オダギリジョー映画一覧

オダギリジョーが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「湯を沸かすほどの熱い愛」のネタバレあらすじ結末

湯を沸かすほどの熱い愛の紹介:2016年日本映画。銭湯「幸の湯」を営む幸野双葉は夫が蒸発し、1人娘の安澄を育てながらパートで働く主婦です。しかしある日、体調不良で仕事中倒れてしまい、病院で診察を受けるとステージ4の末期がんであることがわかり、余命2ヶ月という宣告をされてしまいます。治療の施しようもない中、双葉はやっておくべきことをやると決めて動き出します。主演は宮沢りえさんで、娘役が杉咲花さんです。杉咲さんはこの映画で日本アカデミー賞助演女優賞を受賞しています。
監督:中野量太 出演:宮沢りえ(幸野双葉)、杉咲花(幸野安澄)、篠原ゆき子(酒巻君江)、駿河太郎(滝本)、伊東蒼(片瀬鮎子)、松坂桃李(向井拓海)、オダギリジョー(幸野一浩)、ほか

「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」のネタバレあらすじ結末

東京タワー オカンとボクと、時々、オトンの紹介:2007年日本映画。母と子、母と父、父と子というどこにでもある関係を、作者のリリーフランキーの実体験に乗せて、お互いが持ち続けてた真っすぐな愛を描いた感動ドラマ。リリー・フランキーが亡き母への思いを綴り200万部以上の大ベストセラーとなった自伝小説「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」の映画化作品。
監督:松岡錠司 出演:オダギリジョー(ボク)、樹木希林(オカン)、内田也哉子(若い頃のオカン)、松たか子(ミズエ)、小林薫(オトン)、冨浦智嗣(中学、高校時代のボク)、田中祥平(小学校時代のボク)、谷端奏人(幼少時代のボク)、ほか

「ゆれる」のネタバレあらすじ結末

ゆれるの紹介:2006年日本映画。この作品は、西川美監督・原案・脚本の映画で、キャチコピーは「あの橋を渡るまでは、兄弟でした」、キャッチフレーズは「兄と僕は、どこかでつながっている、思っていました、これまでは。」という旧知の女性の転落死から裁判になる兄弟の姿を描いたヒューマン・サスペンスドラマです。第28回ヨコハマ映画祭作品賞、第49回朝日ベストテン映画祭日本映画1位、第61回毎日映画コンクール日本映画大賞など、数多くの賞を受賞した作品です。この作品で主演のオダギリジョーは、第30回日本アカデミー賞優秀主演男優賞を、香川照之は優秀助演男優賞を受賞しました。
監督:西川美和 出演:オダギリジョー(早川 猛)、香川照之(早川 稔)、伊武雅刀(早川 勇)、新井浩文(岡島洋平)、真木よう子(川端智恵子)、ほか

「続・深夜食堂」のネタバレあらすじ結末

続・深夜食堂の紹介:2016年日本映画。今回の映画は「続」ということで、「深夜食堂」の映画として2作目。安倍夜郎のマンガを映画化。「深夜食堂」で、食はオマケ。むしろ、ゲストキャラクターにドラマがあり、マスターは、それを見守り、料理をふるまうだけ、そんな、どこにでもあるような日常を切り取った話です。
監督:松岡錠司 出演:小林薫(マスター)、河井青葉(赤塚範子)、池松壮亮(高木清太)、キムラ緑子(高木聖子)、小島聖(木村さおり)、佐藤浩市(石田)、オダギリジョー(小暮)、ほか

「たみおのしあわせ」のネタバレあらすじ結末

たみおのしあわせの紹介:2007年日本映画。「時効警察」になどに出演している岩松了監督の作品。演技力のある俳優さんばかりが出ているので、見ている方は誰かの日常を覗き見ているような気恥かしさを感じます。内容は題名とは違って結構どろどろしています。また哲学的でもあります。女性の怖さ、その怖さに対してどうすることもできない男性の弱さを描き、男女が根本的に違うという部分を私たちに見せてくれます。いろいろとありますが、父親と息子の絆の深さを描いているとも言えます。話は地味にどろどろと進んでいきますが、ラストシーンはそれらをふっとばすような勢いがある展開です。ラストシーンを演じるオダギリジョーと原田芳雄の演技力には感服します。
監督:岩松了  出演者: オダギリジョー(神埼民男)、麻生久美子(三枝瞳)、原田芳雄(神埼伸男)、大竹しのぶ(宮地雪江)、小林薫(神埼透)、忌野清志郎(変な男)、石田えり(宗形)、ほか

