大友啓史監督映画一覧

大友啓史監督映画のネタバレあらすじ一覧です。大友啓史監督のおすすめ映画、人気映画や最新作まで、大友啓史監督作品の一覧です。

「3月のライオン 後編」のネタバレあらすじ結末

3月のライオン 後編の紹介:2017年日本映画。3月のライオン前編の続編。中学生にしてプロ棋士になった桐山零。家族との確執はいまだ綺麗に無くなったわけではなかったが確実に前に進みつつあった。しかしある時零が身を寄せていた家族のひなたが学校でいじめに合っているのが発覚。同時期に零は将棋のトーナメント師子王戦が始まろうとしていた。自身の腕を磨きながらひなたを守ろうと躍進する。しかし零の熱血は暴走を始めてしまう。原作者羽海野チカの同名人気コミックの実写化後編。監督は実写映画「るろうに剣心」の大友啓史。
監督:大友啓史 出演:神木隆之介(桐山零)、有村架純(幸田香子)、倉科カナ(川本あかり)、染谷将太(二海堂晴信)、佐々木蔵之介(島田開)、加瀬亮(宗谷冬司)、伊藤英明(後藤正宗)、ほか

「3月のライオン 前編」のネタバレあらすじ結末

3月のライオン 前編の紹介:2017年日本映画。「3月のライオン」は羽海野チカの漫画を原作にした映画。将棋を題材とした漫画で、プロ棋士である青年が最初は孤独だったものの、いろいろな人と関わりを持つことによって成長していく物語。原作漫画はとても評価が高く、漫画大賞他数々の賞を受賞。また先行してNHKでアニメ化されている。映画はストーリーがテンポ良く運び、原作やアニメの世界観に近いものがあります。この話は主人公だけでなく、周囲の人物達の生き様や心情を良く描いているのが特徴です。内容は素晴らしく、心を揺さぶられる作品です。
監督:大友啓史 出演者:神木隆之介(桐山零)、有村架純(香田香子)、豊川悦司(幸田柾近)、倉科カナ(川本あかり)、清原果耶(川本ひなた)、染谷将太(二階堂晴信)、島田開(佐々木蔵之介)、伊藤英明(後藤政宗)、ほか

「秘密 THE TOP SECRET」のネタバレあらすじ結末

秘密 THE TOP SECRETの紹介:2016年日本映画。死者の脳内映像から真犯人を追う警察部隊、通称第九。殺害された人物、および、殺人を犯した人物の脳内映像を自分の脳内に取り込むという危険な行為のため、警察はこの部隊の存在を公にはしてはいなかった。新たに優秀な刑事である青木も配属され、いよいよ第九は正式な舞台として認められようとしていた。しかし、死刑が執行された一家殺人犯の脳内をみたところ冤罪ということが発覚し刑事課と第九は争うことになる。
監督:大友啓史 出演:生田斗真(薪剛)、岡田将生(青木一行)、吉川晃司(貝沼清孝)、松坂桃李(鈴木克洋)、栗山千明(三好雪子)、リリー・フランキー(斎藤純一郎)、椎名桔平(露口浩一)、大森南朋(眞鍋駿介)、ほか

「ミュージアム」のネタバレあらすじ結末

ミュージアムの紹介:2016年日本映画。スリラー漫画「ミュージアム」の実写化。ある雨の日、犬に食い殺されるという猟奇的殺人事件が発生する。捜査を担当する刑事の沢村はその現場を見て驚愕する。しかし事件はそれだけでは終わらなかった。最初の事件から数日後別の場所で殺人事件が発生する。二つの事件の鍵となるのはそれぞれの現場で見つかった紙と被害者の接点。その後見つかった事実から沢村の妻遥の身に危険が迫っていることが分かった。
監督:大友啓史 出演:小栗旬(沢村久志)、尾野真千子(沢村遥)、野村周平(西野純一)、丸山智己(菅原剛)、田畑智子(秋山佳代)、松重豊(関端浩三)、妻夫木聡(カエル男)、ほか

