ドラマ映画のあらすじ

「ヒトラー暗殺、13分の誤算」のネタバレあらすじ結末

ヒトラー暗殺、13分の誤算の紹介:2015年ドイツ映画。過去40回以上に渡って計画されながらも、全てが失敗に終わったアドルフ・ヒトラー暗殺計画。1939年、ヒトラーのミュンヘンでの演説会場に爆弾が仕掛けられますが暗殺は未遂に終わり、容疑者として何の変哲もない平凡な家具職人が逮捕されます。
監督:オリヴァー・ヒルシュビーゲル 出演者:クリスティアン・フリーデル(ゲオルク・エルザー)、カタリーナ・シュトラー(エルザ)、ブルクハルト・クラウスナー(アルトゥール・ネーベ)、ヨハン・フォン・ビューロー(ハインリヒ・ミュラー)、ウド・シェンク(アドルフ・ヒトラー)ほか

「ニュースの天才」のネタバレあらすじ結末

ニュースの天才の紹介:2003年アメリカ映画。1998年に実際に起こった記事捏造事件を映画化した社会派ドラマです。アメリカの権威ある政治雑誌の若手記者がスクープ記事を掲載して好評を得ますが、同僚らが記事のソースを調べていくうちに捏造の事実が浮かび上がります。脚本に惚れ込んだトム・クルーズが製作総指揮に携わっています。
監督:ビリー・レイ 出演者:ヘイデン・クリステンセン(スティーブン・グラス)、ピーター・サースガード(チャールズ・“チャック”・レーン)、クロエ・セヴィニー(ケイトリン・アヴィー)、スティーヴ・ザーン(アダム・ペネンバーグ)、メラニー・リンスキー(エイミー・ブランド)ほか

「ライオット・クラブ」のネタバレあらすじ結末

ライオット・クラブの紹介:2014年アメリカ映画。イギリスの名門オックスフォード大学の中でも選ばれたエリートのみが入部を許される「ライオット・クラブ」に属する美しく気高く、そして腐った男たちの姿を二人の学生の視点から描いた作品です。
監督:ロネ・シェルフィグ 出演者:サム・クラフリン(アリステア)、マックス・アイアンズ(マイルズ)、ダグラス・ブース(ハリー)、サム・リード(ヒューゴ)、フレディ・フォックス(ジェームス)ほか

「妹の体温」のネタバレあらすじ結末

妹の体温の紹介:2015年ノルウェー映画。ノルウェーを舞台とした作品で、父違いの兄と妹との禁じられた関係をメインに、断絶された家族の姿を濃厚な性描写も交えて描いたエロティック・ラブストーリーです。
監督:アンネ・セウィツキー 出演者:インネ・マリー・ウィルマン(シャルロッテ)、シーモン・J・ベリエル(ヘンリック)、アネッケ・ヴォン・デル・リッペ(アンナ)、シリエ・ストルスタイン(マルテ)、オッデゲール・トゥーン(ダグ)ほか

「暴力脱獄」のネタバレあらすじ結末

暴力脱獄の紹介:1967年アメリカ映画。プリズンものの傑作。宗教的要素も含んだ物語で、アメリカでは公開当時から高い評価を獲得、ポール・ニューマンの代表作と見なされている。ジョージ・ケネディがアカデミー助演男優賞を受賞。
監督:スチュアート・ローゼンバーグ 出演:ポール・ニューマン(ルーク・ジャクソン)、ジョージ・ケネディ(ドラグライン)、モーガン・ウッドワード(ゴッドフリー)、J・D・キャノン(ソサエティ・レッド)、ストローザー・マーティン(刑務所所長)

「渇いた太陽」のネタバレあらすじ結末

渇いた太陽の紹介:1962年アメリカ映画。テネシー・ウィリアムズの戯曲「青春の甘き小鳥」をリチャード・ブルックスが脚色・演出した作品。ブロードウェイ初演で主役を務めたポール・ニューマンが同じ役を演じている。エド・ベグリーがアカデミー賞の助演男優賞を受賞。
監督:リチャード・ブルックス 出演:ポール・ニューマン(チャンス・ウェイン)、ジェラルディン・ペイジ(アレクサンドラ・デル・ラーゴ)、シャーリー・ナイト(ヘブンリー・フィンレー)、エド・ベグリー(フィンレー)

「天国の日々」のネタバレあらすじ結末

天国の日々の紹介:1978年アメリカ映画。テレンス・マリックが「地獄の逃避行」に続いて監督した秀作。マジック・アワーに撮影された美しい映像が絶賛され、アカデミー賞撮影賞を受賞。ストーリー自体は旧約聖書に基いている。
監督:テレンス・マリック 出演:リチャード・ギア(ビル)、ブルック・アダムス(アビー)、サム・シェパード(農場主)、リンダ・マンズ(リンダ)

