門脇麦映画一覧

門脇麦が出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「浅草キッド」のネタバレあらすじ結末

浅草キッドの紹介:2021年日本映画。80年代に一世を風靡させ、今でもお笑い界の巨匠として活躍し続けている、ビートたけしが過ごした浅草での青春時代を描いた作品。浅草フランス座で芸人として舞台に立っていた深見千三郎師匠に憧れたたけしは、フランス座のエレベータボーイとして師匠への弟子入りの機会をうかがいます。『誰も知らない』で一気に名を広めた柳楽優弥が、ビートたけしを名演します。
監督:劇団ひとり 出演:柳楽優弥(ビートたけし)、大泉洋(深見千三郎)、鈴木保奈美(麻里)、門脇麦(千春)、土屋伸之(キヨシ)、ほか

「あなたの番です 劇場版」のネタバレあらすじ結末

あなたの番です 劇場版の紹介:2021年日本映画。2019年に大ヒットした同名ドラマシリーズの劇場版となるのが本作。登場人物はほぼ同じながら、別の世界となるパラレルワールドで連続殺人事件が発生します。ドラマ同様にいくつにも張り巡らされた伏線が見事にストーリーを面白くしています。
監督:佐久間紀佳 出演:原田知世(手塚菜奈)、田中圭(手塚翔太)、西野七瀬(黒島沙和)、横浜流星(二階堂忍)、浅香航大(神谷将人)、奈緒(尾野幹葉)、山田真歩(木下あかね)、三倉佳奈(石崎洋子)、大友花恋(柿沼あいり)、金澤美穂(シンイー)、坪倉由幸(児嶋俊明)、中尾暢樹(柿沼遼)、小池亮介(江藤祐樹)、井阪郁巳(クオン)、荒木飛羽(榎本総一)、前原滉(蓬田蓮太郎)、大内田悠平(内山達生)、バルビー(イクバル)、袴田吉彦(久住譲)、片桐仁(藤井淳史)、真飛聖(北川澄香)、和田聰宏(西村淳)、野間口徹(細川朝男)、皆川猿時(水城洋司)、門脇麦(浦辺優)、酒向芳(早川教授)、田中哲司(南雅和)、徳井優(赤池吾朗)、田中要次(浮田啓輔)、長野里美(田宮君子)、阪田マサノブ(榎本正志)、大方斐紗子(赤池幸子)、峯村リエ(赤池美里)、竹中直人(床島比呂志)、木村多江(榎本早苗)、生瀬勝久(田宮淳一郎)、ほか

「あのこは貴族」のネタバレあらすじ結末

あのこは貴族の紹介:2020年日本映画。『ここは退屈迎えに来て』などの小説家・山内マリコの同名小説を、『グッド・ストライプス』で新藤兼人賞金賞を獲得した岨手由貴子が監督と脚本を務めて映画化したヒューマンドラマです。門脇麦と水原希子をダブル主演に迎え、都会生まれの箱入り娘と地方から上京して自力で道を切り開く女性、二人の境遇の異なる主人公の出会いと生き方を描いていきます。
監督:岨手由貴子 出演者:門脇麦(榛原華子)、水原希子(時岡美紀)、高良健吾(青木幸一郎)、石橋静河(相良逸子)、山下リオ(平田里英)、佐戸井けん太(榛原宗郎)、篠原ゆき子(榛原麻友子)、石橋けい(岡上香津子)、山中崇(岡上真)、南出凌嘉(岡上晃太)、高橋ひとみ(青木知子)、奥瀬繁(青木謙次郎)、津嘉山正種(青木幸太郎)、銀粉蝶(榛原京子)ほか

「サムライマラソン」のネタバレあらすじ結末

サムライマラソンの紹介:2018年日本映画。江戸時代に行われた「安政遠足」を題材にした土橋章弘の原作「幕末マラソン侍」を映画化したのが本作です。監督はバーナード・ローズが手がけています。国際的なスタッフに、豪華日本人キャストが参加した意欲作になっています。
監督:バーナード・ローズ 出演:佐藤健(唐沢甚内)、小松菜奈(雪姫)、森山未來(辻村平九朗)、染谷将太(上杉広之進)、竹中直人(栗田又衛門)、豊川悦司(五百鬼裕虎)、長谷川博己(板倉勝明)、中川大志、門脇麦、ほか

