ドラマ映画のあらすじ

「うなぎ」のネタバレあらすじ結末

うなぎの紹介:1997年日本映画。吉村昭の小説「闇にひらめく」を今村昌平監督が映画化、カンヌ国際映画祭で最高賞パルムドールを受賞した作品です。人間不信に陥り、ペットのうなぎにだけ心を開く仮出所中の中年男と、自殺を図ったところ彼に助けられた女性との心の交流を軸に描いた人間ドラマです。
監督:今村昌平 出演者:役所広司(山下拓郎)、清水美砂(服部桂子)、佐藤充(高田重吉)、柄本明(高崎保)、田口トモロヲ(堂島英次)ほか

「リトル・マエストラ」のネタバレあらすじ結末

リトル・マエストラの紹介:2012年日本映画。石川県の田舎町を舞台にした作品で、有村架純演じる自称天才少女指揮者が過疎化が進む町のアマチュアオーケストラ楽団の指揮を執ることになり、コンクールを目指して奮闘する姿を描いた青春ドラマです。
監督:雑賀俊郎 出演者:有村架純(吉川美咲)、釈由美子(三村みどり)、蟹江敬三(荒沢源次)、篠井英介(大野岩雄)、筒井真理子(井坂洋子)ほか

「8月の家族たち」のネタバレあらすじ結末

8月の家族たちの紹介:2013年アメリカ映画。一見平穏に見えていた家族。しかし父の失踪、自殺を機に家族がバラバラになり、隠されていた事実が浮き彫りになっていく。それでも家族とは愛しいものだと思い返してくれる。
監督:ジョン・ウェルズ 出演:メリル・ストリープ(バイオレット)、ジュリア・ロバーツ(バーバラ)、ユアン・マクレガー(ビル)、クリス・クーパー(チャールズ)、アビゲイル・ブレスリン(ジーン)、ほか

「死ぬまでにしたい10のこと」のネタバレあらすじ結末

死ぬまでにしたい10のことの紹介:2003年カナダ,スペイン映画。余命わずかの女性が、自分のやりたい10のことを書き出し迫りくる死の恐怖を向き合いながら、日々を生きる物語。所々に出てくる語り手がYou=主人公のこと、となっておりまるで自分が主人公かのような気持ちになる。
監督:イザベル・コヘット 出演:サラ・ポーリー(アン)、スコット・スピードマン(ドン)、デボラ・ハリー(アンの母)、マーク・ラファロ(リー)、アルフレッド・モリナ(アンの父)、ほか

「夢」のネタバレあらすじ結末

の紹介:1990年日本,アメリカ映画。黒澤明監督が実際に見たという夢を元にした幻想的な作品。幼い男の子が狐の嫁入りを目撃する「日照り雨」、桃の木の化身達が美しく舞う「桃畑」など、8編のオムニバス形式をとっている。また、監督自身の人生を表現した作品とも言われる。
監督:黒澤明 出演者:寺尾聰(「雪あらし」以降の私)、倍賞美津子(私の母)、原田美枝子(雪女)、いかりや長介(鬼)、マーティン・スコセッシ(ゴッホ)ほか

「幸福の条件」のネタバレあらすじ結末

幸福の条件の紹介:1993年アメリカ映画。愛し合う一組の夫婦と、一人の大富豪の男。ある出来事がきっかけで、夫婦は男にある“ゲーム”をしかけられます。 二人の愛は本物なのか、それとも欲望の前では脆く崩れ去るのか。
監督:エイドリアン・ライン 出演:ロバート・レッドフォード(ジョン)、デミ・ムーア(ダイアナ)、ウディ・ハレルソン(デヴィット)、シーモア・カッセル、オリヴァー・プラット、ビリー・ボブ・ソーントン、リップ・テイラー、ほか

「クリスマスのその夜に」のネタバレあらすじ結末

クリスマスのその夜にの紹介:2010年ノルウェー,ドイツ,スウェーデン映画。スウェーデンのとある町、様々事情の人々がそれぞれのクリスマス・イブを過ごす。一夜を切り出した人間味あふれる群像劇。
監督:ベント・ハーメル 出演:トロンド・ファウサ・アウルヴォーグ(パウル)、クリスティーネ・ルイ・シュレッテバッケン(トネ)、フリチョフ・ソーハイム(クヌート)、セシル・モスリ(エリサ)、サラ・ビントゥ・サコール(ビントゥ)、ほか

「歌声にのった少年」のネタバレあらすじ結末

歌声にのった少年の紹介:2015年パレスチナ映画。2013年のエジプトの人気オーディション番組「アラブ・アイドル」で見事優勝し、パレスチナを代表するスーパースターとなったムハンマド・アッサーフの実話を基に映画化された作品で、亡き姉との約束を果たすため、歌で世界を変えようと誓う主人公の姿を描いています。
監督:ハニ・アブ・アサド 出演者:タウフィーク・バルフム(ムハンマド・アッサーフ)、カイス・アタッラー (少年時代のムハンマド・アッサーフ)、ヒバ・アタッラー(ヌール)、ディーマ・アワウダ(アマル)、アハマド・ロッホ(ウマル)ほか

