映画のあらすじ

「下弦の月 ラスト・クォーター」のネタバレあらすじ結末

下弦の月 ラスト・クォーターの紹介:2004年日本映画。若い女性を中心に大絶賛を浴びた、矢沢あいのコミックを初めて映画作品にしました。19年に1度の月の周期によって引き起こされた奇跡の感動のラブ・ファンタジーです。
監督:二階健 出演:栗山千明(望月美月)、成宮寛貴(安西知己)、HYDE(アダム)、黒川智花(白石蛍)、落合扶樹(三浦正輝)、ほか

「レッド・ブロンクス」のネタバレあらすじ結末

レッド・ブロンクスの紹介:1995年香港映画。休暇でニューヨークに来た香港の刑事が、ギャングとのトラブルを契機に巨悪組織の犯罪に巻き込まれ、その危機に対して超人的活躍をする姿を描いたアクション映画です。キャッチコピーは「恐竜さえも蘇らせたハリウッドの最後の《不可能》とは何か?―その答えは、ここにある」で、全米興行収入初登場1位とアジア映画として初の快挙を成し、一躍全米でジャッキー・チェンブームを起こした作品でもあります。
監督:スタンリー・トン 出演:ジャッキー・チェン(クーン)、アニタ・ムイ(エレーナ)、フランソワーズ・イップ(ナンシー)、トン・ピョウ(ビルおじさん)、マーク・エイカーストリーム(トニー)、ほか

「いまを生きる」のネタバレあらすじ結末

いまを生きるの紹介:1989年アメリカ映画。厳格な全寮制エリート校に赴任してきた型破りな英語教師キーティング。彼の破天荒な教え方は、教科書通りに教えられてきた学生達の殻を打ち破り、自分の意思を自覚させていきます。従順だった学生達をそそのかしたとして、校長を始め、子供をエリートに育てたい親からも批判されるキーティング。反発するかのように意固地になっていく学生達と、校長・親との対立がやがて悲劇を生み、キーティングは学校を辞めさせられるのです。エンディングで、キーティングを慕う学生達が、机に立って敬礼する場面が心を打つ名作です。
監督:ピーター・ウィアー 出演者:ロビン・ウィリアムズ(キーティング)、ロバート・ショーン・レナード(ニール)、イーサン・ホーク(トッド)ほか

「SING/シング」のネタバレあらすじ結末

SING/シングの紹介:2016年アメリカ映画。動物たちの歌唱コンテストに奮闘する様子を数々のお馴染みのヒットソングに乗せて描くミュージカルCGアニメ映画。経営困難に追い込まれていた劇場のオーナー、コアラのムーンは愛する劇場を守るため歌のコンテストを開催することにする。様々な困難がムーンに立ちはだかるが、彼は劇場を守り抜くことが出来るのだろうか。
監督:ガース・ジェニングス 声の出演:マシュー・マコノヒー(バスター・ムーン)、トリー・ケリー(ミーナ)、リース・ウィザースプーン(ロジータ)、スカーレット・ヨハンソン(アッシュ)ほか

「シングルス」のネタバレあらすじ結末

シングルスの紹介:1992年アメリカ映画。90年代初めのアメリカ、ワシントン州シアトル。グランジ・ロックが鳴り響くライブハウスで、リンダという女性に一目ぼれしたスティーヴ。そんなスティーヴの親友ジャネットは、遊び人ミュージシャンのクリフのハートを射止めるために奮闘中。そしてスティーヴやジャネットと同じアパートに住む恋多き女デビーも、恋愛には悩みがあって…。6人の男女が繰り広げるラブストーリーを、当時のシアトル・サウンドにのせて送る眩しい青春コメディ。
監督:キャメロン・クロウ 出演者:キャンベル・スコット(スティーヴ)、ブリジット・フォンダ(ジャネット)、マット・ディロン(クリフ)、キーラ・セジウィック(リンダ)、シーラ・ケリー(デビー)、ビル・プルマン(ジェームソン)、アリー・ウォーカー(パム)ほか

