映画のネタバレ

映画のネタバレと結末を解説している作品一覧です。名作映画から最新作まで人気映画のあらすじ・ストーリーを映画の評価、感想とともにラストまで紹介しています。

「バトルフロント」のネタバレあらすじ結末

バトルフロントの紹介:2013年アメリカ映画。チャック・ローガンの犯罪小説を原作としています。バイオレンスだけではなく、娘を想う親の気持ちも丁寧に描かれており、見応えがあります。主人公は自分の仕事に使命感を持って働いていましたが、そのことで家族が危険にさらされてしまいます。大変だけど、使命を持っている仕事を続けるのか、それとも家族を犠牲にするくらいなら、すっぱりと仕事えを辞めた方が良いのか考えさせられます。
監督: ゲイリー・フレダー 出演: ジェイソン・ステイサム(フィル・ブローカー)、ジェームズ・フランコ(モーガン・“ゲイター”・ボーダイン)、ウィノナ・ライダー(シェリル・マリー・モット)、ケイト・ボスワース(キャシー・ボーダイン・クルム)、レイチェル・レフィブレ(スーザン・ハッチ)ほか

「リトル・フォレスト 冬・春」のネタバレあらすじ結末

リトル・フォレスト 冬・春の紹介:2015年日本映画。講談社から出版された一人の女性が小さな北国の自然あふれる村で暮らしていく様子を描いた漫画を原作としています。作者が実際に北国の小さな村で生活した経験を元に漫画を描いています。映画はその原作を忠実に再現しており、豊かな自然、食材を中心として、一人の女性の心理描写を丁寧に描いています。「夏・秋」と「冬・春」に分けて上映されました。「冬・春」は「夏・秋」の続編であり、前作品よりもストーリー展開に動きがあります。
監督: 森淳一 出演: 橋本愛(いち子)、三浦大貴(ユウ太)、松岡茉優(キッコ)、温水洋介(シゲユキ)、桐島かれん(福子)ほか

「リトル・フォレスト 夏・秋」のネタバレあらすじ結末

リトル・フォレスト 夏・秋の紹介:2014年日本映画。講談社から出版された一人の女性が小さな北国の自然あふれる村で暮らしていく様子を描いた漫画を原作としています。作者は男性ですが、実際に北国の小さな村で生活した経験を元に漫画を描いています。「夏・秋・冬・春」の4部作で構成されており、「夏・秋」と「冬・春」に分けて上映されました。「夏・秋」は「冬・春」の前編であり、後作品よりもストーリー展開に動きがなく、自然の美しさや厳しさの方を重点的に描いています。一人の若い女性がなぜ、これほどまでの山奥の田舎で暮らしているのか疑問に思いますが、その謎が物語が進むにつれて明らかになっていきます。
監督: 森淳一 出演: 橋本愛(いち子)、三浦大貴(ユウ太)、松岡茉優(キッコ)、温水洋介(シゲユキ)、桐島かれん(福子)ほか

「地上最大のショウ」のネタバレあらすじ結末

地上最大のショウの紹介:1952年アメリカ映画。1952年のアカデミー賞作品賞に輝く娯楽超大作。一流サーカス団の実際の妙技や観客(カメオ出演のビング・クロスビーとボブ・ホープも観客席に)の興奮を交え、サーカス団に集う人々の誇りと意地と恋と勇気と友情が描かれる。
監督:セシル・B・デミル 出演:チャールトン・ヘストン(ブラッド・ブレイデン)、ベティ・ハットン(ホリー)、ジェームズ・ステュアート(バトンズ)、コーネル・ワイルド(セバスチャン)、グロリア・グレアム(エンジェル)、ドロシー・ラムーア(フィリス)

「野獣刑事」のネタバレあらすじ結末

野獣刑事(デカ)の紹介:1982年日本映画。今宮署の大滝は手柄のためなら汚い手を使うことも辞さない刑事。大滝の一匹狼の犯罪捜査と生きざまを、彼がかつて逮捕した阪上とその情婦をめぐる三角関係をからめて描く。
監督:工藤栄一 出演者:緒形拳(大滝誠次)、いしだあゆみ(山根恵子)、泉谷しげる(阪上利明)、成田三樹夫(黒木)、益岡徹(田中輝一)ほか

