Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

中村倫也映画一覧

中村倫也が出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「風俗行ったら人生変わったwww」のネタバレあらすじ結末

風俗行ったら人生変わったwwwの紹介:2013年日本映画。彼女いない歴29年、そして何をやってもあきらめてしまう童貞男の遼太郎が、自分を変えるためにデリヘル嬢を呼びました。その女性に一目ぼれした遼太郎は何も出来ないままデートをするようになりますが、彼女にはデリヘルをやっている裏事情がありました…と言う内容のコメディドラマです。「2ちゃんねる」に投稿された、ネット小説の映画化です。
監督:飯塚健 出演者:満島真之介(遼太郎)、佐々木希(かよ)、松坂桃李(晋作)、中村倫也(中畑光男)、山中聡(住吉徹)ほか

「俺は、君のためにこそ死ににいく」のネタバレあらすじ結末

俺は、君のためにこそ死ににいくの紹介:2007年日本映画。石原慎太郎が脚本・制作総指揮を務め、巨額の制作費を投じて作られた戦争映画です。太平洋戦争末期、鹿児島・知覧飛行場から飛び立つ特攻隊員の短い青春を、彼らから母親のように慕われていた女性の視点から描いた群像劇です。
監督:新城卓 出演者:岸惠子(鳥濱トメ)、窪塚洋介(板東勝次)、徳重聡(中西正也)、中村倫也(河合惣一)、筒井道隆(田端絋一)、前川泰之(金山)、勝野雅奈恵(鳥濱美阿子)、多部未華子(鳥濱礼子)、遠藤憲一(川口)、勝野洋(東)、的場浩司(関行男)、伊武雅刀(大西瀧治郎)、中越典子(鶴田一枝)、石橋蓮司(鶴田正造)、桜井幸子(坂東寿子)、寺田農(坂東真太次)、戸田菜穂(田端良子)、江守徹(田端由蔵)、宮崎美子(河合惣一の母)、長門裕之(大島の祖父)ほか

「オズランド 笑顔の魔法おしえます。」のネタバレあらすじ結末

オズランド 笑顔の魔法おしえます。の紹介:2018年日本映画。『海猿』シリーズの生みの親である小森陽一の小説『オズの世界』を原作に、実在の遊園地『グリーンランド』(熊本県荒尾市)を舞台に田舎の遊園地を盛り上げる人々の姿を女性新人社員の視点から描いた作品です。主演は原作主人公のモデルとなった波瑠が務め、撮影は実際のグリーンランドで行われています。
監督:波多野貴文 出演者:波瑠(波平久瑠美)、西島秀俊(小塚慶彦)、岡山天音(古村豪太郎)、深水元基(上園龍)、中村倫也(小西俊郎)、濱田マリ(南原カツヨ)、橋本愛(玉地弥生)、柄本明ほか

「孤狼の血」のネタバレあらすじ結末

孤狼の血の紹介:2017年日本映画。孤狼の血の紹介:柚月裕子の同名小説を「凶悪」「日本で一番悪い奴ら」の白石和彌監督が映画化。昭和の広島を舞台に、ヤクザ撲滅に命を燃やすベテラン刑事、大上と新人の日岡の奮闘が描かれる。
監督:白石和彌 原作:柚月裕子 出演:役所広司(大上章吾)、松坂桃李(日岡秀一)、真木よう子(高木里佳子)、音尾琢真(吉田滋)、駿河太郎(上早稲二郎)、中村倫也(永川恭二)、阿部純子(岡田桃子)、滝藤賢一(嵯峨大輔)、伊吹吾郎(尾谷憲次)、MEGUMI(上早稲潤子)、中村獅童(高坂隆文)、竹野内豊(野崎康介)、ピエール瀧(瀧井銀次)、石橋蓮司(五十子正平)、江口洋介(一之瀬守孝)ほか

「伊藤くんAtoE」のネタバレあらすじ結末

伊藤くん A to Eの紹介:2018年日本映画。原作は直木賞作家候補の柚木麻子のミステリー小説で、2013年MBS-TBSのドラマイズムにて木村文乃主演でドラマ化された。これが注目、きっかけとなり、木村文乃、岡田将生主演で映画版「伊藤くんAtoE」が制作されたものです。男女の恋模様から出た心の毒を描いた新感覚恋愛ミステリー。
監督:廣木隆一 出演:岡田将生(伊藤誠二郎)、木村文乃(矢崎莉桜)、佐々木希(島原智美)、志田未来(野瀬修子)、池田エライザ(相田聡子)、夏帆(神保実希)、中村倫也(久住健太郎)、田中圭(田村伸也)、ほか