「グローリー/明日への行進」のネタバレあらすじ結末

グローリー/明日への行進の紹介:2014年アメリカ映画。1965年、黒人公民権運動の指導者・キング牧師が主導した、黒人の選挙権を求めるアラバマ州セルマから州都モンゴメリーまでのデモ行進、そしてそれに伴う大事件「血の日曜日」を、キング牧師や人々の苦悩や闘いを交えて描いたヒューマンドラマです。
監督:エヴァ・デュヴァネイ 出演者:デヴィッド・オイェロウォ(マーティン・ルーサー・キング・Jr)、トム・ウィルキンソン(リンドン・B・ジョンソン)、カルメン・イジョゴ(コレッタ・スコット・キング)、ジョヴァンニ・リビシ(リー・C・ホワイト)、アレッサンドロ・ニヴォラ(ジョン・ドア)ほか

「サトラレ」のネタバレあらすじ結末

サトラレ TRIBUTE to a SAD GENIUSの紹介:2000年日本映画。佐藤マコトの同名漫画「サトラレ」の映画化作品です。思っていることが口に出さずとも周囲に伝わってしまう「サトラレ」の青年医師の葛藤と成長を描いています。
監督:本広克行 出演者:安藤政信(里見健一)、鈴木京香(小松洋子)、内山理名(川上めぐみ)、寺尾聰(東隆之)、八千草薫(里見キヨ)ほか

「或る終焉」のネタバレあらすじ結末

或る終焉の紹介:2015年メキシコ,フランス映画。終末医療や安楽死という重いテーマ、そして衝撃のエンディングがカンヌ映画祭で反響を呼んだヒューマン・ドラマ。台詞と音楽が最小限に抑えられたストイックな演出も話題となり、同映画祭で脚本賞を受賞した。孤独に暮らす看護師の男。患者の命を繋ぐことにひたすら人生を捧げているように見えるが、離婚した妻と娘に再会したことで過去の深い悲しみが蘇っていく。主演は「ヘイトフル・エイト」(2015)のティム・ロス。共演はキーファー・サザーランドの実娘サラ・サザーランド。
監督:ミシェル・フランコ 出演者:ティム・ロス(デヴィッド)、ロビン・バートレット(マーサ)、マイケル・クリストファー(ジョン)、サラ・サザーランド(ナディア)、レイチェル・ピッカップ(サラ)、ナイレア・ノルビンド(ローラ)ほか

「だれかの木琴」のネタバレあらすじ結末

だれかの木琴の紹介:2016年日本映画。ある日偶然入った美容室で髪を切ってもらった親海小夜子。担当してくれたのが山田海斗という美容師だった。名刺交換をし小夜子が満足し帰宅すると、営業メールが届く。そのメールに小夜子は返信した。そして海斗もハサミの写真付で返信する。すると小夜子は新調したベットの写真を送り何度も美容室を訪れるようになるが、だんだん行動がエスカレートしていくのであった。
監督:東陽一 出演者:常盤貴子(親海小夜子)、池松壮亮(山田海斗)、勝村政信(親海光太郎)、佐津川愛美(唯)、ほか

「遙か群衆を離れて(2015年)」のネタバレあらすじ結末

遙か群衆を離れての紹介:2015年イギリス映画。19世紀のイギリス、おじから受け継いだ農場を経営する女性バスシェバ・エヴァディーンが、羊使いガブリエル、軍曹のトロイ、隣人のボールドウッドの3人の男性から求婚され、真実の愛を最後に知るというドラマ映画。
監督:トマス・ウィンターベア 出演者:キャリー・マリガン(バスシェバ・エヴァディーン)、マイケル・シーン(ボールドウッド氏)、マティアス・スーナールツ(ガブリエル・オーク)、トム・スターリッジ(フランク・トロイ)ほか

「マイ・マザー」のネタバレあらすじ結末

マイ・マザーの紹介:2009年カナダ映画。別題:マイ・マザー/青春の傷口。母とうまく行かないユベールは、何かと反抗したい盛り。母も息子が自分に隠していたことにショックを隠せない。そんな二人の行き着く先は。
監督:グザヴィエ・ドラン 出演:グザヴィエ・ドラン(ユベール・ミネリ)、アンヌ・ドルヴァル(シャンタル・レミング)、フランソワ・アルノー(アントナン・ランボー)、スザンヌ・クレマン(ジュリー・クロウティエ)、ニールス・シュナイダー(エリッ)、ほか

「オリヲン座からの招待状」のネタバレあらすじ結末

オリヲン座からの招待状の紹介:2007年日本映画。浅田次郎の短編小説を映画化したもので、昭和30年代と現代の京都を舞台に、時代に翻弄されながらも映画館「オリヲン座」を守ろうとした男女の姿を、常連だった少年少女のエピソードも交えて描いた作品です。
監督:三枝健起 出演者:宮沢りえ(豊田トヨ)、加瀬亮(仙波留吉)、宇崎竜童(豊田松蔵)、田口トモロヲ(三好祐次)、樋口可南子(三好良枝)ほか

1 2 3 4 5 6 7 8 9 60
TOP↑