「ジキル博士の二つの顔」のネタバレあらすじ結末

ジキル博士の二つの顔の紹介:1960年イギリス映画。ジキル博士は自ら開発した薬品によって、善悪を超越した新たな人格、ハイド氏へと変身する。だが、それは次々と邪悪なふるまいに手を染める怪物だった。ジキル博士は自己の邪悪なもう一つの顔を退けるために戦わなければならない。
監督:テレンス・フィッシャー 出演者:ポール・マッシー(ヘンリー・ジキル博士/エドワード・ハイド)、ドーン・アダムズ(キティ)、クリストファー・リー(ポール・アレン)、デイヴィッド・コソフ(エルンスト・リタウアー教授)ほか

「マンイーター」のネタバレあらすじ結末

マンイーターの紹介:2007年アメリカ,オーストラリア映画。動物パニック映画。オーストラリアの奥地でワニの鑑賞ツアーに参加していた旅行客が、巨大なワニに襲われる。孤立無援で刻々とタイムリミットが近づく中、旅行客は生還することが出来るのか。
監督:グレッグ・マクリーン 出演:ラダ・ミッチェル(ケイト)、マイケル・ヴァルタン(ピート)、サム・ワーシントン(ニール)、バリー・オットー(マーヴ)、ミア・ワシコウスカ(シェリー)、ほか

「監獄島」のネタバレあらすじ結末

監獄島の紹介:2007年アメリカ映画。富豪のプロデューサーが世界中から死刑因を孤島に集め、生き残りをかけた殺し合いをさせる。その様子をネット中継することで莫大な利益を得ようと試みる。果たして生き残るのは誰なのか、勝者は誰なのか。
監督:スコット・ワイパー 出演:スティーヴ・オースティン(コンラッド)、ヴィニー・ジョーンズ(マクスターリー)、ロバート・マモーネ(ブレッケル)、リック・ホフマン(ゴールドマン)、ほか

「パーフェクトホスト 悪夢の晩餐会」のネタバレあらすじ結末

パーフェクトホスト 悪夢の晩餐会の紹介:2010年アメリカ映画。足を負傷し強盗にあったジョンは通りかかった一軒の家に嘘をつき半ば無理やり入れてもらう。その家の主人を襲うか金目の物を奪うかしようと考えていたジョン、実はジョンこそ銀行強盗を働いた男だった。しかしその家の主人はどこか様子がおかしい。そしてある瞬間に男はその本性を現した。
監督、ニック・トムネイ 出演、ウォーウィック・ウィルソン(デヴィッド・ハイド・ピアース) ジョン・テイラー(クレイン・クロフォード) モートン刑事(ナサニエル・パーカー) シモーン(ミーガン・ペリー) キャシー(ヘレン・レディ) ヴァルデス(ジョセフ・ウィル) ローマン(タイリース・アレン) モニカ(インドラ・ウィルソン) ルパート(クーパー・バーンズ)ほか

「パーフェクト・ルーム」のネタバレあらすじ結末

パーフェクト・ルームの紹介:2014年アメリカ映画。2008年にベルギーで制作され、オランダでは「ロフト」として、ハリウッドでは「パーフェクトルーム」としてリメイクされたサスペンス作品。妻のいる5人の男たちが1つの部屋を共有し、そこで起きた殺人事件の真相を探るうちに、お互いを疑い始める。
監督: エリク・バン・ローイ 出演:カール・アーバン(ビンセント)、ジェームス・マースデン(クリス)、ウェントワース・ミラー(ルーク)、エリック・ストーンストリート(マーティー)、マティアス・スーナールツ(フィリップ)ほか