「SHINOBI」のネタバレあらすじ結末

SHINOBI(しのび)の紹介:2005年日本映画。松竹映画が若手俳優を多く集めて作ったファンタジー時代劇。一応原作は小説の甲賀忍法帖ですが、設定やストーリーを変えているため、原作ファンにはあまり好評ではありません。原作が奥が深い分、限られた時間でストーリーを表現するのは難しいと感じます。全体的にエンターテイメント作品としては成り立っています。若くて初々しい、オダギリジョーと仲間由紀恵を見ることができます。最後にとったヒロインの行動に驚かされます。
監督:下山天 出演者: 仲間由紀恵(朧)、オダギリジョー(甲賀弦之助)、黒谷友香(陽炎)、沢尻エリカ(蛍火)、石橋蓮司(天海)、北村和夫(徳川家康)、椎名桔平(天膳)ほか

「メゾン・ド・ヒミコ」のネタバレあらすじ結末

メゾン・ド・ヒミコの紹介:2005年日本映画。神奈川県・大浦海岸にある、同性愛者のための老人ホーム「メゾン・ド・ヒミコ」。金に困っていた沙織の元に、「週一日、うちのホームに手伝ってくれないか?」と言われる。それを言ったのは、父親の恋人のゲイの青年であった。
監督:犬童一心 キャスト:オダギリジョー(岸本春彦)、柴咲コウ(吉田沙織)、田中泯(卑弥呼【吉田照男】)、西島秀俊(細川専務)ほか

「マイウェイ 12,000キロの真実」のネタバレあらすじ結末

マイウェイ 12,000キロの真実の紹介:2011年韓国映画。彼らが諦められなかったのは命よりは希望と夢であった。子供のときのライバルが国を代表するライバルとして成長。敵として出会い、お互いの希望になった二人の国籍を超えた物語。
監督:カン・ジェギュ 出演者: オダギリジョー(長谷川辰雄)、チャン・ドンゴン(キム・ジュンシク)、ファン・ビンビン(シュエライ)、キム・イングォン(イ・ジョンデ)、 夏八木勲(辰雄の祖父)、 鶴見辰吾(高倉)、山本太郎(野田)、 イ・ヨニ(キム・ウンス)、ト・ジハン(キム・ジュンシク)ほか

「深夜食堂」のネタバレあらすじ結末

映画 深夜食堂の紹介:2014年日本映画。悩みや心配でなかなか眠れない人の夜を慰める食堂。様々な事情がある現代を生きる人たちのための暖かい映画。ドラマ第3弾と同時に映画化が発表された。
監督松岡錠司 出演:小林薫(マスター)、高岡早紀(川島たまこ)、柄本時生(西田はじめ)、多部未華子(栗山みちる)、余貴美子(塙千恵子)、筒井道隆(大石謙三)、菊池亜希子(杉田あけみ)、田中裕子(塚口街子)、オダギリジョー(小暮)ほか

「FOUJITA フジタ」のネタバレあらすじ結末

FOUJITA フジタの紹介:2015年日本,フランス映画。乳白色の使い手としてパリの名をはせた日本人画家、藤田嗣治。戦時下の日本においては戦争画家となった。その波乱の人生をフランスと日本二つの視点で描く。
監督:小栗康平 出演:オダギリジョー(藤田嗣治)、中谷美紀(君代)、アナ・ジラルド(ユキ)、アンジェル・ユモー(キキ)、マリー・クレメール(フェルナンド)、加瀬亮(寛治郎)ほか

「THE 有頂天ホテル」のネタバレあらすじ結末

THE 有頂天ホテルの紹介:2006年日本映画。THE 有頂天ホテルは、大晦日に起こるホテルマンとそこに泊まる数多くの訳アリ客たちとのトラブル劇。年が明けるその瞬間まで宿泊支配人(役所広司)の心労は止まない。稀に見る豪華キャスト陣と演劇舞台作家三谷幸喜がメガホンをとったリアルタイムストーリー。
監督:三谷幸喜 キャスト:役所広司、松たか子、佐藤浩市、香取慎吾、唐沢寿明、西田敏行、篠原涼子、戸田恵子、生瀬勝久、麻生久美子、YOU、オダギリジョーほか

「舟を編む」のネタバレあらすじ結末

舟を編む(ふねをあむ)の紹介:2013年日本映画。毎日、朝から晩まで、言葉の海を泳ぐ辞書編集部。ひとつひとつ言葉を拾い集めて、意味を解説して、注釈を加える。言葉という文化、日本語の美しさに気づかされる一作。
監督:石井裕也 出演:松田龍平(馬締光也)、宮崎あおい(林香具矢)、オダギリジョー(西岡正志)、黒木華(岸辺みどり)、渡辺美佐子(タケ)ほか

「奇跡」のネタバレあらすじ結末

2011年日本映画 監督:是枝裕和 出演:前田航基、前田旺志郎、大塚寧々、オダギリジョー、夏川結衣、阿部寛、長澤まさみほか
映画 奇跡の紹介:「あなたもきっと、誰かの奇跡」。是枝裕和監督が九州新幹線全線開通をきっかけに製作した傑作。両親の離婚が原因で離れ離れになった兄弟が新幹線がすれ違う場所で再び会おうと冒険に出るが…。

TOP↑