サスペンス映画のネタバレ

「デスノート」のネタバレあらすじ結末

デスノートの紹介:2006年日本映画。そのノートに名前を書くだけで人が殺せるという「デスノート」、ある雨の日に一冊のノートを拾った「夜神月」は、そのノートの魅力に取り憑かれていくのである。そのノートの落とし主は死神デュークだったのだ。
監督:金子修介 出演:藤原竜也、松山ケンイチ、香椎由宇、リューク声優・中村獅童、鹿賀丈史、細川茂樹ほか

「激突!」のネタバレあらすじ結末

激突!の紹介:1971年アメリカ映画。「E.T」や「ジュラシックパーク」等大ヒット作品を数々生み出した世界的にも有名なスピルバーグ監督が無名時代に手掛けた低予算作品です。激突!は、主人公がタンクローリーに執拗に追われる様が非常にスリリングに作られていて監督のセンスの良さを感じずにはいられない古き良き作品となっています。
監督:スティーヴン・スピルバーグ 出演:デニス・ウィーヴァー(デヴィッド・マン)、キャリー・ロフティン(トラックの運転手)、エディ・ファイアストーン(カフェの主人)、ルー・フリッゼル(バスの運転手)、ルシル・ベンソン(蛇屋の女性)、ジャクリーン・スコット(マン夫人)、アレクサンダー・ロックウッド(車の老人)、ほか

「天使と悪魔」のネタバレあらすじ結末

天使と悪魔の紹介:2009年アメリカ作品。トム・ハンクス主演、歴史に隠された謎に挑むサスペンス・ミステリー「ダ・ヴィンチ・コード」シリーズ第2弾。今作ではバチカンを狙う秘密結社イルミナティの陰謀に立ち向かう。次期教皇を決めるコンクラーベが始まった。しかし、候補者4人が何者かに誘拐される。果たして、次期教皇は無事に決まるのか。本作の続編として「インフェルノ」が公開されている。
監督:ロン・ハワード 脚本:デイヴィッド・コープ 出演:トム・ハンクス(ロバート・ラングドン)、アイェレット・ゾラー(ヴィットリア・ヴェトラ)、ユアン・マクレガー(カメルレンゴ)、ステラン・スカルスガルド(リヒター隊長)、ほか

「メイズランナー」のネタバレあらすじ結末

メイズランナーの紹介:2014年アメリカ作品。アメリカの小説家ジェームズ・ダシュナーによる、「メイズ・ランナー」三部作のうちの1作目の映画作品です。また小説が三部作構成ということで、「1」が本作、「2 砂漠の迷宮」に続き、2018年1月25日に「3」が初公開される予定で、これで完結すると言われています。そして本作がストーリーの「始まり」です。主人公の少年トーマスは上昇し続けるエレベーターの中で目を覚まします。何故自分がそこにいるかわからないままエレベーターが到着した先には、多くの少年が自分を待ち構えていました。そして周囲を見渡すと、大きな登ることが到底できないような壁に囲まれていました。そこは大迷宮の中心だったのです。
監督:ウェス・ボール 出演:ディラン・オブライエン(トーマス)ウィル・ポールター(ギャリー)カヤ・スコデラリオ(テレサ)トーマス・ブローディ・サングスター(ニュート)アムル・アミーン(アルビー)キー・ホン・リー(ミンホ)ブレイク・クーパー(チャック)パトリシア・クラークソン(エヴァ・ペイジ)、ほか

「ハイネケン誘拐の代償」のネタバレあらすじ結末

ハイネケン誘拐の代償の紹介:2015年ベルギー、アメリカ、オランダ合作。ビール企業ハイネケンの経営者が誘拐された実際の事件を映画化した。素人が犯罪に手を染めるその先の代償とは?アンソニー・ホプキンス演じるハイネケン氏が誘拐犯を翻弄する。
監督:ダニエル・アルフレッドソン 出演:アンソニー・ホプキンス、ジム・スタージェス、サム・ワーシントン、ライアン・クワンテン、マーク・ファン・イーフェンほか

「トム・アット・ザ・ファーム」のネタバレあらすじ結末

トム・アット・ザ・ファームの紹介:2013年カナダ・フランス合作。2015年カンヌ映画祭史上最年少審査員に選ばれた監督・グサヴィエ・ドランが監督主演で贈る問題作。田舎町で起こる人々の心の葛藤から世界問題に迫る。
監督:グザビエ・ドラン 出演:グザビエ・ドラン、ピエール=イブ・カルディナル、リズ・ロワ、エブリーヌ・ブロシュ、マニュエル・タドロスほか

