大泉洋映画一覧

大泉洋が出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「ぶどうのなみだ」のネタバレあらすじ結末

ぶどうのなみだの紹介:2014年日本映画。葡萄づくりに専念する兄弟の元にやってきた謎多き気さくな女性、エリカ。彼らとエリカの不器用だが心温まる物語。自分の目標に向かって何かをする人の活力を描いている。
監督:三島有紀子 出演:大泉洋(アオ)、染谷将太(ロク)、安藤裕子(エリカ)、リリさん(りりィ)、江波京子(エリカの母)、大杉連(アオとロクの父)

「ブレイブストーリー」のネタバレあらすじ結末

ブレイブストーリーの紹介:2006年日本映画。その日ワタルにとっては最悪な1日となった。父が家を出、同じ学校の生徒に殴られ、帰ると母が倒れていた。しかしそれがワタルの転機となった。不思議な転校生と出会いある場所への扉を見つけたワタル、その扉はビジョンと呼ばれる異世界へ通じる扉だった。ビジョンへ行くと運命を変えられる、ワタルはその転校生ミツルからそう教えられ扉をくぐる覚悟を決める。原作は作家宮部みゆきの同名小説「ブレイブ・ストーリー」。
監督:千明孝一 声の出演:松たか子(三谷亘/ワタル)、大泉洋(キ・キーマ)、常盤貴子(カッツ)、ウエンツ瑛士(芦川美鶴/ミツル)、今井美樹(運命の女神)、田中好子(三谷邦子)、伊東四朗(ラウ導師)、樹木希林(オンバ)、ほか

「銀のエンゼル」のネタバレあらすじ結末

銀のエンゼルの紹介:2004年日本映画。妻の交通事故をきっかけに、田舎のコンビニエンス・ストアで働くことになった主人公が、コンビニエンス・ストアに集まる人々との交流の中で、家族との向き合い方を見つめなおしていく心温めるヒューマン・ドラマ。見た後にほっこりとした気持ちになれる作品です。
監督:鈴井貴之 出演:小日向文世(北島昇一)、佐藤めぐみ(北島由希)、山口もえ(小林明美)、辻本祐樹(中川武)、安田顕(担任)、大泉洋(ロッキー)、西島秀俊(佐藤耕輔)、ほか

「アフタースクール」のネタバレあらすじ結末

アフタースクールの紹介:2008年日本映画。中学の同級生だった30代の大人たちが巻き起こす、愛と友情のサスペンス・エンターテイメント。観ているものも思わず騙されてしまう予測できない展開に圧倒されてしまいます。
監督:内田けんじ 出演者:大泉洋(神野)、佐々木蔵之介(北沢)、堺雅人(木村)、常盤貴子(美紀)ほか

「駆込み女と駆出し男」のネタバレあらすじ結末

駆込み女と駆出し男の紹介:2015年日本映画。原案は井上ひさしの時代小説東慶寺だより。女性からの離婚が困難だった江戸時代。夫との離縁を求め、幕府公認の縁切り寺を頼る女たちを、調停人の医者見習い・信次郎は口八丁手八丁で彼女たちの再出発を手助けする。
第39回日本アカデミー賞で優秀主演男優賞(大泉洋)・優秀主演女優賞(満島ひかり)を受賞。
監督:原田眞人 出演者:大泉洋(中村信次郎)、戸田恵梨香(じょご)、満島ひかり(お吟)、内山理名(戸賀崎ゆう)、松岡哲永(田の中勘助)、陽月華(法秀尼)、キムラ緑子(お勝)、木場勝己(利平)、神野三鈴(おゆき)、武田真治(重蔵)、北村有起哉(鳥居耀蔵)、橋本じゅん(近江屋三八)、樹木希林(三代目柏屋源兵衛)、堤真一(堀切屋三郎衛門)ほか

「グッモーエビアン!」のネタバレあらすじ結末

グッモーエビアン!の紹介:2012年日本映画。思春期のヒロインが、実の母と、血の繋がらない父親のような存在の男と共同生活する中で、家族の絆や親友との友情を感じながら、少しずつ成長していく姿を描いた心温まるヒューマン・ドラマ。
監督:山本透 出演者:麻生久美子(アキ)、大泉洋(ヤグ)、三吉彩花(ハツキ)、能年玲奈(トモちゃん)ほか

「アイアムアヒーロー」のネタバレあらすじ結末

アイアムアヒーロー(I AM A HERO)の紹介:2015年日本映画。累計600万部を売り上げている花沢健吾の人気漫画アイアムアヒーローを原作とするゾンビパニック映画。日本を舞台に何気ない日常の崩壊と狂乱を描く衝撃作。突然パンデミックした原因不明の感染によりゾンビ(ゾキュン)になった人たちで大パニックとなり、決死のサバイバルに挑む鈴木英雄たちの姿を描く。
監督:佐藤信介 出演:大泉洋(鈴木英雄)、有村架純(早狩比呂美)、長澤まさみ(藪/小田つぐみ)、吉沢悠(伊浦)、岡田義徳(サンゴ)、片瀬那奈(てっこ)ほか

