サスペンス映画のネタバレ

「白いドレスの女」のネタバレあらすじ結末

白いドレスの女の紹介:1981年アメリカ映画。焼けつくように暑いフロリダの夏。謎めいた美女マティと出会ってしまった弁護士ネッドは、人目を忍んで彼女との情事に溺れていきます。知らぬ間にマティにそそのかされたネッドは、彼女の夫殺害計画に巻き込まれていきます。そしてネッドの人生の歯車が、徐々に狂い始めます。若き日のM・ロークが、小さい役ながら好演しています。
監督:ローレンス・キャスダン 出演者:キャスリーン・ターナー(マティ)、ウィリアム・ハート(ネッド)、リチャード・クレンナ(エドモンド)、ミッキー・ローク(テディ)、テッド・ダンソン(ピーター)ほか

「カリフォルニア」のネタバレあらすじ結末

カリフォルニアの紹介:1993年アメリカ映画。ブライアンは傷ついた恋人のため共にカリフォルニアへ行くことを決意する。それは自信の小説のためでもあった。しかしお金がない二人はガス代などの節約のため同行者を募る。その募集を見て乗り込んだのは一組のカップルだった。そして二組四人のカリフォルニアへのドライブが始まる。しかし一人の行動のせいで旅はおかしくなっていく。ブラッド・ピッド主演、サスペンス映画。
監督:ドミニク・セナ 出演:ブラッド・ピット(アーリー・グレイス)、ジュリエット・ルイス(アデール・コーナーズ)、デヴィッド・ドゥカヴニー(ブライアン・ケスラー)、ミシェル・フォーブス(キャリー・ローリン)、ほか

「白夜行」のネタバレあらすじ結末

白夜行の紹介:2010年日本映画。舞台やドラマ化されてきた東野圭吾の人気小説「白夜行」を映画化。殺人事件に関係する人々の複雑な人間関係を軸に、19年にも及ぶ男女の狂おしい愛を描く。あっさり解決したかのように見えた事件は、あまりにも暗く陰湿な事実に包まれていて、少女を守るために生きてきた哀しい少年を苦しめていた事件だった。
監督:深川栄洋 出演:堀北真希(唐沢雪穂)、高良健吾(桐原亮司)、姜暢雄(笹塚一成)、緑友利恵(川島江利子)、粟田麗(栗原典子)、ほか

「背徳の囁き」のネタバレあらすじ結末

背徳の囁きの紹介:1989年アメリカ映画。ロサンゼルス市警に着任したエリート内務調査官が、暗躍する悪徳警官に挑発、翻弄されながらも悪事を暴いていくサスペンス。リチャード・ギアが初の悪役を演じた。
監督:マイク・フィギス 出演:リチャード・ギア(デニス・ペック)、アンディ・ガルシア(レイモンド ・アヴィラ)、ナンシー・トラヴィス(キャスリーン・アヴィラ )、ローリー・メトカーフ(エイミー・ウォーレス)、ほか

「デビル」のネタバレあらすじ結末

デビルの紹介:2011年アメリカ映画。高層ビルのエレベーターに5人の男女が閉じ込められてしまう。相互不信の中、不可解な出来事が続く。次々に犠牲者が出る中、真犯人の狙いと、その驚愕の真実が明らかになっていく。
監督:ジョン・エリック・ドゥードル 出演:クリス・メッシーナ(ボーデン刑事)、ローガン・マーシャル=グリーン(トニー(整備工))、ジェフリー・エアンド(ビンス・マコーミック(セールスマン))、ボヤナ・ノヴァコヴィッチ(サラ・キャラウェイ(若い女))、ジェニー・オハラ(ジェーン・コウスキー(老女))、ほか

「D坂の殺人事件」のネタバレあらすじ結末

D坂の殺人事件の紹介:2015年日本映画。D坂の殺人事件の作品紹介:ある日、D坂にて蕎麦屋の主人の遺体が発見される。警察は自殺と断定するが、疑問を抱いた名探偵・明智小五郎は捜査を開始する。そこには情欲と愛憎が渦巻く人間関係が秘められていた……。江戸川乱歩の没後50周年記念作品として再度映画化。
監督:窪田将治 出演:祥子(花崎悦子)、河合龍之介(郷田三郎)、木下ほうか(花崎)、大谷英子(明智文代)、仁科貴(鈴木)、近藤芳正(浪越警部)、草野康太(明智小五郎)、ほか

「エビデンス 全滅」のネタバレあらすじ結末

エビデンス 全滅の紹介:2013年アメリカ映画。砂漠の真ん中で、焼け焦げたバスと複数の遺体。現場にあった被害者と思われるビデオの映像を警察は押収する。その映像を頼りに、科捜研映像班の捜査員たちは、ここで何が起きて、一体犯人は誰なのかというの暴くために奮闘する。
監督:オラトゥンデ・オスンサンミ 出演者:スティーヴン・モイヤー、ラダ・ミッチェル、ケイトリン・ステイシー、ハリー・レニックス、スヴェトラーナ・メトキナ、ほか

「殺しのナンバー」のネタバレあらすじ結末

殺しのナンバーの紹介:2013年アメリカ映画。アメリカでCIAの捜査官をしていたエマーソン・ケントだが、重大なミスを犯したため、イングランドの田舎町に左遷される。その左遷先での任務は簡単なものだった。しかし、ある日、謎の二人組に襲撃を受けて、田舎町でののんびりした生活は一変する。
監督:カスパー・バーフォード 出演:ジョン・キューザック(エマーソン・ケント)、マリン・アッカーマン(キャサリン)、リアム・カニンガム(グレイ)、リチャード・ブレイク(マックス)、ブライアン・ディック(デビッド)、ほか

