中村倫也映画一覧

中村倫也が出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「人数の町」のネタバレあらすじ結末

人数の町の紹介:2019年日本映画。借金取りに追われ、暴行を受けていた哲也がポールという男に助けられます。哲也はポールの言うがままついて行くと、フェンスに囲まれた広い土地にある大きな建物に連れて行かれます。そこには多くの人がいて、少しの作業を指示通り行えば、衣食住そしてSEXまで自由にできます。緑という女性と仲良くなった哲也は、緑を探して入所してきた紅子と出会った事で、二人でここから逃げ出す計画をします。中村倫也主演の謎の町を描いたミステリー作品です。
監督:荒木伸二 出演者:中村倫也(蒼山哲也)、石橋静河(木村紅子)、山中聡(ポール)、立花恵理(末永緑)、橋野純平、植村宏司、菅野莉央、松浦祐也、草野イニ、川村沙也、柳英里紗、ほか

「騙し絵の牙」のネタバレあらすじ結末

騙し絵の牙の紹介:2021年日本映画。『罪の声』などを手掛けた小説家・塩田武士が大泉洋を主人公のモデルとして執筆した同名小説を『桐島、部活やめるってよ』の吉田大八監督が映画化した作品です。大泉洋自ら主演を務め、雑誌廃刊の危機に立たされた編集長が生き残りを賭けて起死回生の再建策に打って出る様を描きます。
監督:吉田大八 出演者:大泉洋(速水輝)、松岡茉優(高野恵)、宮沢氷魚(矢代聖)、池田エライザ(城島咲)、斎藤工(郡司一)、中村倫也(伊庭惟高)、坪倉由幸(柴崎真二)、和田聰宏(三村洋一)、石橋けい(中西清美)、森優作(安生充)、中野英樹(相沢徳朗)、赤間麻里子(伊庭綾子)、山本學(伊庭喜之助)、佐野史郎(宮藤和生)、リリー・フランキー(神座詠一)、塚本晋也(高野民生)、國村隼(二階堂大作)、木村佳乃(江波百合子)、小林聡美(久谷ありさ)、佐藤浩市(東松龍司)ほか

「ファーストラヴ」のネタバレあらすじ結末

ファーストラヴの紹介:2021年日本映画。2018年第159回直木賞を受賞した「ファーストラヴ」。作者は「ナラタージュ」「Red」も映画化されている島本理生。女子大生による父親刺殺事件を軸に家族をめぐる闇を描くミステリーだ。映画・テレビ共にヒット作の多い堤幸彦が監督をつとめ、旬の俳優陣の気迫のこもった演技を引き出している。主演作がたて続けに公開されている北川景子と中村倫也のW主演。犯人の女子大生・環菜を芳根京子が体当たりで演じ、その母親を木村佳乃が怪演。他に窪塚洋介、板尾創路、高岡早紀など実力派俳優が作品に深みを与えている。
監督:堤幸彦 脚本:浅野妙子 主題歌・挿入歌:Uru(主題歌「ファーストラヴ」) キャスト:北川景子(真壁由紀)、中村倫也(庵野迦葉)、芳根京子(聖山環菜)、板尾創路(聖山那雄人)、石田法嗣(小泉裕二)、清原翔(賀川洋一)、高岡早紀(早苗)、木村佳乃(聖山昭菜)、窪塚洋介(真壁我聞)ほか

「サイレント・トーキョー」のネタバレあらすじ結末

サイレント・トーキョーの紹介:2020年日本映画。『アンフェア』シリーズを手がけた秦建日子がジョン・レノンの名曲『Happy Xmas(War Is Over)』にインスパイアされて執筆した長編小説『And so this is Xmas』を映画化したクライムサスペンス群像劇です。クリスマスイブの日、東京に爆弾を仕掛けたとの予告が。犯人に仕立てられた主婦やテレビ局社員、事件を追う刑事、不可解な行動を取る実業家、友人が爆破に巻き込まれたOL、謎の男…それぞれの想いが渋谷のスクランブル交差点に煌めくイルミネーションの下で交差します。
監督:波多野貴文 出演者:佐藤浩市(朝比奈仁)、石田ゆり子(山口アイコ)、西島秀俊(世田志乃夫)、中村倫也(須永基樹)、広瀬アリス(高梨真奈美)、井之脇海(来栖公太)、勝地涼(泉大輝)、毎熊克哉(里中譲)、加弥乃(印南綾乃)、白石聖(若き日の山口アイコ)、庄野崎謙(若き日の朝比奈仁)、川口和空(自衛隊員の子)、金井勇太(高沢雅也)、大場泰正(鈴木学)、野間口徹(田中一郎)、財前直見(須永尚江)、鶴見辰吾(磯山毅)ほか