「探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点」のネタバレあらすじ結末

探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点の紹介:2013年日本映画。探偵はBARにいるシリーズの第2作です。第1作が好評であったため、今作の興行成績は、前売り券の段階から前作を上回る結果となりました。主演の大泉洋の代表作で、彼の魅力が存分に表現されている作品とも言えます。松田龍平とのコンビは前作同様に好評であり、二人の個性が相乗効果を起こして内容をよりいっそうおもしろくしています。
監督:橋本一 出演:大泉洋(俺)、松田龍平(高田)、尾野真千子(河島弓子)、ゴリ(マサコちゃん)、渡部篤郎(橡脇孝一郎)、徳井優(モツ)、田口トモロヲ(松尾)、松重豊(相田)、篠井英介(フローラ)ほか

「青天の霹靂」のネタバレあらすじ結末

映画 青天の霹靂の紹介:2014年日本映画。鬱屈した日々を過ごす売れないマジシャンが、タイムスリップにより若き日の両親と再会することで、運命が大きく動き始める。笑って泣ける、家族の愛を描いた作品。北海道の名優・大泉洋が主演を演じ、お笑い芸人である劇団ひとりがメガホンを取った感動の話題作。キャッチコピーは、 「笑いと、たぶん一粒の涙の物語」
原作・監督:劇団ひとり 出演:轟晴夫(大泉洋)、花村悦子(柴崎コウ)、轟正太郎(劇団ひとり)、医師(笹野高史)、雷門ホール支配人(風間杜夫)ほか

「探偵はBARにいる」のネタバレあらすじ結末

探偵はBARにいる(たんていはばーにいる)の紹介:2011年日本映画。札幌を舞台に、探偵をしている主人公が、バーにかかってきた謎の電話を機に、事件に巻き込まれていくミステリー。複数の事件が複雑に絡み合い、真相がわかる結末まで目を離せません。
監督:橋本一 出演者:大泉洋(探偵・俺)、松田龍平(高田)、小雪(沙織)、西田敏行(霧島)ほか

「しあわせのパン」のネタバレあらすじ結末

しあわせのパンの紹介:2011年日本映画。北海道の洞爺湖の畔に小さなパンカフェ・マーニが回転した。季節の食材を使ったパンと美味しいコーヒーで、訪れる人のお腹も心も温かくしてくれる。いろいろな悲しみを持ったお客さんが、りえと水島の暖かい心で幸せな気持ちを取り戻す。近所の変な常連さんとのおかしな交流を描くハートフルドラマ。
監督:三島有紀子 出演:原田知世(りえ)、大泉洋(水縞尚)、あがた森魚(阿部さん)、余貴美子(陽子さん)、本多力(郵便屋さん)

「ステキな金縛り」のネタバレあらすじ結末

ステキな金縛りの紹介:2010年日本映画。三谷幸喜監督と深津絵里が再びタッグを組んだ。殺人事件の容疑者になってしまった依頼人のアリバイを証明するため、三流弁護士のエリが落武者の幽霊(西田敏行)を法廷に立たせる前代未聞のドタバタ法廷映画!
監督 ・脚本:三谷幸喜 出演:深津絵里、西田敏行、阿部寛、竹内結子、浅野忠信ほか

「思い出のマーニー(詳解)」のネタバレあらすじ結末

思い出のマーニーの紹介:2014年日本映画。スタジオジブリ作品。第38回日本アカデミー賞 優秀アニメーション作品賞。ある理由から母や周りの人とも距離を置き、杏奈は暗い学生生活を送っていた。そんな事もあり喘息の療養として親戚の家へとやって来た杏奈は、そこでマーニーと一人の少女と出会い不思議な体験をする。しかし、そこには想像も出来ない深い意味があった。
監督:米林宏昌 声の出演:佐々木杏奈(声)高月彩良、マーニー(声)有村架純、佐々木頼子(声)松嶋菜々子、久子(声)黒木瞳、晩年のマーニー(声)森山良子、彩香(声) 杉咲花 ほか

「バケモノの子」のネタバレあらすじ結末

映画バケモノの子の紹介:2015年日本映画。バケモノの子は「おおかみこどもの雨と雪」から3年ぶりに細田守監督が送り出すオリジナル長編アニメ。バケモノと少年の奇妙な師弟関係や親子の絆を描く。一人ぼっちの少年九太は迷い込んだバケモノの世界で一人ぼっちのバケモノ熊徹の弟子になる。人間とバケモノの心の交流を描く成長物語。
監督:細田守 声の出演:役所広司、宮崎あおい、染谷将太、広瀬すず、山路和弘、リリー・フランキー、大泉洋

TOP↑