ドラマ映画のあらすじ

「クリスマス・ツリー」のネタバレあらすじ結末

クリスマス・ツリーの紹介:1968年フランス映画。狼が好きな少年が不治の病にかかり、父親や友人らと共に余命を楽しく過ごそうとする親子愛を描いた物語。少年の父を名俳優のウィリアム・ホールデンが演じている。ミシェル・バタイユの書いたベストセラー小説を映画化したものである。
監督:テレンス・ヤング 出演者:ブルック・フラー(パスカル)、ウィリアム・ホールデン(ローラン)、ビルナ・リージ(カトリーヌ)、アンドレ・ブールビル(ベルダン)、マデレイン・ダミエン(マリネット) ほか

「長い散歩」のネタバレあらすじ結末

長い散歩の紹介:2006年日本映画。家庭不和を抱えて妻を亡くし、娘とも絶縁状態の元校長の松太郎は、母親とその恋人から虐待の被害に遭っている5歳の少女、幸と出逢った。家庭を顧みなかった自分と向き合う為に、松太郎は居場所のない幸を連れて「長い散歩」に出掛ける。
監督:奥田瑛ニ 出演者:緒形拳(安田松太郎)、高岡早紀(横山真由美)、杉浦花菜(横山幸(サチ))、松田翔太(ワタル)、大橋智和(水口浩司)、津川雅彦(医師)、奥田瑛二(刑事)、ほか

「愛と哀しみのボレロ」のネタバレあらすじ結末

愛と哀しみのボレロの紹介:1981年フランス映画。モスクワ、パリ、ベルリン、ニューヨークで、それぞれの家族が歴史に翻弄されながらも懸命に生きようとする姿を描いたこの作品は、バレエダンサーであるジョルジュ・ドンによる「ボレロ」のパフォーマンスが強烈な印象を残し、彼の名が広く知れ渡るきっかけとなった。劇中の音楽は、フランスを代表する作曲家であるフランシス・レイとミシェル・ルグランが共同で担当している。
監督:クロード・ルルーシュ 出演者:リタ・ポールブールド(タチアナ)、ジョルジュ・ドン(ボリス/セルゲイ)、ニコール・ガルシア(アンヌ)、ダニエル・オルブリフスキ(カール)、ジェームズ・カーン(ジャック・グレン) ほか

「妻の秘蜜 夕暮れてなお」のネタバレあらすじ結末

妻の秘蜜 夕暮れてなおの紹介:2016年日本映画。夫と夫の父親と3人で暮らす専業主婦の若妻の不倫関係と若妻に好意を寄せ、認知症のふりをして近づく義父の不思議な関係を描いた、官能ファンタジー映画です。主演はセクシー女優の天使もえさんですが、お色気色は薄く、息子の若い嫁に恋をする父親の様子が克明に描かれています。
監督:城定秀夫 出演者:天使もえ(菜緒)、飯島大介、守屋文雄、千葉誠樹ほか

「ジプシーのとき」のネタバレあらすじ結末

ジプシーのときの紹介:1989年ユーゴスラビア映画。旧ユーゴスラビアのジプシーの集落に住む青年が、汚い商売をする男性に騙されて堕ちていった後に復讐を遂げようとする物語。カンヌ国際映画祭で監督賞を受賞し、その独特の作風が評価された。音楽は、監督とも親交が深くユーゴスラビアを代表する作曲家のゴラン・ブレゴヴィッチが務めている。
監督:エミール・クリストリッツァ 出演者:ダヴォール・ドゥイモヴィッチ(ベルハン)、ボラ・トドロヴィッチ(アメード)、リュビシャ・アジョヴィッチ(ベルハンの祖母) ほか

「マイケル・コリンズ」のネタバレあらすじ結末

マイケル・コリンズの紹介:1996年アメリカ映画。アイルランドの独立運動に人生の全てをかけた男、マイケル・コリンズの波乱に満ちた生涯を描いた歴史ドラマです。ヴェネツィア国際映画祭の最高賞である金獅子賞を受賞しています。
監督:ニール・ジョーダン 出演者:リーアム・ニーソン(マイケル・コリンズ)、アラン・リックマン(イーモン・デ・ヴァレラ)、エイダン・クイン(ハリー・ボーランド)、ジュリア・ロバーツ(キティ・キールナン)、スティーヴン・レイ(ネッド・ブロイ)ほか

「ヘイフラワーとキルトシュー」のネタバレあらすじ結末

ヘイフラワーとキルトシューの紹介:2002年フィンランド映画。ヘイフラワーとキルトシューの姉妹が家族とお隣さんと警察官のを巻き込んで自分たちだけのオリンピック?北欧カラーのハートフルコメディ。
監督:カイサ・ラスティモ 出演:カトリーナ・タヴィ(ヘイフラワー)、ティルダ・キアンレト(キルトシュー)、アンティ・ヴィルマヴィルタ(パパ)、ミンナ・スローネン(ママ)、ほか

「隣の八重ちゃん」のネタバレあらすじ結末

隣の八重ちゃんの紹介:1934年日本映画。戦前の名匠・島津保次郎監督の代表作。隣り合ったサラリーマン家庭の子弟たちの交流を生き生きとしたタッチで描いている。助監督が後の名匠・豊田四郎、吉村公三郎の2人。そして撮影助手が木下恵介と、スタッフが豪華だった点も有名。
監督:島津保次郎 出演:逢初夢子(八重子)、岡田嘉子(京子)、大日方伝(恵太郎)、磯野秋雄(精二)、ほか

