青春映画のネタバレ

「ちはやふる -下の句-」のネタバレあらすじ結末

ちはやふる -下の句-の紹介:2016年日本映画。人気大爆発・競技かるた映画ちはやふる待望の続編。高校生で競技かるた現クイーンに君臨する若宮詩暢。それを倒すために、千早は奮闘するが…。
監督:小泉徳宏 出演:広瀬すず(綾瀬千早)、野村周平(真島太一)、真剣佑(綿谷新)、松岡茉優(若宮詩暢)ほか

「ちはやふる -上の句-」のネタバレあらすじ結末

ちはやふる -上の句-の紹介:2016年日本映画。競技かるた漫画の金字塔ちはやふるを、豪華キャストで映画化。広瀬すず・主演で、上の句(前編)、下の句(後編)の二部作構成の青春ドラマ。綾瀬千早と仲間たちのひたむきな夢や情熱を描く。
監督:小泉徳宏 出演:広瀬すず(綾瀬千早)、野村周平(真島太一)、真剣佑(綿谷新)、上白石萌音(大江奏)ほか

「二十歳(ハタチ)」のネタバレあらすじ結末

二十歳(ハタチ)の紹介:2015年韓国映画。未成年から大人の男への分岐点となる20歳を迎えた3人の男たちの青春。夢に悩み、恋に悩む3人の二十歳。
監督:イ・ビョンホン 出演者: ジュノ(ドンウ)、 キム・ウビン(チホ)、カン・ハヌル(ギョンジェ)、チョン・ソミン(ソミン)、 ほか

「セシボン」のネタバレあらすじ結末

セシボンの紹介:2014年韓国映画。昔ソウルで人気だった音楽喫茶“セシボン”を描いた作品。伝説のデュエット「ツインポリス」の誕生秘話と彼らのミューズをめぐる切ない恋を描く。
監督:キム・ヒョンソク 出演者: チョン・ウ(オ・グンテ(20年前)、 キム・ユンソク(オ・グンテ(現在)、ハン・ヒョジュ (ミン・ジャヨン(20年前 )、キム・ヒエ(ミン・ジャヨン(現在)、ジン・グ(イ・ジャンヒ(20年前)、チャン・ヒョンソク(イ・ジャンヒ(現在) ほか

「ギルバート・グレイプ」のネタバレあらすじ結末

ギルバート・グレイプの紹介:1993年アメリカ映画。18歳の誕生日を目前に控えたアーニー。彼の世話をする兄ギルバートの周りで複雑な人間関係がやがて事件の連鎖を起こしてゆく。
監督:ラッセ・ハルストレム 出演:ジョニー・デップ(ギルバート)、ジュリエット・ルイス(ベッキー)、メアリー・スティーンバージェン(ベティ)、レオナルド・ディカプリオ(アーニー)ほか

「リリイ・シュシュのすべて」のネタバレあらすじ結末

リリイ・シュシュのすべての紹介:2001年日本映画。いじめや売春、犯罪などをテーマに、14歳という多感な時期にいる子供達の心の闇を鮮烈に描いた衝撃作。インターネットに書き込まれる子供たちの心の叫びが、心に突き刺さります。
監督:岩井俊二 出演者:市原隼人(蓮見雄一)、忍成修吾(星野修介)、蒼井優(津田詩織)、伊藤歩(久野陽子)ほか

「WOOD JOB!(ウッジョブ)」のネタバレあらすじ結末

WOOD JOB!(ウッジョブ)~神去なあなあ日常~の紹介:2014年日本映画。都会育ちの若者が山奥の村で林業をすることになり、厳しい先輩の指導や、危険と隣り合わせの過酷な状況に悪戦苦闘しながら、村人や自然との触れ合いで成長する姿を描く。2014年9月12日から14日にかけてアメリカ合衆国・ロサンゼルスで開催されたLA EigaFest 2013では招待作品として上映された。
監督:矢口史靖 出演者:染谷将太(平野勇気)、 長澤まさみ(石井直紀)、伊藤英明( 飯田与喜(よき))、 優香(飯田みき(与喜の妻))、 ほか