「黄昏」のネタバレあらすじ結末

黄昏の紹介:1981年アメリカ映画。名優と呼ばれながらアカデミー賞に縁のなかったヘンリー・フォンダがようやく主演男優賞のオスカー像を手にした作品。娘のジェーン・フォンダが製作も担当し、親子共演を果たしている。
監督:マーク・ライデル 出演:キャサリン・ヘプバーン(エセル・セアー)、ヘンリー・フォンダ(ノーマン・セアー・ジュニア)、ジェーン・フォンダ(チェルシー・セアー・ウェイン)、ダグ・マッケオン(ビリー・レイ)

「狼の時刻」のネタバレあらすじ結末

狼の時刻の紹介:1966年スウェーデン映画。巨匠ベルイマン監督の実験的な作品のひとつ。「鏡の中にある如く」同様、孤絶された島で精神を病んでいく人間を扱っている。スティーブン・キングはこの作品をホラーと見なし、好きなホラー映画の1本に選出している。
監督:イングマール・ベルイマン 出演:マックス・フォン・シドー(ユーハン)、リヴ・ウルマン(アルマ)、イングリット・チューリン(ヴェロニカ・フォーグレル)、エルランド・ヨセフソン(男爵)

「アスファルト・ジャングル」のネタバレあらすじ結末

アスファルト・ジャングルの紹介:1950年アメリカ映画。ジョン・ヒューストン監督の傑作で、いわゆるフィルム・ノワールの代表作のひとつとされている。室内での銃の早撃ち場面が鮮烈。まだ脇役だったマリリン・モンローの演技が光っている。
監督:ジョン・ヒューストン 出演:スターリング・ヘイドン(ディックス)、ジーン・ヘイゲン(ドール)、ルイス・カルハーン(エメリッヒ)、サム・ジャッフェ(ドク)、マリリン・モンロー(アンジェラ)

「噂の二人」のネタバレあらすじ結末

噂の二人の紹介:1961年アメリカ映画。巨匠ワイラー監督がかつて「この三人」のタイトルで映画化したリリアン・ヘルマンの戯曲「子供の時間」を自らリメイクした作品。前作ではぼかされていた同性愛の問題がハッキリした形で描かれている。
監督:ウィリアム・ワイラー 出演:オードリー・ヘプバーン(カレン・ライト)、シャーリー・マクレーン(マーサ・ドビー)、ジェームズ・ガーナー(ジョー・カーディン)、ミリアム・ホプキンス(リリー・モーター)

「灰とダイヤモンド」のネタバレあらすじ結末

灰とダイヤモンドの紹介:1957年ポーランド映画。イェジ・アンジェイェフスキの小説を映画化したアンジェイ・ワイダ監督の代表作。初公開当時、マチェクのゴミ捨て場での死の場面が話題となり、以後数々の映画で模倣された。
監督:アンジェイ・ワイダ 出演:ズビグニエフ・チブルスキー(マチェク)、エヴァ・クジジェフスカ(クリスティーナ)、バクラフ・ザストルジンスキ(シュチューカ)、アダム・パヴリコフスキ(アンジェイ)

「続・激突!カージャック」のネタバレあらすじ結末

続・激突!カージャックの紹介:1974年アメリカ映画。テレビで活躍していたスピルバーグ監督が28歳の若さで撮りあげた劇場用長編デビュー作。後の作品とは違い、当時のニューシネマの影響を受けたオフビートなロード・ムービーになっている。
監督:スティーヴン・スピルバーグ 出演:ゴールディ・ホーン(ルー・ジーン・ポプリン)、ウィリアム・アザートン(クロヴィス・マイケル・ポプリン)、マイケル・サックス(マックスウェル・スライド巡査)、ベン・ジョンソン(ハーリン・タナー警部)

「八甲田山」のネタバレあらすじ結末

八甲田山の紹介:1977年日本映画。1902年(明治35年)。関係が悪化したロシアとの開戦不可避と見られおり、対露戦の準備として行われた、厳冬期の八甲田山での行軍演習中に、青森の連隊が遭難。わずかな生存者のみで大多数が死亡した事件を元にし、一部フィクションも付け加えて、壮絶な世界が描かれています。
監督:森谷司郎 出演:高倉健(徳島大尉)、丹波哲郎(児島大佐)、島田正吾(友田少将)、大滝秀治(中林大佐)、北大路欣也(神田大尉)、緒形拳(村山伍長)、大竹まこと(橇隊の兵卒)、三國連太郎(山田少佐)、加山雄三(倉田大尉)、加賀まりこ(徳島妙子)ほか

「悼む人」のネタバレあらすじ結末

悼む人の紹介:2014年日本映画。天童荒太の直木賞受賞作を映画化。旅をしながら、人が亡くなった場所を歩き「誰に愛され、誰を愛したでしょう。どんなことで感謝されたでしょうか」と悼む青年の物語。
監督:堤幸彦 出演:高良健吾(坂築静人)、石田ゆり子(奈儀倖世)、井浦新(甲水朔也)、椎名桔平(蒔野抗太郎)、貫地谷しほり(坂築美汐)、麻生祐未(沼田響子)、大竹しのぶ(坂築巡子)、平田満(坂築鷹彦)ほか

1 2 3 4 5 6 7 8 50
TOP↑