARDだけどHAPPY 」の続編映画です。前作から3年の月日が経っている設定です。前作では「大人になる」のを拒んでいた5人ですが、時の流れに流されて自分たちが嫌っていた大人への扉を開けてしまった状態の5人を描いています。作風は前回と同様におもしろくせつなく、5人の成長を描いています。この作品は大野智が演じる春彦の出番が多く彼を中心に物語が進みます。逆に他のドラマ出演で忙しかった松本潤の出演時間は短いものとなっています。それでも5人のゆるぎない友情は違和感なく感じることができる作品です。
監督:堤 幸彦 出演:相葉雅紀(岡野瞬)、松本潤(二葉廉太郎)、二宮和也(恩田琢磨)、大野智(貴田春彦)、櫻井翔(鴨川忠)、井ノ原快彦(鴨川かもめ)ほか

「ピカ☆ンチ LIFE IS HARD だけど HAPPY」のネタバレあらすじ結末

ピカ☆ンチ LIFE IS HARD だけど HAPPYの紹介:2002年日本映画。人気アイドル嵐がまだブレイクする前の5人揃って出演している映画です。先輩であるV6の井ノ原さんが自身の青春時代を描いた作品です。品川区の巨大マンモス団地である八潮団地に暮らす5人の友情と青春を描いています。5人が全く性格も境遇も違う団地に住む青年を好演しています。
監督:堤 幸彦 出演:相葉雅紀(岡野瞬)、松本潤(二葉廉太郎)、二宮和也(恩田琢磨)、大野智(貴田春彦)、櫻井翔(鴨川忠)、井ノ原快彦(鴨川かもめ)ほか

「あしたの私のつくり方」のネタバレあらすじ結末

あしたの私のつくり方の紹介:2007年日本映画。傷つきたくがないために偽りの自分を演じてしまう思春期の少女たちが、傷つき悩みながらも本当の自分を模索し、成長していく過程を描いた作品。真戸香の小説が原作となっています。
監督:市川準 出演:成海璃子(大島寿梨)、前田敦子(花田日南子)、高岡蒼甫(田村博之)、近藤芳正(古垣賢一)、奥貫薫(日南子の母)、ほか

「愛と誠(2012年)」のネタバレあらすじ結末

愛と誠の紹介:2012年日本映画。梶原一騎の情熱的愛情を炸裂させた、漫画原作。三池崇史監督による、ミュージカル仕立ての、アクションありラブストーリー。今回は、武井咲主演の「角川・東映版」。
監督:三池崇史 出演:妻夫木聡(太賀誠)、武井咲(早乙女愛)、斎藤工(岩清水弘)、大野いと(高原由紀)、安藤サクラ(ガムコ)、前田健(先生)、加藤清史郎(太賀誠(幼少期))、一青窈(早乙女美也子)、ほか

「僕たちは世界を変えることができない。」のネタバレあらすじ結末

僕たちは世界を変えることができない。の紹介:2011年日本映画。原作は、葉田甲太によるノンフィクション小説。2005年夏、医大に通う田中甲太は、イベントサークルなどに入り、楽しい毎日を過ごしていたが、どことなく物足りない毎日…。そんな、日常を非日常に変える、一冊のパンフレットに、目を奪われる。
監督:深作健太 出演:向井理(田中甲太)、松坂桃李(本田充)、柄本佑(芝山匡史)、窪田正孝(矢野雅之)、村川絵梨(久保かおり)、黒川芽以(デリヘル嬢・ルナ)、江口のりこ(篠崎奈緒)、黄川田将也(IT企業の社長)、リリー・フランキー(バーのマスター)、阿部寛(近藤教授)、ほか

「鴨川ホルモー」のネタバレあらすじ結末

鴨川ホルモーの紹介:2009年日本映画。京都を舞台に、大学生の主人公が謎のサークルに入部し、摩訶不思議な経験をする姿を、コメディタッチで描いた青春エンターテイメント作品。万城目学のベストセラー小説が原作となっています。
監督:本木克英 出演者:山田孝之(安倍明)、栗山千明(楠木ふみ)、濱田岳(高村幸一)、芦名星(早良京子)ほか