「殺人ゲームへの招待」のネタバレあらすじ結末

殺人ゲームへの招待の紹介:1985年アメリカ映画。人気の無い山の中に浮かぶ不気味な屋敷にある夜数人の男女が集められた。彼らは皆ある人物からの手紙を受け取っておりさらに全員には共通点があった。それは謎の人物による脅迫。そしてその人物と思われる男もその屋敷に招待されていた。そんな時突然屋敷の電気が消えた。そして次に点いた時、彼らを脅迫したと思われる男が床に倒れていた。あるボードゲームを映画化したミステリーコメディ。
監督:ジョナサン・リン 出演:レスリー・アン・ウォーレン(ミス・スカーレット)、ティム・カリー(ワーズワース)、アイリーン・ブレナン(ミセス・ピーコック)、マデリーン・カーン(ミセス・ホワイト)、クリストファー・ロイド(プラム教授)、ほか

「ジャッカルの日」のネタバレあらすじ結末

ジャッカルの日の紹介:1973年イギリス,フランス映画。フランスでドゴール大統領暗殺未遂が発生、その首謀者が処刑される。事件を起こした軍事組織OASの者達は、報復も兼ね、一流の殺し屋を雇い、再度暗殺を目論む。その殺し屋は、特殊な銃を作り、幾つもの身分を偽り、ヨーロッパの国々を越えてパリに向かう。そしてその暗殺に挑む男の名は、ジャッカルと言った。ヨーロッパを舞台に国境を跨ぎ、迫り来るジャッカルを緊迫感たっぷりに描いたサスペンス映画の傑作。
監督:フレッド・ジンネマン 出演者:ジャッカル(エドワード・フォックス)、ルベル警視(ミシェル・ロンスデール)、大臣(アラン・パテル)、ロダン大佐(エリック・ポーター)、コレット(デルフィーヌ・セーリク)

「悪い奴ほどよく眠る」のネタバレあらすじ結末

悪い奴ほどよく眠るの紹介:1960年日本映画。独立プロとして自らの映画制作会社を設立した黒澤監督が、その第一作として発表したサスペンス・ドラマ。シェイクスピアの「ハムレット」を下敷きに、1人の男が父親の復讐のため巨大悪と戦う姿を描く。
監督:黒澤明 出演:三船敏郎(西幸一)、森雅之(岩淵)、香川京子(岩淵佳子)、志村喬(守山)、西村晃(白井)

「甘い人生」のネタバレあらすじ結末

甘い人生の紹介:2005年韓国映画。ソヌは、ホテルの総マネージャーを務めている。一方裏では、カン社長の指示に従って、余計な感情を捨てて、汚れ仕事もこなす。信頼を得ているソヌは、カン社長の愛人であるヒスの監視を頼まれる。「もしほかに恋人がいれば始末しろ」という命令を受けるのだが・・・・
監督:キム・ジウン 出演者:イ・ビョンホン(キム・ソヌ)、キム・ヨンチョル(カン社長)、シン・ミナ(ヒス)、ほか

「罪の余白」のネタバレあらすじ結末

罪の余白の紹介:2015年日本映画。大学講師をしていた安藤聡は、ある日娘の安藤加奈が高校のベランダから転落した知らせを聞いて衝撃を受ける。娘を救えずに自責の念にとらわれていた聡に、ある少女が訪問する。加奈のクラスメイトの咲だった。遺書や日記を残していないか聡に尋ね、2人で日記を探す。日記で、聡はこの木場咲こそが加奈を自殺に追いやった張本人の1人だということを知る。聡は復讐心に覆われる。いじめや人間の心理を丁寧に描いた、芹沢央原作のヒューマン・ドラマ。
監督:大塚祐吉 出演者:内野聖陽(安藤聡)、吉本美憂(咲)、吉田美佳子(安藤加奈)谷村美月(小沢早苗)、新海真帆(宇野愛海)葵わかな(笹川七瀬)、堀部圭亮(西崎真)、加藤雅也(高山満)
ほか

「ザ・コンサルタント」のネタバレあらすじ結末

ザ・コンサルタントの紹介:2016年アメリカ映画。自閉症のクリスチャンは数字に強い事を生かし会計士になるが、彼は裏社会にクライアントを持ち彼らの会計士をしながら大金を稼ぐ顔も持つ。ある日依頼を受けた大企業の財務調査で不正を見つけるが、それをきっかけに命を狙われることとなる。
監督:ギャビン・オコナー 出演:ベン・アフレック(クリスチャン)、アナ・ケンドリック(ダナ)、J・K・シモンズ(レイ)、ほか

「アリス・クリードの失踪」のネタバレあらすじ結末

アリス・クリードの失踪の紹介:2009年イギリス映画。身代金のために女性を誘拐した男2人組と、その誘拐された女性が繰り広げられる心理劇を巧みな描写で映し出したスリラー映画となっています。
監督:J・ブレイクソン 出演:ジェマ・アータートン(アリス・クリード)、マーティン・コムストン(ダニー)、エディ・マーサン(ヴィック)、ほか

1 2 3 4 5 6 7 8 22
TOP↑