青春映画のネタバレ

「秋津温泉」のネタバレあらすじ結末

秋津温泉の紹介:1962年日本映画。藤原審爾の自伝的小説の映画化で、温泉場を舞台に戦時中から戦後にかけての一組の男女の交情を描く。キネマ旬報ベストテンでは10位に入選。岡田茉莉子の「映画出演百本記念作品」として製作。彼女が企画・衣装も担当している。のちに夫となる吉田喜重監督にとっても出世作となった。
監督:吉田喜重 出演:岡田茉莉子(新子)、長門裕之(河本周作)、日高澄子(お民)、宇野重吉(松宮謙吉)

「I love ペッカー」のネタバレあらすじ結末

I love ペッカーの紹介:1998年アメリカ映画。写真を撮る事が好きなペッカーは、いつもカメラを持ち歩き家族や友人知人を被写体に写真を撮っていた。働いているハンバーガーショップの店内で展示会をすることにしたペッカーは写真を撮りながら友人知人招待する。そこで偶然ニューヨークのアートディーラーのローリィがペッカーの写真を目にしたことで、ニューヨークで個展を開くことに。ペッカーの写真は一夜にしてニューヨークのアート界で脚光を浴び静かだったボルチモアの町が大騒ぎになる。
監督:ジョン・ウォーターズ 出演:エドワード・ファーロング(ペッカー)、クリスティーナ・リッチ(シェリー)、マーク・ジョイ(ジミー)、メアリー・ケイ・プレイス(ジョイス)、ほか

「恋する惑星」のネタバレあらすじ結末

恋する惑星の紹介:1994年香港映画。香港の無法地帯・九龍の雑居ビル「重慶大厦」と飲食店「ミッドナイト・エキスプレス」を舞台に、刑事と麻薬密売人の女、もう一人の刑事と飲食店で働く女という2組の男女の恋愛模様を斬新な映像美でポップに描いた作品です。
監督:ウォン・カーウァイ 出演者:トニー・レオン(警官663号)、フェイ・ウォン(フェイ)、ブリジット・リン(謎の金髪女)、金城武(警官223号)、チャウ・カーリン(キャビンアテンダント)ほか

「ミーン・ガールズ」のネタバレあらすじ結末

ミーン・ガールズの紹介:2004年アメリカ映画。アフリカから転校してきた主人公のケイディ。これまでは両親とともに自宅学習で勉強をしてきたため、学校に通うのは初めて。転校した高校には、プラスチックスという学校のアイドル女子3人組がいて、ケイディはその3人組のボスであるレジーナに気に入られプラスチックスに加入することに。
監督:マーク・ウォーターズ 出演者:リンジー・ローハン(ケイディ・ハーロン)、レイチェル・マクアダムス(レジーナ)、レイシー・シャーベル(グレッチェン)、アマンダ・セイフライド(カレン)

「若葉のころ」のネタバレあらすじ結末

若葉のころの紹介:2015年台湾映画。青春時代の淡い初恋を、すれ違いのままに終わらせて大人になったワンとリン。ワンは離婚をし、娘のバイはあの頃と同じ17歳の日々を過ごしていました。ある時、ワンが交通事故にあってしまいます。バイは母親のパソコンにリンへの未送信メールを見つけるのでした。
監督:ジョウ・グーダイ 出演者:バイ(ルウルウ・チェン)、ワン(アリッサ・チア)、リン(リッチー・レン)、イエ(アンダーソン・チェン)、ウエン(シャオ・ユーウェイ)ほか

「愛と青春の旅だち」のネタバレあらすじ結末

愛と青春の旅だちの紹介:1982年アメリカ映画。自堕落な元兵士の父と、それに反発するかのように海軍に入隊する息子。ある海軍士官生の青春と成長を、士官養成学校での厳しい日々や育まれる仲間との友情、そして町工場の女とのロマンスを通じて描いた作品です。
監督:テイラー・ハックフォード 出演者:リチャード・ギア(ザック・メイヨ)、デブラ・ウィンガー(ポーラ・ポリフキ)、ルイス・ゴセット・ジュニア(エミール・フォーリー軍曹)、デヴィッド・キース(シド・ウォーリー)、ロバート・ロッジア(バイロン・メイヨ)ほか

「トイレのピエタ」のネタバレあらすじ結末

トイレのピエタの紹介:2015年日本映画。手塚治虫が死の間際に遺した原案メモを元に映画化した作品で、野田洋次郎(RADWIMPS)の俳優デビュー作にして初主演作です。余命わずかなフリーターと女子高生の純粋で切実なラブストーリーです。
監督:松永大司 出演者:野田洋次郎(園田宏)、杉咲花(宮田真衣)、リリー・フランキー(横田亨)、大竹しのぶ(園田智恵)、宮沢りえ(橋本敬子)ほか

「狂った果実」のネタバレあらすじ結末

狂った果実の紹介:1956年日本映画。石原慎太郎が原作の同名小説を自らの脚本と弟・石原裕次郎の主演で映画化した作品です。夏の逗子海岸を舞台に、対照的な人生を歩む兄弟が魅惑的な美女との出会いを機に人生を狂わせていく姿が描かれています。
監督:中平康 出演者:石原裕次郎(滝島夏久)、津川雅彦(滝島春次)、北原三枝(天草恵梨)、岡田眞澄(平沢フランク)、ハロルド・コンウェイ(恵梨の夫)ほか