「ラフ ROUGH」のネタバレあらすじ結末

ラフ ROUGHの紹介:2006年日本映画。漫画家あだち充の代表作品の「ラフ」を映画化したものです。高校の水泳部を舞台に若者の青春がピュアに描かれています。あだち作品で得意とする三角関係の恋模様が、青春ストーリーに上手く溶け込んで表現されています。長澤まさみ主演で、彼女のスタイルの良さが物語の人物に合致しており、原作を知る人にもわりと違和感なく見ていられる作品となっています。あだち作品の「ラフ」は他の作品に比べて知名度は低い方ですが、内容としては評価が高く、青春時代を思い出して映画のストーリーに浸る意味では、もってこいの作品であるとも言えます。厳しい見方をすると物足りなさを感じる人もいるかもしれませんが、今青春まっただ中の人にも、かつての昔の青春時代を思い出したい人にも見て損はない映画です。

「ローラーガールズ・ダイアリー」のネタバレあらすじ結末

ローラーガールズ・ダイアリーの紹介:2009年アメリカ映画。女優ドリュー・バリモアの長編映画監督デビュー作品。米国で1960年代から流行したローラーゲームを題材とした映画。アメリカの田舎町で平凡な日々を過ごす女子高生が、ローラーゲームに魅了されて猛特訓をこなしながら成長していく姿を描く。
監督:ドリュー・バリモア  出演者:エレン・ペイジ(ブリス・キャヴェンダー)、マーシャ・ゲイ・ハーデン(ブルック・キャヴェンダー)、クリステン・ウィグ(マギー・メイヘム)、ドリュー・バリモア(スマッシュリー・シンプソン)ほか

「カクテル」のネタバレあらすじ結末

カクテルの紹介:1988年アメリカ映画。世界的大スター、トム・クルーズが20代の頃に出演した映画。一攫千金を夢見た青年が成功と挫折を乗り越えて、本当の幸福を手にします。トム・クルーズが扮する、バーテンダーのパフォーマンスは一見の価値があります。
監督:ロジャー・ドナルドソン 出演者:トム・クルーズ(ブライアン・フラナガン)、ブライアン・ブラウン(ダグ・コーグリン)、エリザベス・シュー(ジョーダン・ムーニー)、リサ・ベインズ(ボニー)、ローレンス・ラッキンビル(リチャード・ムーニー)ほか

「森山中教習所」のネタバレあらすじ結末

森山中教習所の紹介:2016年日本映画。夏休み。ノーテンキな大学生・清高と、ネクラなヤクザの組員・轟木は高校の同級生。ある日とんでもない再会をし、同じ教習所に通うこととなります。清高は教官・サキ(麻生久美子)に恋心を抱き始め、美しくて甘酸っぱい夏休みが平穏に過ぎていくと思っていましたが・・・!?少年のようにフリーダムな清高と、高校を中退しヤクザの道へ足を踏み入れた轟木。たった一度の短い夏休みがふたりの人生を変えるのか!?変えないのか!?ノーテンキな大学生とネクラなヤクザが起こすひと夏の化学反応!ちょっと“キケン”な青春映画。

「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」のネタバレあらすじ結末

ぼくたちと駐在さんの700日戦争の紹介:2008年日本映画。イタズラ好きの高校生たちと駐在さんが繰り広げるイタズラの攻防戦を描いた抱腹絶倒のコメディー。登場人物たちの人情味あふれるキャラクターに思わず引き込まれてしまう作品となっています。
監督:塚本連平 出演者:市原隼人(ママチャリ)、佐々木蔵之介(駐在さん)、麻生久美子(加奈子)、石田卓也(西条)ほか

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
TOP↑