「台風家族」のネタバレあらすじ結末

台風家族の紹介:2019年日本映画。『箱入り息子の恋』を手掛けた市井昌秀監督のオリジナル脚本による、草彅剛主演のブラックコメディ映画です。銀行強盗犯の父親を持ったことから世間から疎まれ続けてきた家族が両親の葬儀を機に集結、相続を巡って争ううちに両親の隠された真実を知ることに…。
監督:市井昌秀 出演者:草彅剛(鈴木小鉄)、新井浩文(鈴木京介)、MEGUMI(鈴木麗奈)、中村倫也(鈴木千尋)、尾野真千子(鈴木美代子)、甲田まひる(鈴木ユズキ)、若葉竜也(佐藤登志雄)、長内映里香(冨永月子)、相島一之(山田稔)、斉藤暁(満福寺さん)、榊原るみ(鈴木光子)、藤竜也(鈴木一鉄)ほか

「水曜日が消えた」のネタバレあらすじ結末

水曜日が消えたの紹介:2020年日本映画。日経トレンディ「2019来年の顔」に選ばれ、映画にテレビドラマに今や飛ぶ鳥を落とす勢いの中村倫也。一人の人間の中に7つの人格が共存している主人公を、カメレオン俳優の名をほしいままにする中村が見事に演じ分ける。監督は、期待の若手映像作家として名前の挙がる吉野耕平。長編初監督作となる本作は自身が脚本を書いた完全オリジナルでVFXも手掛ける。Netflixでの主演ドラマが話題の石橋菜津美、元「乃木坂46」の深川麻衣がタイプの異なるヒロインをつとめている。
監督・脚本・VFX: 吉野耕平 主題歌:須田景凪「Alba」 キャスト:中村倫也(“僕”)、石橋菜津美(一ノ瀬)、中島歩(新木)、休日課長(高橋)、深川麻衣(瑞野)、きたろう(安藤)、ほか

「影裏」のネタバレあらすじ結末

影裏の紹介:2020年日本映画。2017年、デビュー作が芥川賞受賞となった沼田真佑の短編小説「影裏」。作者自身が住む盛岡を舞台にしたこの作品は、主人公の青年が失踪した親友を探すうちにその本当の姿に近づき、やがてその喪失から立ち直っていく物語である。監督は「るろうに剣心」シリーズなどヒット作を多数手掛ける大友啓史。大友自身も盛岡出身であり、開局50周年記念作品を検討していたテレビ岩手のオファーを受け映画化が実現した。その大友が出演を熱望したという綾野剛と松田龍平が主演をつとめ、監督の期待にこたえている。
監督:大友啓史 出演:綾野剛(今野秋一)、松田龍平(日浅典博)、國村隼(日浅征吾)、筒井真理子(西山)、中村倫也(副島和哉)、永島暎子(鈴村早苗)、安田顕(日浅馨)、平埜生成(清人)

「長いお別れ」のネタバレあらすじ結末

長いお別れの紹介:2019年日本映画。小説家・中島京子が自身の父との実体験を基に綴った同名の連作短編集を映画化したヒューマンドラマです。認知症の父と優しく見守る家族の7年間の軌跡と深い絆を描きます。
監督:中野量太 出演者:蒼井優(東芙美)、竹内結子(今村麻里)、松原智恵子(東曜子)、山崎努(東昇平)、北村有起哉(今村新)、中村倫也(磐田道彦)、杉田雷麟(今村崇)、蒲田優惟人(今村崇(幼少時代))ほか

「屍人荘の殺人」のネタバレあらすじ結末

屍人荘の殺人(しじんそうのさつじん)の紹介:2019年日本映画。「このミステリーがすごい!2018年版」など国内の主要ミステリー小説ランキング4冠を達成した、今村昌弘の大ヒット小説「屍人荘の殺人」を実写映画化。ロックフェス研究会の合宿に参加した部員たちが、宿泊先のペンション“紫湛荘”で謎の連続殺人事件に巻き込まれる。事件の謎を解き明かし、生き残りのために奮闘するさまを描いた、新感覚ミステリーエンターテインメント。
監督:木村ひさし 出演:神木隆之介(葉村譲)、浜辺美波(剣崎比留子)、中村倫也(明智恭介)、葉山奨之(進藤歩)、福本莉子(星川麗花)、ふせえり(高木凛)、矢本悠馬(重本充)、大関れいか(下松孝子)、山田杏奈(静原美冬)、佐久間由衣(名張純江)、柄本時生(七宮兼光)、古川雄輝(立浪波流也)、池田鉄洋(菅野唯人)、塚地武雅(出目飛雄)、ほか

「やるっきゃ騎士」のネタバレあらすじ結末

やるっきゃ騎士(ナイト)の紹介:2015年日本映画。エロ大好きの豪介が転校してきた聖愛学園は、女尊男卑の制度があり、男子は奴隷のように扱われていました。この学園を元に戻すべく豪介は立ち上がりますが、女子の自治クラブの会長の静香に一目ぼれしてしまいます・・・という内容の1980年代にヒットしたお色気学園コメディアニメの映画化です。
監督:平林克理 出演者:中村倫也(誠豪介)、遠藤新菜(美崎静香)、柾木玲弥(山田たかし)、柳英里紗(星チカコ)、アレクサンダー大塚(嵐鉄美)ほか