「ダゲレオタイプの女」のネタバレあらすじ結末

ダゲレオタイプの女の紹介:2016年フランス,ベルギー,日本映画。ジャンは写真家ステファンの助手となる。ステファンのダゲレオタイプによる撮影は銀盤上でモデルに永遠の命を与えるが、それは非常な苦痛を伴うものだった。青いドレスの幽霊が階段を上り下りするパリ郊外の古い屋敷を舞台とする、ジャンと写真家の娘マリーの恋の物語。
監督:黒沢清 出演者:タハール・ラヒム(ジャン・マラシス)、コンスタンス・ルソー(マリー・エグレー)、オリヴィエ・グルメ(ステファン・エグレー)、マチュー・アマルリック(ヴァンサン)、マリック・ジディ(トマ)ほか

「バベル」のネタバレあらすじ結末

バベルの紹介:2006年アメリカ映画。時間軸が交差する群像劇で、モロッコでテロリストとして追われる幼い兄弟、その弾丸に撃たれたアメリカ人の夫婦、アメリカで働くメキシコ人の不法就労者、東京で暮らす聾唖の女子高生のストーリーが展開される。言葉や心が通じない世界で生きる人々を描く本作は、カンヌ国際映画祭において監督賞を受賞するなど、多くの栄冠に輝いた。
監督:アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ 出演者:ブラッド・ピット (リチャード)、ケイト・ウィンスレット(スーザン)、役所広司(ヤスジロー)、菊地凛子(チエコ)、アドリアナ・バラッザ(アメリア) ほか

「トゥームレイダー2」のネタバレあらすじ結末

トゥームレイダー2の紹介:2003年アメリカ映画。冒険家ララ・クラフトの冒険を描いたビデオゲームを原作にした映画トゥームレイダーの第二作目です。ララはパンドラの箱を生物兵器開発をする科学者ライスの手に渡るのを阻止するために、元相棒のテリーとともに箱の置き場所の鍵を握るオーブを探します。
監督:ヤン・デ・ボン 出演者:アンジェリーナ・ジョリー(ララ・クラフト)、ジェラルド・バトラー(テリー・シェリダン)、ノア・テイラー(ブライス)、クリス・バリー(ヒラリー)、キーラン・ハインズ(ジョナサン・ライス)ほか

「トゥームレイダー」のネタバレあらすじ結末

トゥームレイダーの紹介:2001年アメリカ映画。「トゥームレイダー」はイギリスのゲーム会社が制作したアドベンチャー映画です。主演のアンジェリーナ・ジョリーの出世作です。トレジャーハンターである主人公の女性が、亡くなった父の形見を見つけたのをきっかけに、時を支配できるトライアングルの秘密をとき明かしていき、それを狙う謎の組織と戦っていく物語です。アクションも鮮やかでストーリーもしっかりしているので、過去の映画作品の中でも良作だと言えます。遺跡や建物も見事ですが、アンジェリーナ・ジョリーの美しさは目を見張るものがあります。美しいだけではなく、強く賢い女性像を描いています。
監督:サイモン・ウェスト 出演者:アンジェリーナ・ジョリー(ララ・クラフト)、ジョン・ヴォイト(クロフト卿)、イアン・グレン(マンフレッド・パウエル)、ダニエル・グレイグ(アレックス・グレグド)、レスリー・フィリップス(ウィルス)、ノア・テイラー(ブライス)ほか

「北のカナリアたち」のネタバレあらすじ結末

北のカナリアたちの紹介:2012年日本映画。湊かなえの短編集『往復書簡』の中の「二十年後の宿題」を映画化。北海道の分校で小学校教師だった川島はるは、6人の教え子たちと過ごしていましたが、ある日悲しい事故がきっかけで、はるは北海道を離れます。その後、成人した6人のうちの1人が事件を起こしたことから、はるはもう一度北海道へ戻り、教え子1人1人と再会していきます。
監督:阪本順治 出演:吉永小百合(川島はる)、柴田恭兵(川島行夫)、仲村トオル(阿部英輔)、森山未來(鈴木信人)、満島ひかり(戸田真奈美)、勝地涼(生島直樹)、宮崎あおい(安藤結花)、小池栄子(藤本七重)、松田龍平(松田勇)、里見浩太朗(堀田久)、ほか

1 2 3 4 5 192
TOP↑