「通学シリーズ 通学途中」のネタバレあらすじ結末

通学シリーズ 通学途中の紹介:2015年日本映画。スマホ小説の映像化作品で、同シリーズの「通学電車」と世界観を共有した作品です。恋に奥手な女子高生が惚れた相手には既に彼女がいました。そんな女子高生を見守る美術部の男。彼らの恋の行方は…。
監督:川野浩司 出演者:中川大志(コウ)、森川葵(ユキ)、藤本泉(ユカ)、赤楚衛二(キョースケ)、千葉雄大(ハル)ほか

「通学シリーズ 通学電車」のネタバレあらすじ結末

通学シリーズ 通学電車の紹介:2015年日本映画。スマホ小説シリーズの映像化作品で、「通学途中」と世界観を共有しています。通学中の電車に乗り合わせる男に片想いをした女が不思議な出来事に巻き込まれていく姿を描いていたラブストーリーです。
監督:川野浩司 出演者:千葉雄大(ハル)、松井愛莉(ユウナ)、吉沢亮(トモ)、阿部菜渚美(ナナ)、藤本泉(ユカ)ほか

「銀の匙 Silver Spoon」のネタバレあらすじ結末

銀の匙 Silver Spoonの紹介:2013年日本映画。「鋼の錬金術師」で一世を風靡した荒川弘先生の最新作、「銀の匙」を実写映画化。作者本人が農家出身であるため、農家の実情に迫ったリアリティある作品に仕上がっている。
監督:吉田恵輔 出演:中島健人(八軒勇吾)、広瀬アリス(御影アキ)、市川知宏(駒場一郎)、吹石一恵(富士先生)、上島竜兵(校長先生)、黒木華(南九条あやめ)、哀川翔(アキの叔父)、竹内力(アキの父)、中村獅童(中島先生)

「僕と世界の方程式」のネタバレあらすじ結末

僕と世界の方程式の紹介:2014年アメリカ映画。他人と上手くコミュニケーションがとれない発達障害を抱えた少年ネイサン。大好きだった父親を亡くし、自分の殻に閉じこもっていたネイサンが、国際数学オリンピックを目指す中で、大切なものを見つける物語です。2006年の同オリンピックに参加した英国チームに焦点を充てたドキュメンタリー映画 “Beautiful Young Mind” がベースになっており、同じ監督が手がけています。
監督:モーガン・マシューズ 出演者:エイサ・バターフィールド(ネイサン)、サリー・ホーキンス(ジュリー)、レイフ・スポール(マーティン)、ほか

「不良少女モニカ」のネタバレあらすじ結末

不良少女モニカの紹介:1952年スウェーデン映画。ベルイマンが「夏の夜は三たび微笑む」によって国際的に認められる直前に発表した佳作。当時「カイエ・デュ・シネマ」の評論家だったゴダールやトリュフォーなどがその新鮮な描写をほめ称えた。
監督:イングマール・ベルイマン 出演:ハリエット・アンデルソン(モニカ)、ラルス・エクボルイ(ハリー)、ジョン・ハリソン(レッレ)、ナエミ・ブリエセ(モニカの母)

「ぼくとアールと彼女のさよなら」のネタバレあらすじ結末

ぼくとアールと彼女のさよならの紹介:2015年アメリカ映画。どこのグループにも属さずただ日々をやり過ごしている高校生グレッグ。彼の趣味は友人のアールと映画を作ることだ。もはやグレッグは、アールは友達というより、映画の共同制作者だとすら思っている。ある日、母親の友達の娘であり、自分と同級生の女の子レイチェルが白血病だということを知らされる。グレッグの母親は、こんな時だからこそレイチェルと友達になりなさいと、強制的にグレッグをレイチェルの家に連れて行くのだった。
監督:アルフォンソ・ゴメス=レホン 出演者:トーマス・マン(グレッグ)、オリヴィア・クック(レイチェル)、RJ・サイラー(アール) ほか

「DOPE/ドープ!!」のネタバレあらすじ結末

DOPE/ドープ!!の紹介:2015年アメリカ映画。ファレル・ウィリアムスが製作総指揮&音楽担当ということで、公開前から話題となっていた作品。「ドープ」とは違法な薬物のことだが、「素晴らしい」の意味もある。90年代のファッションとヒップホップを愛する成績優秀な高校生が、スラム街の生活から抜け出すために奮闘する青春ドラマ。
監督:リック・ファムイーワ 出演者:シャメイク・ムーア(マルコム)、トニー・レヴォロリ(ジブ)、カーシ―・クレモンズ(ディギー)、ゾーイ・クラヴィッツ(ナキア)、シャネル・イマン(リリー)、エイサップ・ロッキー(ドム)、ブレイク・アンダーソン(ウィル)、キンバリー・エリス(リサ)ほか

1 2 3 4 5 6 7 8 9 16
TOP↑