サスペンス映画のネタバレ

「顔のないスパイ」のネタバレあらすじ結末

顔のないスパイの紹介:2011年アメリカ映画。ロシアと繋がりのあるアメリカ上院議員が暗殺され、旧ソ連の伝説の暗殺者が浮上するなか、現場復帰した元CIAエージェントがFBIの若手捜査官ともに事件を追うスパイサスペンス作品です。
監督:マイケル・ブラント 出演者:リチャード・ギア(ポール・シェファーソン)、トファー・グレイス(ベン・ギアリー)、マーティン・シーン(トム・ハイランド)、タマー・ハッサン(ヨハン・ボズロスキー)、スティーヴン・モイヤー(ブルータス)ほか

「ロシアン・ルーレット」のネタバレあらすじ結末

ロシアン・ルーレットの紹介:2010年アメリカ映画。17人の男たちが100万ドルもの大金を巡って生きるか死ぬかのロシアン・ルーレットに挑む姿を描いたサスペンスです。ジェイソン・ステイサムやミッキー・ロークなど豪華キャストが出演しています。
監督:ゲラ・バブルアニ 出演者:サム・ライリー(ヴィンス・フェロー)、ジェイソン・ステイサム(ジャスパー・バッジェス)、ミッキー・ローク(パトリック・ジェファーソン)、レイ・ウィンストン(ロナルド・リン・バッジェス)、マイケル・シャノン(ヘンリー)ほか

「ロシアン・ルーレット(1991年)」のネタバレあらすじ結末

ロシアン・ルーレットの紹介:1991年アメリカ映画。フリーの工作員サムは、自分の仕事振りに時代遅れを感じ始めていた。そんな時、古巣CIAから捕虜交換の立会人を依頼される。その取引自体が正式の物ではなく、CIAが彼を雇わざる得なかったには訳があった。CIA、KGB両組織が暗躍し、張り巡らされた陰謀に、サムは巻き込まれていく。ジーン・ハックマン主演のスパイ・サスペンス映画。
監督:ニコラス・メイヤー 出演者:サム・ボイド(ジーン・ハックマン)、ピーター・グルシェンコ(ミハイル・バリシニコフ)、エリオット・ジャッフェ(カートウッド・スミス)、グリッソム大佐(テリー・オクイン)、マイク・フリン(ダニエル・フォン・バーゲン)

「アンダーカバー」のネタバレあらすじ結末

アンダーカバーの紹介:2016年アメリカ映画。大規模なテロ計画の情報を掴んだFBIは、捜査官ネイトを潜入捜査に送り込む。ネオナチ、KKK、アーリア人同盟など、白人至上の差別主義者達に囲まれ、次第に憔悴していくネイト。テロ計画の首謀者はいったい誰なのか、ラストまで緊張感が途切れないヘイト・クライム映画。スキンヘッドにこけた頬、鋭い目つきで乱暴な言葉を吐き散らす、そんな危ないネオナチ青年を演じるのは、「ハリー・ポッター」のダニエル・ラドクリフ。
監督:ダニエル・ラグシス 出演者:ダニエル・ラドクリフ(ネイト・フォスター)、トニ・コレット(アンジェラ・ザンパロ)、サム・トランメル(ジェリー・コーンウェイ)、トレイシー・レッツ(ダラス・ウルフ)、デヴィッド・ドルイド(ジョニー)、パウエル・スジャイダ(ヴィンス・サージェント)ほか

「ケイティ」のネタバレあらすじ結末

ケイティの紹介:2002年アメリカ映画。ケイティという女子大生の周辺に現れた行方不明の男性にまつわる行動を刑事とともに捜査していくうちに、次第に様々なカラクリが明らかになっていくというストーリーが展開する映画です。
監督:スティーヴン・ギャガン 出演:ケイティ・ホームズ(ケイティ・バーク)、ベンジャミン・ブラット(ウェイド・ハンドラー刑事)、チャーリー・ハナム(エンブリー・ラーキン)、ゾーイ・デシャネル(サマンサ)、ほか

「狩人の夜」のネタバレあらすじ結末

狩人の夜の紹介:1955年アメリカ映画。イギリスの名優チャールズ・ロートンがその生涯で唯一監督を務めたファンタジー・スリラー。余りに異色な内容なために初公開当時は興行的に失敗したが、のちにカルト映画となって高い評価を得た。
監督:チャールズ・ロートン 出演:ロバート・ミッチャム(ハリー・パウエル)、シェリー・ウィンターズ(ウィラ・ハーパー)、リリアン・ギッシュ(レイチェル・クーパー)、ジェームス・グリーソン(バーディ・ステップトウ)

「三十九夜」のネタバレあらすじ結末

三十九夜の紹介:1935年イギリス映画。36歳のヒッチコックが世界的に注目を集めるきっかけとなったイギリス時代の代表作のひとつ。ここでの”巻き込まれ型”のプロットは後の「北北西に進路を取れ」でさらに大掛かりに使用されている。
監督:アルフレッド・ヒッチコック 出演:ロバート・ドーナット(リチャード・ハネイ)、マデリーン・キャロル(パメラ)、ルーシー・マンハイム(アナベラ・スミス)、ゴッドフリー・タール(ジョーダン教授)