「先生! 、、、好きになってもいいですか?」のネタバレあらすじ結末

先生! 、、、好きになってもいいですか?の紹介:2017年日本映画。高校2年生の響はまだ恋を知らない少しだけ内気な女の子。彼女は恋の話に花を咲かせているクラスメイトの千草や浩介を不思議そうに見つめています。ある日、響は初めての恋をします。彼女が初めて好きになったのは世界史を担当する伊藤先生でした。笑うことがめったにない無愛想な先生ですが、最後まで居残り勉強に付き合ってくれたり、授業を忘れてベンチでうたた寝をしたりします。そしてたまに見せてくれるとびきりの笑顔。少しずつ響の心の中で伊藤先生を好きだという気持ちが大きくなっていくのです。
監督:三木孝浩 出演:生田斗真(伊藤貢作)、広瀬すず(島田響)、竜星涼(川合浩介)、森川葵(千草恵)、健太郎(藤岡勇輔)、中村倫也(関矢正人)、比嘉愛未(中島幸子)、八木亜希子(島田遼子)、森本レオ(羽柴晶一)、ほか

「あさひなぐ」のネタバレあらすじ結末

あさひなぐの紹介:2017年日本映画。こざき亜衣原作の同名漫画「あさひなぐ」を乃木坂46主演で映画化した青春ドラマです。運動音痴な冴えないメガネ女子が薙刀(なぎなた)と出会い、ライバルとの争いなどを経て成長していく姿を描いています。
監督:英勉 出演者:西野七瀬(東島旭)、白石麻衣(宮路真春)、生田絵梨花(一堂寧々)、桜井玲香(八十村将子)、松村沙友理(紺野さくら)ほか

「日本で一番悪い奴ら」のネタバレあらすじ結末

日本で一番悪い奴らの紹介:2016年日本映画。日本の警察における不祥事である稲葉事件をもとにした作品。道警に就職が決まった諸星要一は先輩の村井定夫に手柄が欲しいならヤクザと手を組めと教えられた。自ら名前を売り情報を集め拳銃を押収した。そしてヤクザの黒岩勝典と出会う。ヤクザと警察で手を組むことになった。元運び屋山辺太郎と盗難車を売る外国人アクラム・ラシードも仲間になり違法行為をし拳銃を押収していった。諸星はどんどん手柄を上げていく。
監督:白石和彌 出演:綾野剛(諸星要一)、YOUNG DAIS(山辺太郎)、植野行雄(アクラム・ラシード)、中村獅童(黒岩勝典)、ピエール瀧(村井定夫)、ほか

「3月のライオン 後編」のネタバレあらすじ結末

3月のライオン 後編の紹介:2017年日本映画。3月のライオン前編の続編。中学生にしてプロ棋士になった桐山零。家族との確執はいまだ綺麗に無くなったわけではなかったが確実に前に進みつつあった。しかしある時零が身を寄せていた家族のひなたが学校でいじめに合っているのが発覚。同時期に零は将棋のトーナメント師子王戦が始まろうとしていた。自身の腕を磨きながらひなたを守ろうと躍進する。しかし零の熱血は暴走を始めてしまう。原作者羽海野チカの同名人気コミックの実写化後編。監督は実写映画「るろうに剣心」の大友啓史。
監督:大友啓史 出演:神木隆之介(桐山零)、有村架純(幸田香子)、倉科カナ(川本あかり)、染谷将太(二海堂晴信)、佐々木蔵之介(島田開)、加瀬亮(宗谷冬司)、伊藤英明(後藤正宗)、ほか

「沈まぬ太陽」のネタバレあらすじ結末

沈まぬ太陽の紹介:2009日本映画。山崎豊子の同名ベストセラーを映画化したものです。昭和のある航空会社を舞台に、会社に人生を捧げる男の生き様を組織の腐敗や堕落などを交えて描きます。
監督:若松節朗 出演者:渡辺謙(恩地元)、三浦友和(行天四郎)、松雪泰子(三井美樹)、鈴木京香(恩地りつ子)、石坂浩二(国見正之)、香川照之(八木和夫)、ほか

