ドラマ映画のあらすじ

「スノーデン」のネタバレあらすじ結末

スノーデンの紹介:2016年アメリカ映画。2013年6月、一人の人間によってある情報が暴露される。政府による民間人への無差別監視。その仕事を任されていた彼は事の重大さに黙っていられなくなった。そして自らの危険を顧みず公表、世間は政府の実態に反感を買い政府はその男を追うことになる。男の名前はスノーデン、正義の為に国に尽くした29歳のアメリカ人である。2013年に実際に起きた暴露事件の映画化。監督は「プラトーン」でゴールデングローブ賞等の受賞歴を持つオリバー・ストーン。
監督:オリヴァー・ストーン 出演:ジョセフ・ゴードン=レヴィット(エドワード・スノーデン)、シェイリーン・ウッドリー(リンゼイ・ミルズ)、メリッサ・レオ(ローラ・ポイトラス)、ザカリー・クイント(グレン・グリーンウォルド)、ニコラス・ケイジ(ハンク・フォレスター)、ほか

「Dolls ドールズ」のネタバレあらすじ結末

Dolls ドールズの紹介:2002年日本映画。近松門左衛門作の人形浄瑠璃『冥途の飛脚』をモチーフに、報われない愛に翻弄される男女の姿を描く。勤め先の社長令嬢と結婚するため恋人佐和子を捨てた松本。何十年も昔の男を待ち続ける良子。元トップアイドル春奈と熱狂的なファン温井。それぞれに愛を得ようともがく彼らは、希望が見え始めた時再び闇に突き落とされる。
監督:北野武 出演者:菅野美穂(佐和子)、西島秀俊(松本)、三橋達也(親分)、松原智恵子(良子)、深田恭子(春奈)、武重弁(温井)ほか

「ヘルプ 心がつなぐストーリー」のネタバレあらすじ結末

ヘルプ 心がつなぐストーリーの紹介:2011年アメリカ映画。1960年代、まだ人種差別が多く残るミシシッピ州でユージニアはある編集社へ面接に出かけた。結果は合格、しかしもらった仕事は家庭の知恵のコラムだった。そこでユージニアは知り合いの家政婦であるエイビリーンに話を聞くことに。だが以前から不思議に感じていた感情が大きくなったユージニアは思い切ってある本を執筆することにする。白人に家政婦としてこき使われる黒人女性の気持ち、それを全て書き綴った本を出そうと考えた。原作はキャスリン・ストケットの小説「ヘルプ 心がつなぐストーリー」。
監督:テイト・テイラー 出演:エマ・ストーン(スキーター)、ヴィオラ・デイヴィス(エイビリーン)、オクタヴィア・スペンサー(ミニー)、ブライス・ダラス・ハワード(ヒリー)、ほか

「幸せなひとりぼっち」のネタバレあらすじ結末

幸せなひとりぼっちの紹介:2015年スウェーデン映画。妻に先立たれ会社はクビになった頑固者のオーヴェ、しかし妻の後を追おうとするたびに、不思議な縁で人と繋がり、彼の心は開いてゆく。フレドリック・バックマンのベストセラー小説をもとにした人間ドラマ。
監督:ハンネス・ホルム 出演:ロルフ・ラッスゴード(オーヴェ)、イーダ・エングヴォル(ソーニャ)、バハール・パルス(パルヴァネ)、ほか

「誰のせいでもない」のネタバレあらすじ結末

誰のせいでもないの紹介:2015年ドイツ,カナダ,フランス,スウェーデン,ノルウェー映画。雪道の偶然の事故で作家トマスの自動車は一人の子供を死なせてしまう。誰のせいでもないその事故によって人生を変えられた人々の12年間を3Dで表現した野心作。
監督:ヴィム・ヴェンダース 出演者:ジェームズ・フランコ(トマス)、 シャルロット・ゲンズブール(ケイト)、レイチェル・マクアダムズ(サラ)、マリ=ジョゼ・クローズ(アン)、ロバート・ネイラー(クリストファー)ほか