「世界は今日から君のもの」のネタバレあらすじ結末

世界は今日から君のものの紹介:2016年日本映画。門脇麦がオタク女子を演じた作品。高校の頃から、5年間引きこもっていた主人公の小沼真実。好きなマンガやイラストを正確に模写し、毎日過ごしてきました。ある時ゲームのバグ出しの仕事を始めた真実は、ひょんなことからゲームのイラストに手を加え、それをきっかけに特技である絵を描く才能が認めらるようになります。しかし思い通りに事は進まず…。
監督:尾崎将也 出演:門脇麦(真実)、三浦貴大(矢部遼太郎)、比留川游(安藤恵利香)、マキタスポーツ(英輔)、YOU(美佳)、ほか

「チワワちゃん」のネタバレあらすじ結末

チワワちゃんの紹介:2019年日本映画。学生たちの遊び仲間の中心だった通称チワワという女の子が、東京湾でバラバラ死体で発見されました。殺されて当然という報道の中、友人のミキはユーコのインタビューを受け、チワワの事を話し始めました…という内容の1994年の掲載された漫画『チワワちゃん』の映画化です。
監督:二宮健 出演者:門脇麦(ミキ)、成田凌(ヨシダ)、寛一郎(カツオ)、玉城ティナ(ユミ)、吉田志織(チワワ)、村上虹郎(ナガイ)、栗山千明(ユーコ)、浅野忠信(サカタ)ほか

「さよならくちびる」のネタバレあらすじ結末

さよならくちびるの紹介:2019年日本映画。インディーズ・シーンで注目を浴び出したのに、解散を決意した女性デュオ〈ハルレオ〉。ローディー兼マネージャーのシマと三人で、最後のツアーに臨むが…。小松菜奈と門脇麦が歌唱とギターを初歩から学んでハルレオ役に挑む。この映画のために主題歌「さよならくちびる」を秦基博が、挿入歌「たちまち嵐」と「誰にだって訳がある」をあいみょんが提供している。
監督:塩田明彦 出演:小松菜奈(レオ)、門脇麦(ハル)、成田凌(シマ)、篠山輝信、松本まりか、青柳尊哉、松浦祐也、篠原ゆき子、マキタスポーツ、ほか

「ここは退屈迎えに来て」のネタバレあらすじ結末

ここは退屈迎えに来ての紹介:2018年日本映画。山内マリコの同名小説を橋本愛と門脇麦のダブル主演で映画化した作品です。地方都市に住む二人の女性と一人の男性の馴れ初めを周囲の人々の時を超えた群像劇と共に描き上げた切ない青春ドラマです。
監督:廣木隆一 出演者:橋本愛(「私」)、門脇麦(「あたし」)、成田凌(椎名くん)、渡辺大知(新保くん)、岸井ゆきの(山下南)、内田理央(森繁あかね)、柳ゆり菜(サツキ)、瀧内公美(まなみ先生)、亀田侑樹(遠藤)、片山友希(なっちゃん)、木崎絹子(椎名朝子)、マキタスポーツ(皆川光司)、村上淳(須賀さん)ほか

「止められるか、俺たちを」のネタバレあらすじ結末

止められるか、俺たちをの紹介:2018年日本映画。2012年に他界した映画監督の若松孝二が遺した「若松プロダクション」の再始動第1弾として制作された伝記映画です。1960~70年代、新しいジャンルの映画作りに情熱を燃やした若松幸二と仲間たちの情熱の日々を、実在した女性助監督・吉積めぐみの視点から描きます。監督は若松プロ出身の白石和彌が、脚本は同じく若松プロ出身の井上淳一が手掛け、若松孝二役の井浦新を始め過去の若松作品に出演していた俳優陣が参加しています。
監督:白石和彌 出演者:門脇麦(吉積めぐみ)、井浦新(若松孝二)、山本浩司(足立正生)、岡部尚(沖島勲)、大西信満(大和屋竺)、タモト清嵐(秋山道男)、毎熊克哉(小水一男)、伊島空(高間賢治)、外山将平(福間健二)、藤原季節(荒井晴彦)、上川周作(斎藤博)、柴田鷹雄(磯貝一)、西本竜樹(伊東英男)、満島真之介(ミキサー助手福ちゃん)、渋川清彦(松田政男)、音尾琢真(赤塚不二夫)、高岡蒼佑(大島渚)、高良健吾(吉澤健)、奥田瑛二(葛井欣士郎)、寺島しのぶ(前田のママ)、吉澤健(カプリコンマスター)ほか