「SHAME シェイム」のネタバレあらすじ結末

SHAME シェイムの紹介:2011年イギリス映画。私生活のほとんどを性行為に費やすブランドン。それは仕事の合間にも行うほどの言わばセックス依存症にまでなっていた。ある日ブランドンの元へ妹のシシーが訪ねてくる。あまり嬉しく感じないブランドンだったがたった一人の妹を無下には出来なかった。しかし彼女が家に来てからブランドンの生活に支障が起こり始める。
監督:スティーヴ・マックィーン 出演:マイケル・ファスベンダー(ブランドン)、キャリー・マリガン(シシー)、ジェームズ・バッジ・デール(デイヴィッド)、ルーシー・ウォルターズ(地下鉄の女)、ニコール・ベハーリー(マリアンヌ)、ほか

「ニンフォマニアック Vol.1」のネタバレあらすじ結末

ニンフォマニアック Vol.1の紹介:2013年デンマーク,ドイツ,フランス,ベルギー,イギリス映画。夜中の路地裏で一人の女性が倒れているのを発見したセリグマン。傷だらけのその女性は警察も救急車もいらないと言う。家へ連れ帰り介抱するセリグマン、そんな彼にその女性は倒れたいきさつを話し始める。名はジョー。話は彼女の幼い頃の記憶を辿り始める。それは性の誘惑に流され続けた一人の女性のの半生だった。大胆な濡れ場の多い「鬱三部作」の最終章、前編。
監督:ラース・フォン・トリアー 出演:シャルロット・ゲンズブール(ジョー)、ステラン・スカルスガルド(セリグマン)、ステイシー・マーティン(若いジョー)、シャイア・ラブーフ(ジェローム)、クリスチャン・スレイター(ジョーの父)、ユマ・サーマン(H夫人)、ほか

「スパイナル・タップ」のネタバレあらすじ結末

スパイナル・タップの紹介:1984年アメリカ映画。架空のロック・バンド「スパイナル・タップ」。彼らの全米ツアーの模様を撮影したという“フェイク・ドキュメンタリー”形式で作られた作品。60年代に結成され、時代の流行に合わせて演奏スタイルも変えるという、ポリシー皆無のバンド、スパイナル・タップ。メンバー全員がやることなすこと支離滅裂なロック・バカのため、ツアー先ではトラブル続出。米ローリングストーン誌の「最も素晴らしい映画の架空バンド」で1位に輝いた、伝説のUKバンドのドタバタ・ロック・コメディ。
監督:ロブ・ライナー 出演者:クリストファー・ゲスト(ナイジェル)、マイケル・マッキーン(デヴィッド)、ハリー・シェアラー(デレク)、ロブ・ライナー(マーティ)、トニー・ヘンドラ(イアン)、ジューン・チャドウィック(ジャニーン)ほか

「私が、生きる肌」のネタバレあらすじ結末

私が、生きる肌の紹介:2011年スペイン映画。皮膚の研究をしているロベルは学会で研究中の人工皮膚を発表する。その人工皮膚を使えばこれからの医学の発展の大きな進歩となる、しかし彼の研究には大きな秘密があった。それは彼の住む大きな屋敷の一室にある。ベラという美しい女性。彼女はロベルの屋敷に監禁されていた。彼女がその屋敷へと来たのは遡ること6年前。あるパーティの日に事件は起こった。「蜘蛛の微笑」を原作にしたスペイン製作のサスペンス。
監督:ペドロ・アルモドバル 出演:アントニオ・バンデラス(ロベル・レガル)、エレナ・アナヤ(ベラ・クルス)、マリサ・パレデス(マリリア)、ジャン・コルネット(ビセンテ)、ロベルト・アラモ(セカ)、ほか

「Avalon アヴァロン」のネタバレあらすじ結末

Avalon アヴァロンの紹介:2000年日本映画。アヴァロンと呼ばれる仮想空間での戦闘ゲームを題材にした哲学的映画。ヘッドギアを装着して意識領域までゲームの世界へ入り込む設定。ポーランドで撮影されポーランド語での進行。
監督:押井守 声の出演:マウゴジャータ・フォレムニャック(アッシュ)、バルトウォミエイ・シフィデルスキ(スタンナ)、イェジ・グデイコ(マーフィー)、ダリウシュ・ビスクプスキ(司教)、ヴァディスワフ・コヴァルスキ(ゲームマスター)ほか

「ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険」のネタバレあらすじ結末

ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険の紹介:2017年日本映画。映画ドラえもんシリーズの劇場版37作目の作品。南極を舞台に氷の下に眠る謎の古代都市をめぐるのび太たちの冒険を描く。予告編では南極の氷で楽しそうに踊るドラえもん達や元フィギュアスケーター達の映像が流れていたため、楽しい雰囲気の内容に見えますが、実際は小さい子供には少し怖いかもしれません。元フィギュアスケーターの浅田舞と織田信成が声優として参加。2年ぶりのオリジナル作品で、シリーズの中でも個性的な画風と、ストーリー展開が印象的です。「時を超えた友情」をテーマにしています。
監督:高橋敦史 声の出演:水田わさび(ドラえもん)、大原めぐみ(のび太)、しずか(かかずゆみ)、木村昴(ジャイアン)、関智一(スネ夫)、千秋(ドラミ)、カーラ(釘宮理恵)ほか

「ドラえもん 新・のび太の日本誕生」のネタバレあらすじ結末

ドラえもん 新・のび太の日本誕生の紹介:2016年日本映画。映画ドラえもんシリーズの劇場版第36作目の作品。1989年に公開された「ドラえもんのび太の日本誕生」のリメイク作品で、シリーズ歴代一位の観客動員数を誇り、この作品をオマージュして制作されました。音楽もオーケストラを使ったり、前作になかったのび太の心情を丁寧に表現されています。敵役のギガゾンビはかなり手強く苦戦しますが、最後は1対1のドラえもんとの対決になります。家出をしたものの寂しい子供の気持ち、我が子を想う親の気持ちが丁寧に描かれている作品でもあります。
監督:八鍬新之介 声の出演:水田わさび(ドラえもん)、大原めぐみ(のび太)、しずか(かかずゆみ)、木村昴(ジャイアン)、関智一(スネ夫)、千秋(ドラミ)、ククル(白石涼子)ほか

「ドラミちゃん ミニドラSOS!!!」のネタバレあらすじ結末

ドラミちゃん ミニドラSOS!!!の紹介:1989年日本映画。勝手にのび太が注文した「ミニドラ」がのび太の汚い字のせいで2011年の未来の野比家に届けられたました。ドラミがミニドラを取り戻しに2011年に向かいますが、のび太としずかの息子・のびスケがミニドラをもう手に入れた後でした。やんちゃののびスケはミニドラとスネ樹、ジャイチビを連れて冒険に出ようとします。
監督:森脇真琴(原作:藤子・F・不二雄) 声の出演:よこざわけい子(ドラミ)・北川智絵(ミニドラ)・小原乃梨子(野比のびスケ)・肝付兼太(骨川スネ樹)・たてかべ和也(ジャイチビ)ほか

「先輩と彼女」のネタバレあらすじ結末

先輩と彼女の紹介:2015年日本映画。「先輩と彼女」は別冊マーガレットで連載されていた南波あつこ原作漫画を実写化映画した青春ラブストーリー。高校1年生のヒロイン・都築りかが年上女性に思いを寄せる3年生の先輩・美野原圭吾に恋をしたことで、苦い思いや、初めて経験する嫉妬に揺れ動く様子を描く。
監督:池田千鶴 出演者:志尊淳(美野原圭吾)、芳根京子(都築りか)、小島梨里杏(沖田葵)、戸塚純貴(矢田哲雄)、水谷果穂(桃谷木綿子)、ほか

「3月のライオン 前編」のネタバレあらすじ結末

3月のライオン 前編の紹介:2017年日本映画。「3月のライオン」は羽海野チカの漫画を原作にした映画。将棋を題材とした漫画で、プロ棋士である青年が最初は孤独だったものの、いろいろな人と関わりを持つことによって成長していく物語。原作漫画はとても評価が高く、漫画大賞他数々の賞を受賞。また先行してNHKでアニメ化されている。映画はストーリーがテンポ良く運び、原作やアニメの世界観に近いものがあります。この話は主人公だけでなく、周囲の人物達の生き様や心情を良く描いているのが特徴です。内容は素晴らしく、心を揺さぶられる作品です。
監督:大友啓史 出演者:神木隆之介(桐山零)、有村架純(香田香子)、豊川悦司(幸田柾近)、倉科カナ(川本あかり)、清原果耶(川本ひなた)、染谷将太(二階堂晴信)、島田開(佐々木蔵之介)、伊藤英明(後藤政宗)、前田吟(川本相米二)、ほか

1 2 3 4 5 6 7 8 209
TOP↑