「仮面の男」のネタバレあらすじ結末

仮面の男の紹介:1998年アメリカ映画。アレクサンドラ・デュマの「ダルタニャン物語」の「鉄仮面」をベースに映画化された作品です。ディカプリオの代表作とも言えます。フランス王朝の鉄仮面伝説、三銃士、王妃とダルタニアンとの秘められた恋など、歴史的に魅力的な逸話が随所にちりばめられている。フランス王朝の豪華な雰囲気、牢屋の不気味な雰囲気、ロマンスあり、アクションありの作品。昔、双子は不吉だと言われ、片方は光の元に晒されて片方は影のように生きなければならなかったという逸話があり、その光の元に晒された方が悪政をして民を苦しめていたとしたら、周りはどうするかという展開です。
監督: ランダル・ウォレス 出演者: レオナルドディカプリオ(一人二役:ルイ14世・フィリップ)、ジョン・マルコヴィッチ(アトス)、ジェレミー・アイアンズ(アラミス)、ジェラール・ドパルデュー(ポルトス)、ガブリエル・バーン(ダルタニアン)ほか

「Dearダニー 君へのうた」のネタバレあらすじ結末

Dearダニー 君へのうたの紹介:2015年アメリカ映画。事実をもとにして描かれたという、あるミュージシャンの驚くべき物語。70年代、ジョン・レノンが、ある新人アーティストに宛てた一通の手紙。それが40年以上もの時を経て、ようやく本人のもとへと届いた。そこから彼の人生は、大きな変化を遂げていく。主演は、これが初のミュージシャン役というアル・パチーノ。共演はアネット・ベニング、ジェニファー・ガーナ―。
監督:ダン・フォーゲルマン 出演者:アル・パチーノ(ダニー)、アネット・ベニング(メアリー)、ジェニファー・ガーナ―(サマンサ)、ボビー・カナヴェイル(トム)、クリストファー・プラマー(フランク)、カタリーナ・キャス(ソフィー)、ジゼル・アイゼンバーグ(ホープ)ほか

「オーケストラの少女」のネタバレあらすじ結末

オーケストラの少女の紹介:1937年アメリカ映画。失業楽師を父に持ち、歌の才能に恵まれた少女がオーケストラづくりに奮闘する物語。主演女優のディアナ・ダービンの名を世界的に有名にした本作は、アカデミー賞に5部門もノミネートされた。著名な指揮者であるレオポルド・ストコフスキーや、彼が当時実際に常任指揮者を務めていたフィラデルフィア管弦楽団が出演していることでも話題を呼んだ。
監督:ヘンリー・コスター 出演者:ディアナ・ダービン(パトリシア・カードウェル)、アドルフ・マンジュー(ジョン・カードウェル)、ユージン・パレット(ジョン・フロスト)、アリス・ブラディ(フロスト夫人)、レオポルド・ストコフスキー(本人) ほか

「楽聖ベートーヴェン」のネタバレあらすじ結末

楽聖ベートーヴェンの紹介:1936年フランス映画。「楽聖」と呼ばれ、今や知らない人はいないほど有名な作曲家であるルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンの伝記物語。2人の女性を軸に展開される本作は、ベートーヴェンにまつわる著名人の実際の手記を紹介しながら、苦悩にあえぐ彼が女性たちの手を借りて偉業を成し遂げていく様を描いている。ベートーヴェンの心境の変化に合わせて流れる彼の作品が、映画により一層の彩を添えている。
監督:アベル・ガンス 出演者:アリ・ボール(ベートーヴェン)、ジャニー・オルト(ジュリエッタ)、アニー・デュコー(テレーゼ)、ジャヌ・マルカン(エステー)、ジャン=ルイ・バロー(カール) ほか

「デザート・ストーム」のネタバレあらすじ結末

デザート・ストーム(原題:DESERTED)の紹介:2016年アメリカ映画。砂漠で行われるフェスに向かう途中の若者8名が、車の故障がきっかけで広大な砂漠で迷子になってしまいます。予期せぬ過酷な事態が頻発する中で描かれていく人間ドラマ。
監督:アシュリー・エイヴィス 出演者:ミーシャ・バートン(ジェイ)、ジャクソン・デイヴィス(ロビン)、ウィンター・アヴェ・ゾーリ(ローズマリー)、トレント・フォード(トロイ)ほか

