松坂桃李映画一覧

「チーム・バチスタFINAL ケルベロスの肖像」のネタバレあらすじ結末

チーム・バチスタFINAL ケルベロスの肖像の紹介:2014年日本映画。海堂尊原作のチームバチスタの小説を映像化したシリーズの最終章となる作品。医療ミステリーとしてはいつもどおり良くできていて、驚く展開も待ち受けています。死因究明システムの一大改革に取り組む主人公たちは、過去の医療ミス、薬剤の副作用、医療界の癒着など重い話と絡んで、殺人事件の闇に襲われます。見ている方は気が重くなりますが、同時にとても考えさせられます。いつもシリーズで強気だった厚労省の白鳥は若き日の自分の研修医としての過ちに苦しめられます。多くの命を救うためには早く新しい薬を認可したいところですが、急ぐあまりその副作用に苦しめられる現実もあります。考えさせられるテーマがベースにありますが、医療ミステリーとしてのエンターテインメント性もある作品です。
監督:篠原哲雄 出演者: 伊藤淳史(田口公平)、仲村トオル(白鳥圭輔)、桐谷美玲(別宮葉子)、松坂桃李(滝沢秀樹)、西島秀俊(速水晃一)、栗山千明(桜宮すみれ)、生瀬勝久(東堂文昭)、ほか

「真田十勇士」のネタバレあらすじ結末

真田十勇士の紹介:2016年日本映画。2014年に上演された舞台「真田十勇士」を映画化。今から401年前に、徳川家康に最後まで逆らい、王手の一歩手前まで行って散ったために「日本一の兵(つわもの)」と言われた真田信繁(真田幸村)の映画。「真田幸村は腰抜けだった?」策士、猿飛佐助が大逆転の奇策を思いつく。十勇士VS徳川軍20万人。不可能を嘘で誠に出来るのか?
監督:堤幸彦 出演:中村勘九郎(猿飛佐助)、松坂桃李(霧隠才蔵)、大島優子(火垂)、永山絢斗(根津甚八)、高橋光臣(筧十蔵)、松平健(徳川家康)、加藤雅也(真田幸村)、大竹しのぶ(淀殿)、ほか

「アントキノイノチ」のネタバレあらすじ結末

アントキノイノチの紹介:2011年日本映画。複雑な過去により心を閉ざしてしまった若者たちが、遺品整理という仕事を通して再生していく姿を描く。原作となったのはさだまさしの小説。キャッチコピーは「それでも、遺されたのは未来」。題名からアントニオ猪木を連想するが、この作品とは一切関係なく、出演もしていないが、作品を最後まで観ると題名の意味がわかります。
監督:瀬々敬久 出演:岡田将生(永島杏平)、榮倉奈々(久保田ゆき)、松坂桃李(松井新太郎)、鶴見辰吾(古田)、宮崎美子(美智子)、原田泰造(佐相)、ほか

「僕たちは世界を変えることができない。」のネタバレあらすじ結末

僕たちは世界を変えることができない。の紹介:2011年日本映画。原作は、葉田甲太によるノンフィクション小説。2005年夏、医大に通う田中甲太は、イベントサークルなどに入り、楽しい毎日を過ごしていたが、どことなく物足りない毎日…。そんな、日常を非日常に変える、一冊のパンフレットに、目を奪われる。
監督:深作健太 出演:向井理(田中甲太)、松坂桃李(本田充)、柄本佑(芝山匡史)、窪田正孝(矢野雅之)、村川絵梨(久保かおり)、黒川芽以(デリヘル嬢・ルナ)、江口のりこ(篠崎奈緒)、黄川田将也(IT企業の社長)、リリー・フランキー(バーのマスター)、阿部寛(近藤教授)、ほか

「麒麟の翼」のネタバレあらすじ結末

麒麟の翼 ~劇場版・新参者~の紹介:2011年日本映画。東野圭吾の小説「加賀恭一郎シリーズ」の「新参者」を基に、阿部寛主演ドラマの劇場版。日本橋の麒麟像の下で一人の男性が殺され、被疑者と見られる男はトラックに轢かれて意識不明の重体になりました。加賀刑事は被害者の足取りを追いながら真相に迫ります。
監督:土井裕泰 出演:加賀恭一郎(阿部寛) 青柳武明(中井貴一) 青柳悠人(松坂桃李) 八島冬樹(三浦貴大) 中原香織(新垣結衣) 松宮脩平(溝端淳平) 杉野達也(山崎賢人) 吉永友之(菅田将暉)ほか