「3月のライオン 前編」のネタバレあらすじ結末

3月のライオン 前編の紹介:2017年日本映画。「3月のライオン」は羽海野チカの漫画を原作にした映画。将棋を題材とした漫画で、プロ棋士である青年が最初は孤独だったものの、いろいろな人と関わりを持つことによって成長していく物語。原作漫画はとても評価が高く、漫画大賞他数々の賞を受賞。また先行してNHKでアニメ化されている。映画はストーリーがテンポ良く運び、原作やアニメの世界観に近いものがあります。この話は主人公だけでなく、周囲の人物達の生き様や心情を良く描いているのが特徴です。内容は素晴らしく、心を揺さぶられる作品です。
監督:大友啓史 出演者:神木隆之介(桐山零)、有村架純(香田香子)、豊川悦司(幸田柾近)、倉科カナ(川本あかり)、清原果耶(川本ひなた)、染谷将太(二階堂晴信)、島田開(佐々木蔵之介)、伊藤英明(後藤政宗)、ほか

「星ガ丘ワンダーランド」のネタバレあらすじ結末

星ガ丘ワンダーランドの紹介:2015年日本映画。数々のCMを手掛ける柳沢翔の初監督作品。20年前に自分たち家族を捨てて去った母親の死を聞かされた青年が、その死の謎を探ろうとする姿を描くミステリー。
監督:柳沢翔 出演者:中村倫也(瀬生温人)、新井浩文(瀬生哲人)、佐々木希(清川七海)、菅田将暉(清川雄哉)、杏(大林津奈子)、市原隼人(楠仁吾)、木村佳乃(清川爽子)、松重豊(瀬生藤二)、ほか

「愚行録」のネタバレあらすじ結末

愚行録(ぐこうろく)の紹介:2016年日本映画。妹が逮捕されまだ気持ちの整理がつかない田中は自身の仕事に打ち込むことでなんとか気持ちを紛らわせようとしていた。来月でちょうど1年になる未解決事件の調査。週刊誌の記者として働く田中はその事件を再度調べるため被害者の近辺を探り始める。そして調査を続けるうちに次第に被害者の素顔が浮き彫りにされていく。石川慶監督の長編デビュー作。原作は直木賞の候補にもなった貫井徳郎「愚行録」。
監督:石川慶 出演:妻夫木聡(田中武志)、満島ひかり(田中光子)、小出恵介(田向浩樹)、臼田あさ美(宮村淳子)、市川由衣(稲村恵美)、松本若菜(夏原友季恵)、中村倫也(尾形孝之)、ほか

「ピースオブケイク」のネタバレあらすじ結末

ピースオブケイクの紹介:2015年日本映画。ジョージ朝倉の人気マンガを実写映画化した作品。限りなく軽くて、ゆれやすい20代の成長と恋を描いた作品。恋に悩み、誰かに出会い、そして恋をすることで成長していく。
監督:田口トモロヲ 出演;多部未華子(梅宮志乃)、綾野剛(菅原京志郎)、松坂桃李(天ちゃん)、木村文乃(ナナコ)、光宗薫(あかり)、柄本佑(正樹)、菅田将暉(川谷)、峯田和伸(千葉)、中村倫也、安藤玉恵、森岡龍、宮藤官九郎(友情出演)、廣木隆一(友情出演)ほか

「そして父になる」のネタバレあらすじ結末

そして父になるの紹介:2013年日本映画。産院で子供を取り違えられたまま6年間育てられた2組の家族の子供。取り違えを知らされた家族の葛藤や絆を描く是枝裕和監督制作のヒューマンドラマ映画。2組の夫婦が最後に選ぶのは、血の繋がりか?それとも、過ごした時間か? 「そして父になる」は70年代の沖縄で実際に起きた新生児取違え事件の小説「ねじれた絆 赤ちゃん取り違え事件の十七年(奥野修司)」をモデルにしているとされる。「そして父になる」はカンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞。スティーヴン・スピルバーグによりリメイクされることが決定しています。
監督:是枝裕和 キャスト:福山雅治(野々宮良多)、尾野真千子(野々宮みどり)、二宮慶多(野々宮慶多)、真木よう子(斎木ゆかり)、リリー・フランキー(斎木雄大)、黄升げん(斎木琉晴)、ほか

TOP↑