「風俗行ったら人生変わったwww」のネタバレあらすじ結末

風俗行ったら人生変わったwwwの紹介:2013年日本映画。彼女いない歴29年、そして何をやってもあきらめてしまう童貞男の遼太郎が、自分を変えるためにデリヘル嬢を呼びました。その女性に一目ぼれした遼太郎は何も出来ないままデートをするようになりますが、彼女にはデリヘルをやっている裏事情がありました…と言う内容のコメディドラマです。「2ちゃんねる」に投稿された、ネット小説の映画化です。
監督:飯塚健 出演者:満島真之介(遼太郎)、佐々木希(かよ)、松坂桃李(晋作)、中村倫也(中畑光男)、山中聡(住吉徹)ほか

「俺は、君のためにこそ死ににいく」のネタバレあらすじ結末

俺は、君のためにこそ死ににいくの紹介:2007年日本映画。石原慎太郎が脚本・制作総指揮を務め、巨額の制作費を投じて作られた戦争映画です。太平洋戦争末期、鹿児島・知覧飛行場から飛び立つ特攻隊員の短い青春を、彼らから母親のように慕われていた女性の視点から描いた群像劇です。
監督:新城卓 出演者:岸惠子(鳥濱トメ)、窪塚洋介(板東勝次)、徳重聡(中西正也)、中村倫也(河合惣一)、筒井道隆(田端絋一)、前川泰之(金山)、勝野雅奈恵(鳥濱美阿子)、多部未華子(鳥濱礼子)、遠藤憲一(川口)、勝野洋(東)、的場浩司(関行男)、伊武雅刀(大西瀧治郎)、中越典子(鶴田一枝)、石橋蓮司(鶴田正造)、桜井幸子(坂東寿子)、寺田農(坂東真太次)、戸田菜穂(田端良子)、江守徹(田端由蔵)、宮崎美子(河合惣一の母)、長門裕之(大島の祖父)ほか

「オズランド 笑顔の魔法おしえます。」のネタバレあらすじ結末

オズランド 笑顔の魔法おしえます。の紹介:2018年日本映画。『海猿』シリーズの生みの親である小森陽一の小説『オズの世界』を原作に、実在の遊園地『グリーンランド』(熊本県荒尾市)を舞台に田舎の遊園地を盛り上げる人々の姿を女性新人社員の視点から描いた作品です。主演は原作主人公のモデルとなった波瑠が務め、撮影は実際のグリーンランドで行われています。
監督:波多野貴文 出演者:波瑠(波平久瑠美)、西島秀俊(小塚慶彦)、岡山天音(古村豪太郎)、深水元基(上園龍)、中村倫也(小西俊郎)、濱田マリ(南原カツヨ)、橋本愛(玉地弥生)、柄本明ほか

「孤狼の血」のネタバレあらすじ結末

孤狼の血の紹介:2017年日本映画。孤狼の血の紹介:柚月裕子の同名小説を「凶悪」「日本で一番悪い奴ら」の白石和彌監督が映画化。昭和の広島を舞台に、ヤクザ撲滅に命を燃やすベテラン刑事、大上と新人の日岡の奮闘が描かれる。
監督:白石和彌 原作:柚月裕子 出演:役所広司(大上章吾)、松坂桃李(日岡秀一)、真木よう子(高木里佳子)、音尾琢真(吉田滋)、駿河太郎(上早稲二郎)、中村倫也(永川恭二)、阿部純子(岡田桃子)、滝藤賢一(嵯峨大輔)、伊吹吾郎(尾谷憲次)、MEGUMI(上早稲潤子)、中村獅童(高坂隆文)、竹野内豊(野崎康介)、ピエール瀧(瀧井銀次)、石橋蓮司(五十子正平)、江口洋介(一之瀬守孝)ほか

「伊藤くんAtoE」のネタバレあらすじ結末

伊藤くん A to Eの紹介:2018年日本映画。原作は直木賞作家候補の柚木麻子のミステリー小説で、2013年MBS-TBSのドラマイズムにて木村文乃主演でドラマ化された。これが注目、きっかけとなり、木村文乃、岡田将生主演で映画版「伊藤くんAtoE」が制作されたものです。男女の恋模様から出た心の毒を描いた新感覚恋愛ミステリー。
監督:廣木隆一 出演:岡田将生(伊藤誠二郎)、木村文乃(矢崎莉桜)、佐々木希(島原智美)、志田未来(野瀬修子)、池田エライザ(相田聡子)、夏帆(神保実希)、中村倫也(久住健太郎)、田中圭(田村伸也)、ほか

1 2

キーワードから探す

TOP↑