「ユージュアル・サスペクツ」のネタバレあらすじ結末

ユージュアル・サスペクツの紹介:1995年アメリカ作品。5人の犯罪者の歯車の狂い始めた犯罪計画の顛末を卓越した構成で描いた衝撃の結末のサスペンス・ミステリー。
監督:ブライアン・シンガー 出演:スティーヴン・ボールドウィン、ガブリエル・バーン、チャズ・パルミンテリ、ケヴィン・ポラック、ピート・ポスルスウェイト、ケヴィン・スペイシーほか

「アウェイク」のネタバレあらすじ結末

アウェイクの紹介:2007年アメリカ映画。スターウォーズでアナキン・スカイウォーカーの青年時を演じ注目を集めたヘイデン・クリステンセンを主演に、手術中の昏睡覚醒により隠された真実が明らかになるサスペンスストーリー。実際の医療現場でも稀に起こることのある術中覚醒(アネセシア・アウェアネス)による激しい痛みとの戦いの中で、主人公クレイトンが知った本当の痛みとは。
監督:ジョビー・ハロルド 出演: ヘイデン・クリステンセン、ジェシカ・アルバ、テレンス・ハワード、レナ・オリンほか

「真夜中のゆりかご」のネタバレあらすじ結末

真夜中のゆりかごの紹介:2014年/デンマーク映画。 独りの警官の暴走した正義感が引き起こす悲劇、孤立する母親の抱える静かな狂気、静かな湖畔に巻き起こるミステリー。
監督:スサンネ・ビア 出演:ニコライ・コスター=ワルドー、ウルリッヒ・トムセン、マリア・ボネヴィー、ニコライ・リー・コスほか

「パフューム ある人殺しの物語」のネタバレあらすじ結末

パフューム ある人殺しの物語の紹介:2006年ドイツ/フランス/スペイン映画。パトリック・ジュースキントのベストセラー小説『香水 ある人殺しの物語』をトム・ティクヴァ監督が映画化した衝撃のサスペンスドラマ。第19回東京国際映画祭特別招待作品。東京国際シネシティ フェスティバル特別招待作品。
監督:トム・ティクヴァ キャスト:ベン・ウィショー(ジャン=バティスト・グルヌイユ)、レイチェル・ハード=ウッド(ローラ)、アラン・リックマン(リシ)、ダスティン・ホフマン(ジュゼッペ・バルディーニ)、ほか

「白い肌の異常な夜」のネタバレあらすじ結末

白い肌の異常な夜の紹介:1971年アメリカ映画。南北戦争で傷を負った北軍の兵士クリント・イーストウッドがとある森の中の男子禁制の女子寄宿舎に命からがら保護され手厚い看病を受けます。男を知らない或いはしばらく男と遠ざかっていた彼女たちは女のいやらしい性(さが)に目覚め平静を装いながらそれぞれの思惑で男に近づき、それをいいことに男もまた彼女たちにそれぞれの方法で誘惑し、ワルな男と怖い女のおどろおどろしい展開となります。ドン・シーゲル監督とイーストウッドのコンビ作のひとつで、アクションを手掛けてきた彼らにとっては異色作。一人の男をめぐる女性たちの異常心理を描く。ノコギリを使った手術場面が凄惨。
監督・製作:ドン・シーゲル キャスト:クリント・イーストウッド(ジョン・マクバニー伍長)、エリザベス・ハートマン(エドウィーナ・ダブニー)、ジョー・アン・ハリス(キャロル)、ダーリーン・カー(ドリス)、ジェラルディン・ペイジ(マーサ・ファーンズワース)、メエ・マーサー(ヘイリー)、ほか

「ルルドの泉で」のネタバレあらすじ結末

ルルドの泉で の紹介:2009年オーストリア,フランス,ドイツ映画。ヴェネチア国際映画祭5部門受賞。世界的に有名な聖地フランスのルルドを舞台に、奇跡を求めて各国からルルドに集まる人々が抱える悩みや孤独を鮮明にあぶり出す。
監督:ジェシカ・ハウスナー 出演:シルヴィー・テステュー(クリスティーヌ)、レア・セドゥ(マリア)、ブリュノ・トデスキーニ(クノ)、エリナ・レーヴェンソン(セシル)ほか

1 84 85 86 87 88

キーワードから探す

TOP↑