「ピースオブケイク」のネタバレあらすじ結末

ピースオブケイクの紹介:2015年日本映画。ジョージ朝倉の人気マンガを実写映画化した作品。限りなく軽くて、ゆれやすい20代の成長と恋を描いた作品。恋に悩み、誰かに出会い、そして恋をすることで成長していく。「ピースオブケイク」とは、日本語でたやすいこと、軽いことという意味の英語です。現代の女性の恋と仕事のリアルな態度や、気持ちを描いている漫画が原作で作られた映画です。
監督:田口トモロヲ 出演;多部未華子(梅宮志乃)、綾野剛(菅原京志郎)、松坂桃李(天ちゃん)、木村文乃(ナナコ)、光宗薫(あかり)、柄本佑(正樹)、菅田将暉(川谷)、峯田和伸(千葉)、中村倫也、安藤玉恵、森岡龍、宮藤官九郎(友情出演)、廣木隆一(友情出演)ほか

「図書館戦争 THE LAST MISSION」のネタバレあらすじ結末

映画 図書館戦争 THE LAST MISSION(ラストミッション)の紹介:2015年日本映画。有川浩の小説「図書館戦争」を映画化した図書館戦争シリーズ2作目『図書館戦争 THE LAST MISSION』。メディアを取り締まる法律が施行されている正化(せいか)という元号の近未来日本を舞台に、表現の自由を守る図書館の自衛武装組織である図書隊の戦いと隊員たちの恋愛模様を描くエンターテインメント大作。
監督:佐藤信介 出演者:岡田准一(堂上篤)、榮倉奈々(笠原郁)、田中圭(小牧幹久)、福士蒼汰(手塚光)、西田尚美(折口マキ)、橋本じゅん(玄田竜助)、土屋太鳳(中澤毬江)、松坂桃李(手塚慧)、栗山千明(柴崎麻子)、石坂浩二(仁科巌)、中村蒼(朝比奈修二)ほか

「日本のいちばん長い日(2015年)」のネタバレあらすじ結末

日本のいちばん長い日(2015年)の紹介:2015年日本映画。2015年、半藤一利の『日本のいちばん長い日 決定版』を原作として原田眞人監督により1967年の映画をリメイク。1945年8月15日終戦、70年前のあのとき、一体何が起きていたのか。原爆を落とされ、日本中が瀕死になっていても、なお戦争継続を叫ぶ人と、戦争を終わらせるべきと叫ぶ人がいました。終戦から70年を迎えた2015年、改めて70年前の大きな決断に迫る作品です。
監督:原田眞人 原作:半藤一利 出演:役所広司、本木雅弘、松坂桃李、堤真一、山崎努ほか

「マエストロ!」のネタバレあらすじ結末

映画マエストロ!の紹介:2015年日本映画。名門オーケストラの再結成をめぐり舞台裏で繰り広げられる若きバイオリニストと謎の中年指揮者の真剣勝負を描く。「コドモのコドモ」「神童」などのさそうあきら原作コミック「マエストロ」を実写映画化。
監督:小林聖太郎 原作:さそうあきら 出演:松坂桃李(香坂真一 / 第1ヴァイオリン/コンサートマスター)、miwa(橘あまね / フルート)、古舘寛治(阿久津健太朗 / ヴィオラ)、大石吾朗(村上伊佐夫 / 第1ヴァイオリン)、濱田マリ(谷ゆきえ / 第2ヴァイオリン)、河井青葉(榊涼子 / チェロ)、池田鉄洋(今泉徹 / コントラバス)、モロ師岡(鈴木稔 / フルート)、村杉蝉之介(可部直人 / クラリネット)、小林且弥(伊丹秀佳 / オーボエ)、中村倫也(丹下浩 / ティンパニ)、斉藤暁(一丁田薫 / ホルン)、嶋田久作(島岡脩三 / ホルン)、松重豊(相馬宏明 / オペラハウスのマネージャー)、西田敏行(天道徹三郎 / 指揮者)、ほか

1 2 3

キーワードから探す

TOP↑