「サニー/32」のネタバレあらすじ結末

サニー/32の紹介:2017年日本映画。2018年にNGT48を卒業した北原里英の主演によるサスペンス・スリラーです。2004年に長崎県佐世保市で実際に発生した事件をモチーフに、仕事も私生活も冴えない女性教師が、14年前の殺人事件の加害者を信奉する狂信者集団に拉致されたことから始まる恐怖、そして事件の真相を描いていきます。
監督:白石和彌 出演者:北原里英(藤井赤理)、ピエール瀧(柏原勲)、門脇麦(二人目のサニー)、リリー・フランキー(小田武)、駿河太郎(田辺康博)、音尾琢真(春樹先輩)、山崎銀之丞(寺脇壮一)、カトウシンスケ(上島ひろみ)、奥村佳恵(杉崎静香)ほか

「彼らが本気で編むときは、」のネタバレあらすじ結末

彼らが本気で編むときは、の紹介:2017年日本映画。体は男、心は女のトランスジェンダー(性同一性障害)の人物とその恋人、恋人の姪で母から育児放棄された少女との60日間に渡る同居生活を、社会問題も含みながら描いた人間ドラマです。
監督:荻上直子 出演者:生田斗真(リンコ)、桐谷健太(マキオ)、柿原りんか(トモ)、ミムラ(ヒロミ)、小池栄子(ナオミ)ほか

「14の夜」のネタバレあらすじ結末

14の夜の紹介:2016年日本映画。『百円の恋』で日本アカデミー賞の最優秀脚本賞を受賞した脚本家・足立紳の監督デビュー作です。1980年代の田舎町を舞台に、思春期真っ盛りの男子中学生の“性春”を描いた青春ムービーです。
監督:足立紳 出演者:犬飼直紀(大山タカシ)、青木柚(多田ミツル)、中島来星(岡田サトシ)、河口瑛将(竹内剛)、浅川梨奈(西野メグミ)、光石研(大山忠雄)、濱田マリ(大山佳子)、門脇麦(大山春子)ほか

「合葬」のネタバレあらすじ結末

合葬の紹介:2015年日本映画。江戸風俗研究家でもある杉浦日向子の同名漫画を映画化した時代劇ドラマです。幕末を舞台に、時代の波に翻弄される彰義隊の若き隊士たちの儚い青春の日々を描いています。
監督:小林達夫 出演者:柳楽優弥(秋津極)、瀬戸康史(吉森柾之助)、岡山天音(福原悌二郎)、門脇麦(福原砂世)、オダギリジョー(森篤之進)ほか

「太陽」のネタバレあらすじ結末

太陽の紹介:2015年日本映画。前川知大が主宰する劇団イキウメの読売演劇大賞グランプリ受賞作品である同名舞台劇を映画化した近未来SFサスペンスです。謎のウィルスにより人類の大半が死滅した日本を舞台に、新人類と旧人類に分れた人類が巻き起こす騒動を二人の男女の視点から描いています。
監督:入江悠 出演者:神木隆之介(奥寺鉄彦)、門脇麦(生田結)、古川雄輝(森繁富士太)、水田航生(佐々木拓海)、村上淳(奥寺克哉)ほか

「こどもつかい」のネタバレあらすじ結末

こどもつかいの紹介:2016年日本映画。こどもつかいの紹介:行方不明になり帰ってきた子供と接触すると3日後に死ぬという噂が広がる。呪いをかけられてしまった尚美と恋人の駿也は呪いを解くために奮闘する。「呪怨」を手がけた清水崇監督の2017年公開のホラー作品。こどもつかいを演じる滝沢秀明の17年ぶりの映画出演も話題。
監督:清水崇 出演:滝沢秀明(こどもつかい)、有岡大貴(新聞記者・江崎駿也)、門脇麦(保育士・原田尚美)、尾上寛之(近藤創)、中野遥斗(笠原蓮)、西田尚美(小松洋子)、ほか

1 2

キーワードから探す

TOP↑