「太陽 (2005年)」のネタバレあらすじ結末

太陽の紹介:2005年ロシア,イタリア,フランス,スイス映画。太平洋戦争終戦前後、最後に残った天皇の処遇。現人神としての天皇が、日本の未来と国の平和を望み下した決断とは。
監督:アレクサンドル・ソクーロフ 出演:イッセー尾形(昭和天皇)、ロバート・ドーソン(マッカーサー将軍)、佐野史郎(侍従長)、桃井かおり(香淳皇后)、つじしんめい(老僕)、田村泰二郎(研究所所長)、ゲオルギイ・ピツケラウリ(マッカーサー将軍の副官)、ほか

「沈黙 -サイレンス-」のネタバレあらすじ結末

沈黙 -サイレンス-の紹介:2017年アメリカ映画。遠藤周作の小説「沈黙」を、マーティン・スコセッシ監督が映画化。キリシタン弾圧の中で棄教したとされる師、フェレイラを捜すために、同僚のガルぺと共に日本に密航した宣教師ロドリゴ。彼の前に繰り広げられるおぞましいキリシタン迫害。しかし、神は「沈黙」を続けるままである。
監督:マーティン・スコセッシ 出演:アンドリュー・ガーフィールド(ロドリゴ神父)、アダム・ドライヴァー(ガルペ神父)、浅野忠信(通辞)、窪塚洋介(キチジロー)、リーアム・ニーソン(フェレイラ神父)、イッセー尾形(井上筑後守)ほか

「牡牛座 レーニンの肖像」のネタバレあらすじ結末

牡牛座 レーニンの肖像の紹介:2001年ロシア映画。歴史を動かし、そして歴史に翻弄されたロシアの革命家レーニンの最晩年、暗殺未遂後の死の迫る中を這う姿をリアルに描き出す。
監督アレクサンドル・ソクーロフ 出演:レオニード・モズゴヴォイ(病人/レーニン)、マリヤ・クズネツォーワ(病人の妻/クルプスカヤ)、ナターリヤ・ニクレンコ(マリーヤ/レーニンの妹)、レフ・エリセーエフ(医師)、セルゲイ・ラジューク(客人/スターリン)、ほか

「ザ・エージェント」のネタバレあらすじ結末

ザ・エージェントの紹介:1996年アメリカ映画。腕スポーツ・エージェントであるジェリーは、利益追求体質の業界に疑問を抱き、会社に提案書を提出します。クビとなったジェリーは己の信念に従い、たった一人となった落ち目のアメフト選手ロッドのために最善を尽くします。第69回アカデミー賞/助演男優賞をキューバ・グッディング・ジュニア受賞 第54回ゴールデン・グローブ賞/主演男優賞(ミュージカル/コメディ部門)をトム・クルーズが受賞など数々の受賞およびノミネートをしています。
監督:キャメロン・クロウ 出演者:トム・クルーズ(ジェリー・マグワイア)、キューバ・グッディング・ジュニア(ロッド)、レニー・ゼルウィガー(ドロシー)、ケリー・プレストン(エヴリー)、ジェイ・モーア(ボブ)ほか

「向田邦子 イノセント 隣の女」のネタバレあらすじ結末

向田邦子 イノセント 隣の女の紹介:2012年日本映画。男女の愛をテーマに、平凡な主婦の心の奥底に潜む女の嫉妬心を鮮烈にあぶり出した作品。向田邦子の短編小説を現代風にリメイクしたストーリーとなっており、自分にないものに憧れる女の嫉妬心がリアルに描かれています。
監督:タナダユキ 出演者:寺島しのぶ(サチこ)、坂井真紀(峰子)、北村有起哉(麻田)、二階堂智(集太郎)ほか

1 2 3 4 5 6 7 8 38
TOP↑