「ヒューマン・トラフィック」のネタバレあらすじ結末

ヒューマン・トラフィックの紹介:1999年イギリス映画。ドラッグとクラブに人生のはけ口を見出す英国の若者を写した映画で、ある若者グループを通してコミカルに物語が進んでいきます。
監督:ジャスティン・ケリガン 出演:ジョン・シム、ショーン・パークス、ニコラ・レイノルズ、ダニー・ダイアほか

「あのころ僕らは」のネタバレあらすじ結末

あのころ僕らはの紹介:2000年アメリカ映画。作品自体は1995年に作成されたものが、2000年になってようやく日の目を見たという作品で、スターとなる前のレオナルドディカプリオなどが出演しています。
監督:R・D・ロブ 出演:レオナルド・ディカプリオ(デレク)、トビー・マグワイア(イアン)、アンバー・ベンソン(エイミー)、スコット・ブルーム(ブラッド)ほか

「リプリー」のネタバレあらすじ結末

リプリーの紹介:1999年アメリカ映画。パトリシアハイスミスによる小説の映画化で、これまではアランドロンが演じた太陽がいっぱいという映画で一度映像化されており、今回は二度目の映像化となります。マットデイモンによる二つの変化を楽しむことができるのが特徴です。
監督:アンソニー・ミンゲラ 出演:マット・デイモン(トム・リプリー)、グウィネス・パルトロー(マージ・シャーウッド)、ジュード・ロウ(ディッキー・グリーンリーフ)、ケイト・ブランシェット(メレディス・ローグ)ほか

「ROOKIES 卒業」のネタバレあらすじ結末

ROOKIES -卒業-の紹介:2009年日本映画。人気ドラマシリーズの続編という位置付けで映画化されました。テレビドラマ版と同一のキャスティング・スタッフによ製作され、ドラマ版では登場しなかった笹崎戦などを織り込んだオリジナルの内容で構成されています。ブームを巻き起こした人気ドラマの集大成とも言えます。このドラマや映画から、佐藤健などの主役を張るようなスター俳優を数多く生み出しました。
監督:平川雄一朗 出演:佐藤隆太(川藤幸一)、市原隼人(安仁屋恵壹)、小出恵介(御子柴徹)、城田優(新庄慶)、中尾明慶(関川秀太)、高岡蒼甫(若菜智哉)、山本裕典(赤星奨志)、武田航平(川上貞治)ほか

「ファンダンゴ」のネタバレあらすじ結末

ファンダンゴの紹介:1985年アメリカ映画。スピルバーグ監督の弟子達によるC級映画1985年、バブル時代に公開された作品です。公開初日に映画館で「団子」を配るダメ押しにより当時は罵倒された映画ですが、今や名優である若き日のケビン・コスナーの出世作品であることは、あまり知られていない。
監督:ケヴィン・レイノルズ 主演:ケビン・コスナー(ガードナー) 主題歌:エルトンジョン

「天然コケッコー」のネタバレあらすじ結末

天然コケッコーの紹介:2007年日本映画。田舎の小さな学校に通う主人公と、都会からやってきた転校生との間の甘酸っぱい恋を描いたラブストーリー。主人公達を取り巻く人間関係もほのぼのとしており、癒される作品となっています。
監督:山下敦弘 出演者:夏帆(そよ)、岡田将生(大沢)、夏川結衣(そよの母)、佐藤浩一(そよの父)ほか

「包帯クラブ」のネタバレあらすじ結末

包帯クラブの紹介:2007年日本映画。傷ついた人の心の傷を癒すために包帯を巻く行為を通じて、自分の心の傷に向き合い、成長していく青年たちの友情や絆を描いたヒューマン・ドラマ。天童荒太の小説が原作となっています。
監督:堤幸彦 出演者:柳楽優弥(ディノ)、石原さとみ(ワラ)、貫地谷しほり(タンシオ)、田中圭(ギモ)ほか

「パッチギ!」のネタバレあらすじ結末

パッチギ!の紹介:2004年日本映画。名曲「イムジン河」をテーマに、日本人と在日朝鮮人の高校生の友情や恋愛を描いたラブ・ストーリー。恋愛や友情に国籍など関係ないという強いメッセージが込められた作品です。
監督:井筒和幸 出演者:塩谷瞬(康介)、高岡蒼祐(アンソン)、沢尻エリカ(キョンジャ)、湯原京子(桃子)ほか

1 3 4 5 6 7 8 9 10
TOP↑