「M (1931年)」のネタバレあらすじ結末

Mの紹介:1931年ドイツ映画。無声映画の傑作を連打してきたラング監督が初めて手がけたトーキー。犯罪映画として映画史に残る古典となった。主演のピーター・ローレはこれによってスターとなり、後にハリウッドに渡って数多くの映画に出演した。
監督:フリッツ・ラング 出演:ピーター・ローレ(ハンス・ベッカー)、オットー・ベルニッケ(カール・ローマン警視正)、ゲオルク・ヨーン(風船売り)、グスタフ・グリュントゲンス(暗黒街の顔役)

「グッド・ネイバー」のネタバレあらすじ結末

グッド・ネイバーの紹介:2016年アメリカ映画。ショーンとイーサンはひとり暮らしの孤独な老人の家に侵入し、ドッキリを仕掛ける。彼らは老人の反応を楽しもうとするが、逆に老人の常軌を逸した行動を奇妙に感じてしまう。
監督:カスラ・ファラハニ 出演者:ジェームズ・カーン(ハロルド)、キーア・ギルクリスト(ショーン)、ローガン・ミラー(イーサン)ほか

「裏切りのサーカス」のネタバレあらすじ結末

裏切りのサーカスの紹介:2011年イギリス,フランス,ドイツ映画。ゲイリー・オールドマンを主演に、コリン・ファースやジョン・ハート、ベネディクト・カンバーバッチといった有名俳優ばかりを揃えた一作。そのあまりに深すぎる内容は、一度見ただけでは理解出来ない、何度見ても楽しめる作品。
監督:トーマス・アルフレッドソン 出演:ゲイリー・オールドマン(ジョージ・スマイリー)、コリン・ファース(ビル・ヘイドン)、トム・ハーディ(リッキー・ター)、ジョン・ハート(コントロール)、トビー・ジョーンズ(パーシー・アレリン)、マーク・ストロング(ジム・プリドー)、ベネディクト・カンバーバッチ(ピーター・ギラム)、ほか

「マルサの女2」のネタバレあらすじ結末

マルサの女2の紹介:1988年日本映画。1987年公開「マルサの女」の続編。脱税を取り締まる国税局査察部、通称マルサに勤務する女性査察官の板倉が、宗教法人を利用して脱税する地上げ屋や、権力者達と繰り広げる攻防を描いています。
監督:伊丹十三 出演:宮本信子(板倉亮子)、津川雅彦(花村)、三國連太郎(鬼沢鉄平)、加藤治子(赤羽キヌ)、中村竹弥(漆原)、ほか

「マルサの女」のネタバレあらすじ結末

マルサの女の紹介:1987年日本映画。国税局査察部、通称マルサに勤務する女性査察官が、脱税者の脱税のカラクリを捜査し解明していく過程での攻防をコミカルに描いています。
監督:伊丹十三 出演:宮本信子(板倉亮子)、山崎努(権藤英樹)、津川雅彦(花村)、大地康雄(伊集院)、金子(桜金造)、ほか

「殺人の輪廻」のネタバレあらすじ結末

殺人の輪廻の紹介:2015年韓国映画。刑事のサンウォンは婦女暴行殺人犯の娘をわが子として育てるが、娘の通う学校に被害者の婚約者が着任したことで、昔の事件の秘密が明らかになってしまう…。「探偵なふたり」のソン・ドンイル主演のミステリー。
監督:パク・ウンギョン、イ・ドンハ 出演者:ソン・ドンイル(サンウォン)、キム・ユジョン(ジョンヒョン)、ソン・ホジュン(チョルン)ほか

「Wの悲劇」のネタバレあらすじ結末

Wの悲劇の紹介:1984年日本映画。夏木静子の小説「Wの悲劇」が原作ですが、小説とは若干内容が違います。舞台女優を目指す女性が、劇団のスキャンダルを逆手に取って夢をかなえようとします。
監督:澤井信一郎 出演:薬師丸ひろ子(三田静香)、世良公則(森口昭夫)、三田佳子(羽鳥翔)、三田村邦彦(五代淳)、高木美保(菊地かおり)、仲谷昇(堂原良造演)、蜷川幸雄(安部幸雄)、ほか

「悪魔が来りて笛を吹く」のネタバレあらすじ結末

悪魔が来りて笛を吹くの紹介:1979年日本映画。横溝正史原作「金田一耕助シリーズ」の1つ。宝石店の強盗事件の容疑者となった元子爵が、それを苦にして自殺したと思われましたが、調べるうちに、忌まわしい過去が暴かれていきます。
監督:斎藤光正 出演:西田敏行(金田一耕助)、斉藤とも子(椿美禰子)、仲谷昇(椿英輔)、鰐淵晴子(椿秋子)、石濱朗(新宮利彦)、宮内淳(三島東太郎)、二木てるみ(お種)、ほか

1 2 3 4 5 6 7 8 9 28
TOP↑