桐谷健太映画一覧

桐谷健太が出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「クローズZERO II」のネタバレあらすじ結末

クローズZERO IIの紹介:2009年日本映画。高橋ヒロシ原作コミック「クローズ」を三池崇史監督が実写映画化、『クローズZERO』の続編。鈴蘭と打倒鈴蘭に燃える鳳仙の死闘を描いた映画。鈴蘭では滝谷源治が率いるGPSと芹沢軍団で対立しています。滝谷源治は芹沢軍団に勝ちましたが鈴蘭を一つにまとめて頂点に立つことができていません。ある日滝谷源治は鳳仙と喧嘩をしてしまいます。過去に鈴蘭と鳳仙は対立しています。争いが激しくなったことで鈴蘭と鳳仙は休戦協定を結んでいました。鈴蘭の頭、滝谷源治と鳳仙がもめたために協定が破られてしまいました。そして鈴蘭と鳳仙はまた争いをすることになります。
監督:三池崇史 出演:小栗旬(滝谷源治)、やべきょうすけ(片桐拳)、黒木メイサ(逢沢ルカ)、高岡蒼甫(伊崎瞬)、桐谷健太(辰川時生)、 綾野剛(漆原凌)、三浦春馬(美藤竜也)、山田孝之(芹沢多摩雄)、ほか

「くちびるに歌を」のネタバレあらすじ結末

くちびるに歌をの紹介:2014年日本映画。アンジェラ・アキの名曲「手紙~拝啓十五の君へ」を題材にしたテレビドキュメントをから小説を書いた中田永一の作品を映像化したものです。心に傷を負った元ピアニストの教師が、産休に入った教師の代わりの臨時職員として、生まれ故郷の中学校の合唱部の顧問として派遣され、そこで巻き起こる人との触れ合いや心の変遷を描いています。最初は心を開こうとせず、ピアノも弾こうとしない女教師に周囲も生徒も戸惑います。しかし合唱部の生徒達と触れ合っていくうちに彼女はだんだんと心を開いていきます。合唱部の生徒はそれぞれに複雑な事情を抱えている生徒が何人かいて、その難しい中学生の役どころを若い俳優さん達がとても上手く演じています。最後の合唱シーンは涙なしには見られません。
監督: 三木孝浩 出演者:新垣結衣(柏木ユリ)、木村文乃(松山ハルコ)、桐谷健太(塚本哲男)、眞島秀和(仲村祐樹)、石田ひかり(仲村静流)、木村多江(桑原照子)、角替和枝(仲村キヨ)ほか

「ゲロッパ!」のネタバレあらすじ結末

ゲロッパ!の紹介:2003年日本映画。数日内に収監される予定のヤクザの組長・羽原大介は2つ叶えたい願いがありました。1つは何年も会っていない娘に会うこと、もう1つは大ファンであるジェームス・ブラウンの名古屋コンサートに行くことでした。そんな中、大介は組を解散すると子分達に話します。解散を阻止したい子分達はジェームス・ブラウンを拉致しようと計画し、大介は娘に会いに行きます。監督は井筒和幸さん、主演に西田敏行さん 組長の娘役に常盤貴子さんが演じています。
監督:井筒和幸 出演:西田敏行(羽原大介)、常盤貴子(かおり)、山本太郎(太郎)、岸部一徳(金山)、ほか

「BECK」のネタバレあらすじ結末

BECK(ベック)の紹介:2010年日本映画。ハロルド作石の同名人気漫画を映画化したものです。バンドに青春の全てを賭けた若者たちの群像が描かれています。
監督:堤幸彦 出演者:水嶋ヒロ(南竜介)、佐藤健(田中幸雄(コユキ))、桐谷健太(千葉恒美)、中村蒼(桜井裕志(サク))、向井理(平義行)ほか

「アウトレイジビヨンド」のネタバレあらすじ結末

アウトレイジビヨンドの紹介:2012年日本映画。北野武監督が手掛ける、登場人物が全員悪人の映画シリーズ、アウトレイジ2作目の映画。2010年公開の前作アウトレイジから5年後を舞台に、関東最大の暴力団・山王会と関西最大の暴力団・花菱会が絡む権力抗争が描かれたバイオレンスヤクザ映画です。前作のラストで死んだはずだった大友組組長の大友が実は生きており、東西の抗争に巻き込まれていく。ヤクザ同士の言い争いシーンは迫力があり見ものです。2017年10月にはアウトレイジビヨンドの続編となる「アウトレイジ最終章」が公開。
監督:北野武 出演者:ビートたけし(大友)、西田敏行(西野)、三浦友和(加藤)、加瀬亮(石原)、小日向文世(片岡)ほか

「TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ」のネタバレあらすじ結末

TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ(トゥー ヤング トゥー ダイ! わかくしてしぬ)の紹介:2016年日本映画。不慮の事故により一足先に地獄へ落ちた大助。そこでバンドを結成しているというキラーK達に出会いバンドの加入を勧められる。しかし大助にはやらなければいけないことがあった。生き返って憧れのあの子と再会するのだ。そうして地獄と現世を行き来するうち次第に大助の心境に変化が現れる。
監督:宮藤官九郎 出演:神木隆之介(大助)、長瀬智也(キラーK)、森川葵(ひろ美)、桐谷健太(COZY)、清野菜名(邪子)ほか

「ROOKIES 卒業」のネタバレあらすじ結末

ROOKIES -卒業-の紹介:2009年日本映画。人気ドラマシリーズの続編という位置付けで映画化されました。テレビドラマ版と同一のキャスティング・スタッフによ製作され、ドラマ版では登場しなかった笹崎戦などを織り込んだオリジナルの内容で構成されています。ブームを巻き起こした人気ドラマの集大成とも言えます。このドラマや映画から、佐藤健などの主役を張るようなスター俳優を数多く生み出しました。
監督:平川雄一朗 出演:佐藤隆太(川藤幸一)、市原隼人(安仁屋恵壹)、小出恵介(御子柴徹)、城田優(新庄慶)、中尾明慶(関川秀太)、高岡蒼甫(若菜智哉)、山本裕典(赤星奨志)、武田航平(川上貞治)ほか

「僕の彼女はサイボーグ」のネタバレあらすじ結末

僕の彼女はサイボーグの紹介:2008年日本映画。「猟奇的な彼女」、「僕の彼女を紹介します」を手がけた韓国の映画監督、郭在容が日本で手がけた、彼女シリーズの第3弾としてつくられた作品です。未来から来た人造人間の少女と、彼女に惹かれていく青年の共同生活を描くSFラブストーリーです。
監督:郭在容 出演:綾瀬はるか(彼女)、小出恵介(北村ジロー)、桐谷健太(サトーケンタ)、吉高由里子(22世紀の学生)、佐藤めぐみ(嵐山女子高教師)、田口浩正(銃を乱射する男)、ドロンズ石本(警官)ほか

「オカンの嫁入り (2010)」のネタバレあらすじ結末

オカンの嫁入り (2010)の紹介:2010年日本映画。大阪、桜の若芽が出る季節、森井月子は母親の陽子と仲良く生活を送っていた。ある晩、陽子は金髪リーゼントの若い男、服部研二と酔っ払って帰宅した。陽子はこの服部と結婚すると月子に告げる。月子は突然のことに途惑い、陽子に対して心を閉ざし、また服部にも嫌悪感を抱き、冷たく接する。家族同然のように森井家を見守ってきた大家のサクと陽子の上司の村上が二人を仲直りさせようとする。しかし陽子は月子にある秘密を抱えて暮らしていた……。
監督・脚本:呉美保 出演者:宮崎あおい、大竹しのぶ、桐谷健太、絵沢萠子、國村隼、林泰文、斎藤洋介、春やすこ、たくませいこ、友近、綾田俊樹ほか

「オカンの嫁入り」のネタバレあらすじ結末

オカンの嫁入り(おかんのよめいり)の紹介:2010年日本映画。母と娘の強い絆を描いたヒューマン・ドラマ。母親の末期がんという重いテーマを扱いながらも、コメディタッチで重くなりすぎることなく描かれており、笑いあり、涙ありの心温まる作品となっています。
監督:呉美保 出演者:宮崎あおい(月子)、大竹しのぶ(陽子)、桐谷健太(研二)、絵沢萌子(大家)ほか

「ソラニン」のネタバレあらすじ結末

ソラニンの紹介:2010年日本映画。浅野いにおの小説を原作とする切ないラブストーリー。亡くなった恋人の存在を証明するために、恋人の残した曲「ソラニン」を歌う感動のライブシーンに、涙が止まらなくなります。
監督:三木孝浩 出演者:宮崎あおい(芽衣子)、高良健吾(種田)、桐谷健太(バンド仲間)、加藤健一(バンド仲間)ほか

TOP↑