「薔薇の葬列」のネタバレあらすじ結末

薔薇の葬列の紹介:1969年日本映画。実験映画の作家として高名だった松本俊夫が初めて手がけた長編劇映画で、製作配給はATG。ピーターにとっても俳優としてのデビュー作に当たる。当時の新宿の風俗を取り入れた前衛的な内容となっている。映画解説者・淀川長治がゲスト出演。
監督:松本俊夫 出演:ピーター(エディ)、土屋嘉男(権田)、小笠原修(レダ)、東恵美子(母)、ほか

「自転車泥棒」のネタバレあらすじ結末

自転車泥棒の紹介:1948年イタリア映画。戦後のネオレアリズモ映画を代表する傑作。日本でも大評判となり、キネマ旬報ベストテンで1位を獲得している。デ・シーカ監督はこの作品で「靴みがき」に引き続き、アカデミー外国語映画賞を受賞。巨匠となるきっかけとなった。
監督:ヴィットリオ・デ・シーカ 出演:ランベルト・マジョラーニ(アントニオ・リッチ)、エンツォ・スタヨーラ(ブルーノ・リッチ)、リアネーラ・カレル(マリア・リッチ)、ジーノ・サルタマレンダ(バイオッコ)、ほか

「チャップリンからの贈りもの」のネタバレあらすじ結末

チャップリンからの贈りものの紹介:2014年フランス映画。刑務所を出所したばかりの男と、その親友で妻の治療費に困窮する男が金欲しさに引き起こしたチャップリンの遺体誘拐事件の顛末を、実話をヒントにコミカルに描いたヒューマンドラマ。
監督:グザヴィエ・ボーヴォワ 出演:ブノワ・ポールヴールド(エディ)、ロシュディ・ゼム(オスマン)、キアラ・マストロヤンニ(ローサ)、ピーター・コヨーテ(ジョン・クルーカー)、セリ・グマシュ(サミラ)、ドロレス・チャップリン(チャップリンの娘)、ほか

「ハン・ゴンジュ 17歳の涙」のネタバレあらすじ結末

ハン・ゴンジュ 17歳の涙の紹介:2013年韓国映画。韓国の悲惨な事件である密陽女子中学生集団性暴行事件を映画化。集団暴行を受けたハン・ゴンジュは、事件がきっかけで転校を余儀なくされる。被害者の彼女に訪れたのは壮絶な人生だったのだ。
監督:イ・スジン 出演:チョン・ウヒ(ハン・ゴンジュ)、チョン・インスン(ウニ)、キム・ソヨン、イ・ヨンナン、ジス、ほか

「ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲」のネタバレあらすじ結末

ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲(ラプソディ)の紹介:2014年ハンガリー,ドイツ,スウェーデン映画。人間のエゴによって翻弄される犬たちが引き起こした人間への反乱劇を描いたドラマ。カンヌ国際映画祭「ある視点」部門でグランプリを受賞、また犬たちには「パルム・ドッグ賞」が授与されました。
監督:コルネル・ムンドルッツォ 出演:ジョーフィア・プソッタ(リリ)、シャンドール・ジョーテール(ダニエル)、ラースロー・ガールフィ(音楽教師)、リリ・ホルヴァート(エルザ)、ほか

「トレジャーハンター・クミコ」のネタバレあらすじ結末

トレジャーハンター・クミコの紹介:2014年アメリカ映画。孤独なOLのクミコは、映画「ファーゴ」を実話だと信じ、劇中に描かれた現金入りトランクを探しにアメリカへ旅立つ。アメリカでは有名だという都市伝説“タカコ・コニシ事件”。ミネソタ州の田舎町、1人の日本人女性が、映画で見た宝を探しているうちに凍死したというこの話を、ゼルナー監督が映画化した。むろん、その都市伝説は事実ではなく、日本人女性の死は恋愛や仕事の悩みによる自死だったと判明しており、監督も「映画はあくまでフィクションだ」と語っている。主演は日本を代表するハリウッド女優、「バベル」「パシフィック・リム」の菊池凜子。
監督:デヴィッド・ゼルナー 出演者:菊池凜子(クミコ)、勝部演之(サカガミ)、河北麻友子(カナザキ)、東加奈子(ミチ)、シャーリー・ヴェナード(老女)、デヴィッド・ゼルナー(副保安官)、ネイサン・ゼルナー(ロバート)、ほか

「プロヴァンスの休日」のネタバレあらすじ結末

プロヴァンスの休日の紹介:2014年フランス映画。「レオン」(1994)や「ダ・ヴィンチ・コード」(2006)の名優ジャン・レノ主演による、心あたたまる家族再生の物語。南フランスのプロヴァンスに暮らす寡黙な男が、会ったこともない孫3人をひと夏のあいだ預かる羽目になる。田舎が合わないパリっ子の孫達は、なにかにつけて祖父に反抗的な態度をとるが…。美しいプロヴァンスの自然や風景はもちろんのこと、シーンを彩る懐かしいロック&ポップスの名曲も深く印象に残る作品。
監督:ローズ・ボッシュ 出演者:ジャン・レノ(ポール)、アンナ・ガリエナ(イレーネ)、クロエ・ジュアネ(レア)、ユーゴ・テシウ(アドリアン)、ルーカス・ペリシエ(テオ)、オーレ・アッティカ(マガリ)、トム・リーブ(チアーゴ)、ユーゴ・オーフレー(エリー)、シャルロット・ド・デュルケーム(ローレット)ほか

1 2 3 4 5 6 7 8 74
TOP↑