「プラチナデータ」のネタバレあらすじ結末

プラチナデータの紹介:2012年日本映画。東野圭吾の原作による「プラチナデータ」を元とする近未来ミステリー映画です。遺伝子によって犯人を特定し事件を解決するシステムが推進され、そのシステムに疑問をもち真相解明に乗り出す刑事の活躍と、システムの開発者でありながらそのシステムのために人生を翻弄された一人の男の悲哀を描いています。予想外に逃走劇が多く、それに伴うアクションが多いので驚かされハラハラしますが、しっかりと近未来ミステリーとしてのストーリーがあり、それに伴うテーマが、見るものに伝わるように制作されています。
監督:大友啓史 出演:二宮和成(神楽龍平/リュウ)、豊川悦司(浅間玲司)、杏(白鳥里沙)、生瀬勝久(志賀孝志)、鈴木保奈美(水上江利子)、水原希子(蓼科早樹)、遠藤要(戸倉稔)、ほか

「るろうに剣心」のネタバレあらすじ結末

るろうに剣心の紹介:2012年日本映画。週刊少年ジャンプに連載されていた漫画「るろうに剣心―明治剣客浪漫譚―」が原作の日本映画。シリーズ3作から成り、2012年に本作の第一弾が公開された。幕末に「人斬り抜刀斎」と恐れられた若者・緋村剣心。流浪の身となった彼は、「不殺(ころさず)の誓い」を立て各地を巡る旅を続けていた。時は明治初頭。東京に流れ着いた剣心は、剣術道場を支える少女・神谷薫との出会いをきっかけに、都内で起きている辻斬りと阿片の密売を巡る騒動に巻き込まれていく。
監督:大友啓史 出演者:佐藤健(緋村剣心)、武井咲(神谷薫)、吉川晃司(鵜堂刃衛)、蒼井優(高荷恵)、青木崇高(相楽左之助)、須藤元気(戌亥番神)、田中偉登(明神弥彦)、江口洋介(斎藤一)、香川照之(武田観柳)ほか

「ハゲタカ」のネタバレあらすじ結末

ハゲタカの紹介:2009年日本映画。企業買収をテーマに、熾烈なマネーゲームを繰り広げるファンド同士の戦いをリアルに描いた作品。どちらが勝利するか分からない、手に汗握るストーリー展開に、最後まで目が離せません。
監督:大友啓史 出演者:大森南朋(鷲津)、玉山鉄二(劉)、高良健吾(守山)、柴田恭兵(芝野)、松田龍平(西野)、ほか

「るろうに剣心 伝説の最期編」のネタバレあらすじ結末

るろうに剣心 伝説の最期編(るろうにけんしん でんせつのさいごへん)の紹介:2014年日本作品。るろうに剣心 伝説の最期編は佐藤健の演ずる「人斬り抜刀斎」と幕末恐れられた緋村剣心の物語である。第一作・第二作「るろうに剣心」の続編として2014年9月13日に全国劇場公開され、43.5億円の興行収入を記録しました。第二作京都大火編から2ヶ月以内の公開となった。
監督:大友啓史 主演:緋村剣心役「佐藤健」 神谷薫役「武井咲」 四乃森蒼紫役「伊勢谷友介」相楽左之助役「青木崇高」高荷恵役「蒼井優」他

「るろうに剣心 京都大火編」のネタバレあらすじ結末

るろうに剣心 京都大火編(るろうにけんしん きょうとたいかへん)の紹介:2014年日本映画。るろうに剣心京都大火編は佐藤健の演ずる「人斬り抜刀斎」と幕末恐れられた緋村剣心の物語である。第一作「るろうに剣心」の続編として2014年8月1日に全国劇場公開され、52.2億円の興行収入を記録しました。
監督:大友啓史 出演者:緋村剣心役「佐藤健」 神谷薫役「武井咲」 四乃森蒼紫役「伊勢谷友介」相楽左之助役「青木崇高」高荷恵役「蒼井優」他

TOP↑